HOME ニュース、国内

2020.12.04

【長距離】伊藤達彦 10000m日本新2位で五輪届かず「次は相澤を超えたい」/日本選手権
【長距離】伊藤達彦 10000m日本新2位で五輪届かず「次は相澤を超えたい」/日本選手権


◇日本選手権・長距離(12月4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪選考会を兼ねた日本選手権・長距離が大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、男子10000mでは伊藤達彦(Honda)が2位に入った。

日本記録を大きく更新しても、五輪参加標準記録27分28秒00を突破しても、目の前にはあの男がいた。

「いつも相澤選手に負けてばかりなので、今回こそはと思った」。今年正月の箱根駅伝2区で「ランデブー」とまで表現されるほど併走を見せた相澤晃(当時・東洋大、現・旭化成)と伊藤達彦(当時・東京国際大)。その再戦かのように、中盤以降はデッドヒートを見せた。

伊藤は7000m手前で日本人トップ集団を引くかたちに。しかし、8000mから相澤がペースアップし、粘りを見せた伊藤だが「追いつきたかったですが、気持ちはあっても身体がついてこなかった」を悔しさをにじませる。目標としていた「優勝と27分28秒00切り」のうち、一つはクリアする27分25秒73の日本新。それにも「タイムは切れても相澤選手に競り負けたのが課題です」と常に前を行くライバルへの意識を隠そうとしない。

それでも、これで東京五輪が大きく近づいたのは間違いない。「標準記録は切れた。オリンピックは出るだけで終わりじゃないので、結果を出すためにはもっと質の高い練習をして、26分台を目指していきます」。そして、「次は相澤選手の日本記録を超えていきたい」と力強く宣戦布告した。

◇日本選手権・長距離(12月4日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 東京五輪選考会を兼ねた日本選手権・長距離が大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、男子10000mでは伊藤達彦(Honda)が2位に入った。 日本記録を大きく更新しても、五輪参加標準記録27分28秒00を突破しても、目の前にはあの男がいた。 「いつも相澤選手に負けてばかりなので、今回こそはと思った」。今年正月の箱根駅伝2区で「ランデブー」とまで表現されるほど併走を見せた相澤晃(当時・東洋大、現・旭化成)と伊藤達彦(当時・東京国際大)。その再戦かのように、中盤以降はデッドヒートを見せた。 伊藤は7000m手前で日本人トップ集団を引くかたちに。しかし、8000mから相澤がペースアップし、粘りを見せた伊藤だが「追いつきたかったですが、気持ちはあっても身体がついてこなかった」を悔しさをにじませる。目標としていた「優勝と27分28秒00切り」のうち、一つはクリアする27分25秒73の日本新。それにも「タイムは切れても相澤選手に競り負けたのが課題です」と常に前を行くライバルへの意識を隠そうとしない。 それでも、これで東京五輪が大きく近づいたのは間違いない。「標準記録は切れた。オリンピックは出るだけで終わりじゃないので、結果を出すためにはもっと質の高い練習をして、26分台を目指していきます」。そして、「次は相澤選手の日本記録を超えていきたい」と力強く宣戦布告した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

NEWS 宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.30

宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

5月27日から29日かけ、中国・重慶市でWAコンチネンタルツアー・ブロンズの第2回一帯一路招待競技会が行われ、男子200mで宇野勝翔(オリコ)が20秒78(-0.5)で優勝を飾った。 宇野は昨年のアジア大会代表。3月に順 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top