月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】やり投・新井81m73の今季ベスト 400m金丸「一区切りついた」/木南記念

※写真は全日本実業団

◇木南道孝記念(10月24日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズ大阪大会の木南道孝記念(ヤンマースタジアム長居)が10月24日に行われ、男子やり投の新井涼平(スズキAC)が今季ベストの81m73を投げて優勝した。また、男子100mは多田修平(住友電工)が手応えをつかむ10秒22(-0.5)をマークしてV。寺田明日香(パソナグループ)が欠場した女子100mハードルは、紫村仁美(東邦銀行)が向かい風1.4mの中で13秒29の好記録で制した。女子やり投はドーハ世界選手権代表で、今年の日本選手権も制した佐藤友佳(ニコニコのり)が60m69で、山下実花子(九州共立大院)、北口榛花(JAL)らを抑えた。

男子走高跳では藤田渓太郎(佐竹食品AC)が2m28の自己新(=日本歴代8位タイ)をマーク。地元・関大北陽高出身のジャンパーが輝いた。2組によるタイムレース決勝で行われた男子400mは川端魁斗(中京大)が46秒03で優勝。なお、金丸祐三(大塚製薬)がレース後「僕の中で一区切りついた」と話し、進退を今後関係者と話し合っていくとしている。金丸は大阪高時代に世界選手権に出場、オリンピックには08、12、16年と3大会で出場。長年、日本ロングスプリントを牽引してきたレジェンドの今後の動向が注目される。

リザルトはこちら



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com