月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子1500mで荒井七海が3分37秒05!! 17年ぶりの日本新!!


ポートランド・トラックフェスティバルの最終日が5月29日(現地時間)、米国オレゴン州ポートランドで行われ、男子1500mで荒井七海(Honda)が3分37秒05の日本新記録を樹立した。従来の日本記録は小林史和(NTN/現・愛媛銀行監督)が2004年7月にマークした3分37秒42。

荒井は300mを42秒で通過すると、700mは1分41秒。その後もペースを落とすことなくフィニッシュした。先頭が3分33秒台というレースで12着だったが、この種目としては17年ぶりに日本記録を塗り替えた。

26歳の荒井は八千代松陰高(千葉)、東海大出身。東海大3年時の2015年には日本選手権を制している。これまでの自己ベストは3分38秒18(2019年)で、室内では昨年2月に日本記録の3分39秒51をマークした。

この種目の東京五輪、来年のユージン世界選手権の参加標準記録はいずれも3分35秒00。

■男子1500m 日本歴代10傑
3.37.05 荒井 七海(Honda) 2021年
3.37.42 小林 史和(NTN) 2004年
3.37.90 戸田 雅稀(サンベルクス) 2019年
3.38.11 渡邊 和也(山陽特殊製鋼) 2008年
3.38.12 松枝 博輝(富士通) 2019年
3.38.24 石井 隆士(日体大教) 1977年
3.38.49 佐藤 清治(佐久長聖高3長野) 1999年
3.38.65 舟津 彰馬(中大3) 2018年
3.38.83 河村 一輝(トーエネック) 2021年
3.38.88 奥山 光広(ヤクルト) 1991年

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com