月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

「トラックの弾みに」日本選手権クロカンに向け三浦龍司、田中希実、萩谷楓が前日会見


2月27日の日本選手権クロスカントリー(福岡・国営海の中道海浜公園)の前日会見が福岡市内のホテルで行われ、男子の三浦龍司(順大)、女子の田中希実(豊田自動織機TC)と萩谷楓(エディオン)が登壇し、報道陣の質疑応答に応えた。

三浦はレースに対して「天候によって展開が変わり、対応能力で結果が左右される。トラックなどとは違う持ち味が試されると思う」と話す。今年は3000m障害での東京五輪出場を目指しており、「3000m障害はクロカンと似ている部分もあって、後半の粘りや、脚力、瞬発的スピードが必要。そういった部分を意識して走りたい」と言い、大会の目標について「まずは20位以内、30分以内(10km)を」と語った。

すでに女子5000mで五輪代表に内定している田中は2年前の優勝者。「クロカンはいかに体力を消耗しないかが大事。力や調子の状況よりもコース、レースそのものに向き合えるか」と語り、「合宿明けのため状態はわからないですが、クロカンはペースの変動があるので、世界大会のトラックレースのようなイメージで走りたい」と大会に向けて抱負を語る。

昨年の日本選手権女子5000m3位の萩谷は、「走るからには優勝したいですが、展開やタイムは考えていません」と述べ、今年について「5000mで東京五輪代表になれるように練習をしています。クロカンをステップにできれば」と語った。

第104回日本選手権クロスカントリー・第36回U20日本選手権クロスカントリーは、2月27日、福岡県・国営海の中道海浜公園クロスカントリーコースで開催。U20男子(8km)が13:50、U20女子(6km)が14:30、シニア女子(8km)が15時、シニア男子(10km)が15:40スタート。大会の模様は午後3時30分から、RKB毎日放送が中継を担当し、TBS系列JNN全国28局ネットで放送される。
【関連】
順大・三浦龍司インタビュー/日本選手権クロカンで「走力と粘り」発揮して五輪へのステップに
五輪代表・田中希実インタビュー/日本選手権クロカン「シーズンの弾みに」2年ぶりV狙う



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com