月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子100mHでカマチョ・クインが世界歴代7位タイ、ムボマが女子400mでU20世界新など今季世界最高続出


米国・フロリダ州で4月17日に行われた競技会女子100mハードルで、J.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が世界歴代7位タイの12秒32(+1.7)をマークした。自己ベスト(12秒40/2018年)を上回り、自身の持つプエルトリコのナショナルレコードを更新した。カマチョ・クインは1996年生まれの24歳で、2016年にはリオ五輪に出場している。

男子110mハードルでは、19年ドーハ世界選手権覇者で2月に室内60mハードルで世界記録を出したG.ホロウェイ(米国)が今季世界最高の13秒07(+1.3)をマーク。男子400mは同じくドーハ選手権優勝のS.ガーディナー(バハマ)が44秒71で制した。男子100mではJ.マーティン(米国)が従来の自己ベスト(10秒40)を大幅に上回る今季世界最高の9秒94で(+1.6)で躍り出た。10日に女子100mで世界歴代6位の10秒72をマークしたS.リチャードソン(米国)は200mに出場して22秒11(+1.0)だった。

そのほか各地で好記録が誕生している。ドーハ世界選手権女子400mハードルの銀メダリスト・S.マクラフリン(米国)は、16日にカリフォルニア州で行われた競技会で100mハードルに出場して12秒92(+0.2)の自己新、40分後の400mでは51秒16をマークした。マクラフリンは100mハードルで13秒台、200mハードルで23秒台、400mハードルで53秒台のすべてを破った史上初の女子選手となった。

2月に女子800mでU20室内世界記録を出したA.ムー(米国)は17日、テキサス州の競技会で今季世界最高の1分57秒73を出している。

ナミビア選手権(※日付未詳)では女子400mで17歳のC.ムボマ(ナミビア)がU20世界新の49秒22をマークした。ムボマは2003年5月生まれで、11日にU20世界記録を上回る49秒24を出しており、2週連続の更新となる。ムボマが更新する前のU20世界記録は1991年にG.ブロイアー(ドイツ)が出した49秒42。

16日に行われた南アフリカ選手権(プレトリア)では、2016年リオ五輪男子100m5位のA.シンビネが9秒99で(+0.2)で優勝。前日には追い風参考ながら9秒82(+2.8)を出している。男子400m世界記録保持者のW. ファン・ニーケアク(南アフリカ)は、17日の200mを20秒38(+0.1)で制した。

ジャマイカ・キングストンで17日に開催された競技会では女子200mでS-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)が22秒66(-0.2)で優勝。女子100mではこの種目今季初レースとなったE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が11秒21(±0)、男子100mでは前世界記録保持者のA.パウエルが10秒48(-2.5)をマークした。男子砲丸投は15年北京世界選手権銅メダリストのO.リチャーズ(ジャマイカ)が19m15で優勝した。

※記録はいずれも承認手続きが進行中。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com