月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【砲丸投】高校記録保持者・アツオビンが18m連発! 昨年IHに続くV/全国高校


◇全国高校大会2020(10月23日~25日/広島・エディオンスタジアム)3日目

高校生の日本一を決める「全国高校大会2020」の最終日、男子砲丸投はアツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭3大阪)が18m24を投げて優勝した。

18m62の高校記録保持者として臨んだ今大会。「19mを目指して」いた。1回目に18m06。「そこから18m30、70と伸ばして、最後に19mを投げるイメージでした」と振り返る。だが、2回目に17m57と「失敗」して流れ自分で断ち切ってしまったという。それでも、3回目18m03、最終投てきで18m24まで伸ばした。

「去年のインターハイに続いて勝てたのはうれしいですが、19mに行きたかった」とアツオビン。インターハイが中止により連覇は叶わなかったものの、「成長できて充実した3年間でした」と笑った。

高校までの規格は6kgだが、今年は一般(7.26kg)の日本選手権にも出場して8位。そこでは「シニアに比べてまだまだ身体ができていないので、もっと身体作りをしていきたい」と課題を確認した。188cm、92kgは砲丸投選手としてはまだまだ細身。持ち味のジャンプ力、バネを生かし、次はシニアのカテゴリーで勝負する。

■男子砲丸投
アツオビン・ジェイソン(大阪桐蔭3大阪)18m24
上野 元暉(花園3京都)16m20
上内 達司(四学香川西3香川)16m07
小森 直吏(身延2山梨)15m83
渡辺 豹冴(開志国際1新潟)15m81
井上  翼(東京3東京)15m81
北原 博企(開志国際3新潟)15m78
三田地駿太郎(盛岡南3岩手)15m10



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com