月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン世界記録保持者キプチョゲが2時間4分30秒でV/NN Missionマラソン


オランダのエンスヘーデの空港内の特設周回コースで行われたマラソン大会「NN Missionマラソン」で、マラソン世界記録保持者のE.キプチョゲ(ケニア)が2時間4分30秒をマークした。キプチョゲは昨年10月のロンドンで6年ぶりに敗れ連勝が10でストップ。それ以来、半年ぶりのマラソンだった。

この大会は当初4月11日にドイツ・ハンブルクで行われる予定のエリートランナー対象のレースだったが、新型コロナウイルスの影響により4月18日に延期されていた。

キプチョゲは2時間1分39秒の世界記録を持つ36歳。2019年には非公式ながら1時間59分40秒をマークしている。2016年リオ五輪で金メダルを獲得しており、東京五輪では連覇に挑む。

同レースにはNNランニングチームに加入した福田穣も出場していたが途中棄権した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com