HOME 駅伝、箱根駅伝

2020.10.17

【駅伝】箱根駅伝予選会 専修大学が大学創立140周年140年の節目に7年ぶり復活!!
【駅伝】箱根駅伝予選会 専修大学が大学創立140周年140年の節目に7年ぶり復活!!


7年ぶりの箱根路復活を果たし、歓喜に沸く専修大学の選手たち

 大学創立140周年の節目に、古豪が7年ぶりに箱根路に復活。専修大学が、最後に残った「10位」のイスをつかみ取り、69回目の出場を決めた。

 序盤から積極的なレース運びが目立ち、10km通過時点の10人通過は6番目。総合順位も7位につけていた。

 そこからは粘りに粘った。奮闘が光ったのが、キャプテンと期待のルーキー。1時間2分44秒で木村暁仁(1年)が44位でフィニッシュすると、10秒差の56位に茅野雅博(4年)が続き、チームを鼓舞した。

 それに応えるように、5人がふたケタ順位で続き、1年生の水谷勇登が217位ながら1時間4分30秒でたどり着いた。総合タイムは10時間33分59秒。11位の筑波大との差はわずか「18秒」という大接戦をものにした。

 2016年12月からチームを指揮する36歳の長谷川淳監督は、「うれしいですし、選手がやってきてくれたことを選手自身が証明してくれたことが一番」と胸を張った。

 大正13年(1924年)に創部。箱根駅伝には第15回大会で初出場、第20回大会では総合優勝を果たしている。

 だが、近年は本戦出場から遠ざかり、OBの長谷川監督体制になってからも、予選会ではここ3年続けて14位と苦しい戦いが続いてきた。

 それでも、コロナ禍にあって工夫をしながら力をつけ、集団でのトレーニングができるようになってからは「練習の中でタイムトライアルなど、試合に近いメニューを毎月1回は取り入れてきた。その中で手ごたえを持てていた」と長谷川監督。前評判は決して高いわけではなかったが、積み上げた力を見事に発揮した。

 チームとしては7年ぶりだが、今の部員の中には関東学生連合としての出場者もおらず“初出場”の心持ち。長谷川監督は、「これからしっかりと対策を練りながら、来年、再来年に向けて経験を積み、上位校と戦っていけるようにしていきたい」と意気込みを語った。

※「創部140周年」を「大学創立140周年」に修正しました

7年ぶりの箱根路復活を果たし、歓喜に沸く専修大学の選手たち  大学創立140周年の節目に、古豪が7年ぶりに箱根路に復活。専修大学が、最後に残った「10位」のイスをつかみ取り、69回目の出場を決めた。  序盤から積極的なレース運びが目立ち、10km通過時点の10人通過は6番目。総合順位も7位につけていた。  そこからは粘りに粘った。奮闘が光ったのが、キャプテンと期待のルーキー。1時間2分44秒で木村暁仁(1年)が44位でフィニッシュすると、10秒差の56位に茅野雅博(4年)が続き、チームを鼓舞した。  それに応えるように、5人がふたケタ順位で続き、1年生の水谷勇登が217位ながら1時間4分30秒でたどり着いた。総合タイムは10時間33分59秒。11位の筑波大との差はわずか「18秒」という大接戦をものにした。  2016年12月からチームを指揮する36歳の長谷川淳監督は、「うれしいですし、選手がやってきてくれたことを選手自身が証明してくれたことが一番」と胸を張った。  大正13年(1924年)に創部。箱根駅伝には第15回大会で初出場、第20回大会では総合優勝を果たしている。  だが、近年は本戦出場から遠ざかり、OBの長谷川監督体制になってからも、予選会ではここ3年続けて14位と苦しい戦いが続いてきた。  それでも、コロナ禍にあって工夫をしながら力をつけ、集団でのトレーニングができるようになってからは「練習の中でタイムトライアルなど、試合に近いメニューを毎月1回は取り入れてきた。その中で手ごたえを持てていた」と長谷川監督。前評判は決して高いわけではなかったが、積み上げた力を見事に発揮した。  チームとしては7年ぶりだが、今の部員の中には関東学生連合としての出場者もおらず“初出場”の心持ち。長谷川監督は、「これからしっかりと対策を練りながら、来年、再来年に向けて経験を積み、上位校と戦っていけるようにしていきたい」と意気込みを語った。 ※「創部140周年」を「大学創立140周年」に修正しました

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top