月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表・大迫傑が米国で10000mに出場、27分56秒44でトップ

ポートランド・トラックフェスティバルの初日が5月28日(現地時間)、米国オレゴン州ポートランドで行われ、東京五輪男子マラソン代表の大迫傑(Nike)が昨年12月の日本選手権以来の10000mレースに出場。1組目に登場した大迫は終盤にトップに立ち、27分56秒44で1着となった。

昨年12月の福岡国際マラソンを制した吉田祐也(GMOインターネットグループ)が、初の28分切りとなる27分58秒68で3着に入った。

女子3000m障害では49歳の早狩実紀(チームemda)が10分42秒34をマーク。6月下旬に控える日本選手権の申込資格記録(10分45秒00)を突破した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com