月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子10000m初挑戦のツェガイが世界歴代5位の29分39秒42、初レースでは世界最高。2位のゲザヘグネも29分50秒77


5月8日、ポルトガルで開催された競技会の女子10000mで、この種目に初めて挑んだG.ツェガイ(エチオピア)が世界歴代5位の29分39秒42で優勝した。10000mの初レースとして史上最も速いタイム。

従来の初レース最速タイムはA.アヤナ(エチオピア)が2016年に出した30分07秒00。アヤナはその年の8月のリオ五輪では世界新記録の29分17秒45で金メダルを獲得している。

19年ドーハ世界選手権1500m銅メダリストのツェガイは、今年2月に室内の1500mで3分53秒09の室内世界記録を出しており、800mでも1分57秒52(室内世界歴代9位)の自己記録を持っている。

先月のエチオピア選手権では5000mに出場して今季世界最高の14分49秒7で優勝。今年は800mから10000mまで幅広くトップレベルの活躍を見せている。

また、ツェガイが快走したレースで2位に入ったK.ゲザヘグネ(バーレーン)が世界歴代7位の29分50秒77をマーク。女子10000mの同一レースで複数の選手が29分台を出したのは史上2回目。16年のリオ五輪でレース以来(金メダルのアヤナ以下、4位までが29分台)のことだった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com