月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

全日本競歩輪島で女子20km競歩特別レース開催 東京五輪に向け国際競歩審判招聘へ


日本陸連は4月10、11日に開催される第60回全日本競歩輪島大会において、特別レースとして女子20km競歩を実施すると発表した。

女子20km競歩は東京五輪代表枠3つのうち、すでに岡田久美子(ビックカメラ)と藤井菜々子(エディオン)の2人が内定している。残り1枠を巡り、東京五輪の参加標準記録および日本陸連が定める派遣設定記録の突破が必要となるが、世界陸連(WA)が記録を認める条件の一つとして「国際競歩審判員(IRWJ)3名以上」が求められる。国内には2名しかいないため、海外からの招聘が必要である。

そのため、3月21日の第45回全日本競歩能美大会にもIRWJの招聘を予定しているものの、「国内外の新型コロナウイルス感染拡大による入国制限措置および入国に際しての条件・行動制限措置のため招聘が確実ではない」(日本陸連)として、能美で条件を満たせなかった場合に備え、4月の第 105 回日本陸上競技選手権大会50km競歩(兼東京五輪男子50km競歩選考会と併催される全日本競歩輪島大会に女子20km競歩の特別レースを設定することを決めた。

特別レースへの参加資格は、2020年の日本選手権20km競歩と全日本能美競歩、今年の日本選手権20km競歩の、五輪代表内定済み2人を除く日本人3位以内に限られる。女子20kmの残り1枠の選考については6月13日までに派遣設定記録(1時間30分00秒)を満たした競技者で、今年の日本選手権で五輪代表を除く最上位者が内定を勝ち取ることができる。なお、今年の日本選手権日本人最上位は渕瀬真寿美(建設装工業)で、渕瀬が条件を満たした場合は代表に内定する。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com