月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【展望】福岡国際マラソン 藤本、福田、吉田が中心 服部、高久の欠場で混戦必至


昨年2位の藤本(左)と3位の福田

 第74回福岡国際マラソン(平和台陸上競技場発着)が12月6日に行われる。東京五輪マラソン代表に内定している服部勇馬(トヨタ自動車)が右脚痛のため欠場。日本記録の更新を目指していただけに惜しまれる。また、招待選手では日本歴代4位の2時間6分45秒を持つ高久龍(ヤクルト)も欠場を発表済み。優勝の大本命が不在となり、レースは混戦が予想される。

 レースの中心は昨年の福岡で2位(※)の藤本拓(トヨタ自動車)と同3位(※)の福田穣(福岡陸協)あたりか(※優勝者は後にドーピング違反が判明)。藤本は18年のシカゴでマークした2時間07分57秒が自己記録だが、安定感ある走りが持ち味。一方、福田は粘り強い走りを見せる。西鉄を退社し今夏からプロに。海外のトップランナーが在籍する「NNランニングチーム」に所属が決定。新所属デビュー戦でどんな走りを見せるか。

 3月のびわ湖毎日以来のマラソンとなる川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は、コロナ禍によりこれまでのように実戦を積めず。トラックを中心にスピード強化に努めてきた。直前の記録会で振るわず渋い表情を見せたが、表彰台へ立ちたいと意気込んでいる。

 一般参加組で注目は吉田祐也(GMOインターネットグループ)。青学大卒業前の別府大分で初マラソンながら2時間8分30秒をマークし、引退を撤回。9月には5000mで13分36秒86、10の10000mでは28分19秒07と好記録を連発。スピードは増している。別大以来のマラソンでどんな走りを見せるか。

 他には神野大地(セルソース)や設楽啓太(日立物流)もエントリー。ベテラン勢では招待の岡本直己(中国電力)や佐々木悟(旭化成)、園田隼(黒崎播磨)あたりもいぶし銀の走りで上位に食い込むか。

 今回はコロナ禍の影響で規模を縮小し、参加者は87名。海外招待選手もなく、海外選手とペースメーカーも国内所属選手のみで実施する。レースは12月6日、12時10分にスタートする。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com