月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ロンドン五輪マラソン入賞の中本健太郎が現役引退しコーチ就任


安川電機は2月28日付で引退・退部する選手を発表。男子マラソンで2012年ロンドン五輪6位入賞、2013年モスクワ世界選手権5位入賞の中本健太郎が現役を引退し、コーチに就任する。

中本は拓大を卒業後、2005年に安川電機に入社。マラソンに挑戦して適性を発揮し始め、2008年初マラソンだった延岡西日本マラソンで2時間13分54秒をマークすると、11年にはテグ世界選手権代表入り(9位)。12年びわ湖毎日マラソンで日本人トップの5位に入り、同年のロンドン五輪では6位入賞を果たした。さらに翌年のモスクワ世界選手権で5位。2017年の別府大分毎日マラソンでは2時間9分32秒で優勝した。東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップは8位。マラソン19レース出場で優勝は別大の1度だけだが、驚異的な粘りと本番での勝負強さを見せ、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)との激闘など、ファンの心に刻まれる活躍を見せた。男子マラソンの低迷期において世界大会入賞。まさに「いぶし銀」の名マラソンランナーだった。

中本は所属先のHPを通じ「16年の長きにわたり、ご指導ご支援、また応援いただいた多くの方々に感謝申し上げます」と感謝を述べ、今後は同チームのコーチに就任することを明かし、「経験を活かし選手一人ひとりと寄り添って、選手と共に目標に向かって精進いたします」と決意表明した。

また、男子100mの前高校記録保持者で、15年世界選手権4×100mリレー代表、同年世界リレー4×100mリレー銅メダリストの大瀬戸一馬の退団も発表。大瀬戸は法大を卒業後、2017年に同社に入社。今後は新たな環境で競技を続けるという。

その他、長距離の林慎吾が引退し社業に専念、野村峻哉の退社も合わせて発表されている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com