HOME インフォ

2020.11.06

【イベント】大学生アスリートのキャリア支援 陸連が「ライフスキルトレーニングプログラム」をスタート
【イベント】大学生アスリートのキャリア支援 陸連が「ライフスキルトレーニングプログラム」をスタート


日本陸連は11月6日、大学生アスリートを対象としたキャリアサポートとして「ライフスキルトレーニングプログラム」をスタートさせることを発表し、同日より受講生の募集が始まった。

このプログラムは東京海上日動キャリアサービスのサポートを受けたもので、大学生アスリートがプログラムを通して「競技力の向上だけに留まらず、競技以外の人生においても可能性を最大限に活かす人材の輩出につながり、陸上競技から生まれるリーダーたちが、これからのスポーツ界や社会をより輝くものにすること」を目的とする。

特別講師にスポーツ心理学博士で、スポーツ心理学で組織、チーム作り、個人のパフォーマンス向上などを手掛けている布施努氏(NPO 法人ライフスキル育成協会代表、慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員)を迎え、ライフスキルトレーニングや少人数グループコーチング、企業マッチングなどのプログラムが組まれている。

主に「オリンピックメダリストに共通する5つの特徴」や「トップアスリートの目標の使い方」、「フローを生み出す自己決定能力の5ステップ」、「重要な時に力を発揮する『獲得型思考』」といったテーマで、アスリートとしてのみならず、社会人として活躍するための成長を促すような内容となっている。

プログラムは12月から3月まで、毎月1回行われる。応募資格は以下の通り。

【1】競技者として自分の最高を引き出すための努力を惜しまない者
【2】就職後、仕事およびスポーツ活動の両立を目指し、競技引退後は企業での活躍や社会貢献をする意欲のある者
【3】企業への就職を希望し、将来的に企業でのキャリアで得た経験や知識を陸上競技やスポーツ界に還元したい意欲のある者
【4】2020年11月時点において大学2年生が望ましい ※大学3年生および大学院1年生については双方で相談する
【5】競技力レベル 日本学生主要競技会入賞レベル、日本選手権出場レベルの本連盟登録競技者が好ましい

受講費用は連盟が負担。募集人数は10~20名程度で、11月6日から16日までがエントリー期間。一次選考、面接などを経て12月1日に受講者が決定し、12月7日にプログラムがスタートする。エントリー方法など詳細は日本陸連ホームページなどで確認できる。

日本陸連の尾縣貢専務理事は「人材育成は、強化の重要な一部であるという認識を持ち、『アスリートとしても活躍した人材は、社会のリーダーとしても活躍してほしい』という思いと、『その人材が、将来のスポーツ界を明るいものにしてくれる』という思いを持ち続けています」とし、「本プログラムを通じて、的確な能力変換と基礎固めを行い、競技経験で得た力を基に社会で活躍できる人材が社会に羽ばたき活躍することを期待しています」とコメントを寄せている。

日本陸連は11月6日、大学生アスリートを対象としたキャリアサポートとして「ライフスキルトレーニングプログラム」をスタートさせることを発表し、同日より受講生の募集が始まった。 このプログラムは東京海上日動キャリアサービスのサポートを受けたもので、大学生アスリートがプログラムを通して「競技力の向上だけに留まらず、競技以外の人生においても可能性を最大限に活かす人材の輩出につながり、陸上競技から生まれるリーダーたちが、これからのスポーツ界や社会をより輝くものにすること」を目的とする。 特別講師にスポーツ心理学博士で、スポーツ心理学で組織、チーム作り、個人のパフォーマンス向上などを手掛けている布施努氏(NPO 法人ライフスキル育成協会代表、慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員)を迎え、ライフスキルトレーニングや少人数グループコーチング、企業マッチングなどのプログラムが組まれている。 主に「オリンピックメダリストに共通する5つの特徴」や「トップアスリートの目標の使い方」、「フローを生み出す自己決定能力の5ステップ」、「重要な時に力を発揮する『獲得型思考』」といったテーマで、アスリートとしてのみならず、社会人として活躍するための成長を促すような内容となっている。 プログラムは12月から3月まで、毎月1回行われる。応募資格は以下の通り。 【1】競技者として自分の最高を引き出すための努力を惜しまない者 【2】就職後、仕事およびスポーツ活動の両立を目指し、競技引退後は企業での活躍や社会貢献をする意欲のある者 【3】企業への就職を希望し、将来的に企業でのキャリアで得た経験や知識を陸上競技やスポーツ界に還元したい意欲のある者 【4】2020年11月時点において大学2年生が望ましい ※大学3年生および大学院1年生については双方で相談する 【5】競技力レベル 日本学生主要競技会入賞レベル、日本選手権出場レベルの本連盟登録競技者が好ましい 受講費用は連盟が負担。募集人数は10~20名程度で、11月6日から16日までがエントリー期間。一次選考、面接などを経て12月1日に受講者が決定し、12月7日にプログラムがスタートする。エントリー方法など詳細は日本陸連ホームページなどで確認できる。 日本陸連の尾縣貢専務理事は「人材育成は、強化の重要な一部であるという認識を持ち、『アスリートとしても活躍した人材は、社会のリーダーとしても活躍してほしい』という思いと、『その人材が、将来のスポーツ界を明るいものにしてくれる』という思いを持ち続けています」とし、「本プログラムを通じて、的確な能力変換と基礎固めを行い、競技経験で得た力を基に社会で活躍できる人材が社会に羽ばたき活躍することを期待しています」とコメントを寄せている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top