HOME ニュース、海外

2021.04.18

女子100mHでカマチョ・クインが世界歴代7位タイ、ムボマが女子400mでU20世界新など今季世界最高続出
女子100mHでカマチョ・クインが世界歴代7位タイ、ムボマが女子400mでU20世界新など今季世界最高続出


米国・フロリダ州で4月17日に行われた競技会女子100mハードルで、J.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が世界歴代7位タイの12秒32(+1.7)をマークした。自己ベスト(12秒40/2018年)を上回り、自身の持つプエルトリコのナショナルレコードを更新した。カマチョ・クインは1996年生まれの24歳で、2016年にはリオ五輪に出場している。

男子110mハードルでは、19年ドーハ世界選手権覇者で2月に室内60mハードルで世界記録を出したG.ホロウェイ(米国)が今季世界最高の13秒07(+1.3)をマーク。男子400mは同じくドーハ選手権優勝のS.ガーディナー(バハマ)が44秒71で制した。男子100mではJ.マーティン(米国)が従来の自己ベスト(10秒40)を大幅に上回る今季世界最高の9秒94で(+1.6)で躍り出た。10日に女子100mで世界歴代6位の10秒72をマークしたS.リチャードソン(米国)は200mに出場して22秒11(+1.0)だった。

広告の下にコンテンツが続きます

そのほか各地で好記録が誕生している。ドーハ世界選手権女子400mハードルの銀メダリスト・S.マクラフリン(米国)は、16日にカリフォルニア州で行われた競技会で100mハードルに出場して12秒92(+0.2)の自己新、40分後の400mでは51秒16をマークした。マクラフリンは100mハードルで13秒台、200mハードルで23秒台、400mハードルで53秒台のすべてを破った史上初の女子選手となった。

2月に女子800mでU20室内世界記録を出したA.ムー(米国)は17日、テキサス州の競技会で今季世界最高の1分57秒73を出している。

ナミビア選手権(※日付未詳)では女子400mで17歳のC.ムボマ(ナミビア)がU20世界新の49秒22をマークした。ムボマは2003年5月生まれで、11日にU20世界記録を上回る49秒24を出しており、2週連続の更新となる。ムボマが更新する前のU20世界記録は1991年にG.ブロイアー(ドイツ)が出した49秒42。

16日に行われた南アフリカ選手権(プレトリア)では、2016年リオ五輪男子100m5位のA.シンビネが9秒99で(+0.2)で優勝。前日には追い風参考ながら9秒82(+2.8)を出している。男子400m世界記録保持者のW. ファン・ニーケアク(南アフリカ)は、17日の200mを20秒38(+0.1)で制した。

広告の下にコンテンツが続きます

ジャマイカ・キングストンで17日に開催された競技会では女子200mでS-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)が22秒66(-0.2)で優勝。女子100mではこの種目今季初レースとなったE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が11秒21(±0)、男子100mでは前世界記録保持者のA.パウエルが10秒48(-2.5)をマークした。男子砲丸投は15年北京世界選手権銅メダリストのO.リチャーズ(ジャマイカ)が19m15で優勝した。

※記録はいずれも承認手続きが進行中。

米国・フロリダ州で4月17日に行われた競技会女子100mハードルで、J.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が世界歴代7位タイの12秒32(+1.7)をマークした。自己ベスト(12秒40/2018年)を上回り、自身の持つプエルトリコのナショナルレコードを更新した。カマチョ・クインは1996年生まれの24歳で、2016年にはリオ五輪に出場している。 男子110mハードルでは、19年ドーハ世界選手権覇者で2月に室内60mハードルで世界記録を出したG.ホロウェイ(米国)が今季世界最高の13秒07(+1.3)をマーク。男子400mは同じくドーハ選手権優勝のS.ガーディナー(バハマ)が44秒71で制した。男子100mではJ.マーティン(米国)が従来の自己ベスト(10秒40)を大幅に上回る今季世界最高の9秒94で(+1.6)で躍り出た。10日に女子100mで世界歴代6位の10秒72をマークしたS.リチャードソン(米国)は200mに出場して22秒11(+1.0)だった。 そのほか各地で好記録が誕生している。ドーハ世界選手権女子400mハードルの銀メダリスト・S.マクラフリン(米国)は、16日にカリフォルニア州で行われた競技会で100mハードルに出場して12秒92(+0.2)の自己新、40分後の400mでは51秒16をマークした。マクラフリンは100mハードルで13秒台、200mハードルで23秒台、400mハードルで53秒台のすべてを破った史上初の女子選手となった。 2月に女子800mでU20室内世界記録を出したA.ムー(米国)は17日、テキサス州の競技会で今季世界最高の1分57秒73を出している。 ナミビア選手権(※日付未詳)では女子400mで17歳のC.ムボマ(ナミビア)がU20世界新の49秒22をマークした。ムボマは2003年5月生まれで、11日にU20世界記録を上回る49秒24を出しており、2週連続の更新となる。ムボマが更新する前のU20世界記録は1991年にG.ブロイアー(ドイツ)が出した49秒42。 16日に行われた南アフリカ選手権(プレトリア)では、2016年リオ五輪男子100m5位のA.シンビネが9秒99で(+0.2)で優勝。前日には追い風参考ながら9秒82(+2.8)を出している。男子400m世界記録保持者のW. ファン・ニーケアク(南アフリカ)は、17日の200mを20秒38(+0.1)で制した。 ジャマイカ・キングストンで17日に開催された競技会では女子200mでS-A.フレイザー・プライス(ジャマイカ)が22秒66(-0.2)で優勝。女子100mではこの種目今季初レースとなったE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が11秒21(±0)、男子100mでは前世界記録保持者のA.パウエルが10秒48(-2.5)をマークした。男子砲丸投は15年北京世界選手権銅メダリストのO.リチャーズ(ジャマイカ)が19m15で優勝した。 ※記録はいずれも承認手続きが進行中。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top