月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ノーマンが44秒27の今季世界最高 女子100mはフレイザー・プライスがV/DLドーハ

5月28日、ダイヤモンドリーグ第2戦がドーハ(カタール)で開催された。

男子1500mでは、19年ドーハ世界選手権金メダルのT.チェルイヨット(ケニア)が3分30秒48ので優勝。女子3000m障害はN.ジェルト(ケニア)が9分00秒67でV。男子400mのM.ノーマン(米国)も44秒27をマークして優勝した。シーズンが始まったばかりということもあり、いずれも今季世界最高記録だった。

男子400mハードルではR.ベンジャミン(米国)が47秒38で制し、A.サンバ(カタール)が18年に出した大会記録(47秒57)を塗り替えた。女子棒高跳は世界選手権7位の実績を持つK.ナジョット(米国)が4m84で勝利。23日には4m93を跳んでおり、好調をキープしている。この種目では6人の選手が4m74以上をクリアしており、これは史上2回目。前回は19年のドーハ世界選手権でのことだった。

先日女子三段跳で世界歴代2位をマークしたJ.ロハス(ベネズエラ)もこの大会に出場し、15m15(+2.0)で快勝。男子走高跳は19年ドーハ世界選手権銅メダルのI.イヴァニュク(ロシア/中立選手)が2m33で、地元・カタールのM.バルシムを抑えて勝利した。

他にも有力選手が多数出場。男子砲丸投は17年ロンドン世界選手権金メダルのT.ウォルシュ(ニュージーランド)が21m63、女子円盤投は19年ドーハ世界選手権金メダルのY.ペレス(キューバ)が63m75でそれぞれ優勝。女子100mは34歳のS.-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)が10秒84(+1.1)、男子200mではK.ベドナレク(米国)19秒88(+0.4)でそれぞれ勝利した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com