月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】伊藤達彦 10000m日本新2位で五輪届かず「次は相澤を超えたい」/日本選手権


◇日本選手権・長距離(12月4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪選考会を兼ねた日本選手権・長距離が大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、男子10000mでは伊藤達彦(Honda)が2位に入った。

日本記録を大きく更新しても、五輪参加標準記録27分28秒00を突破しても、目の前にはあの男がいた。

「いつも相澤選手に負けてばかりなので、今回こそはと思った」。今年正月の箱根駅伝2区で「ランデブー」とまで表現されるほど併走を見せた相澤晃(当時・東洋大、現・旭化成)と伊藤達彦(当時・東京国際大)。その再戦かのように、中盤以降はデッドヒートを見せた。

伊藤は7000m手前で日本人トップ集団を引くかたちに。しかし、8000mから相澤がペースアップし、粘りを見せた伊藤だが「追いつきたかったですが、気持ちはあっても身体がついてこなかった」を悔しさをにじませる。目標としていた「優勝と27分28秒00切り」のうち、一つはクリアする27分25秒73の日本新。それにも「タイムは切れても相澤選手に競り負けたのが課題です」と常に前を行くライバルへの意識を隠そうとしない。

それでも、これで東京五輪が大きく近づいたのは間違いない。「標準記録は切れた。オリンピックは出るだけで終わりじゃないので、結果を出すためにはもっと質の高い練習をして、26分台を目指していきます」。そして、「次は相澤選手の日本記録を超えていきたい」と力強く宣戦布告した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com