月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】箱根駅伝予選会 名門復活へ、順天堂大学が堂々たるトップ通過!!


箱根駅伝予選会でトップ通過を果たした順天堂大学。日本人トップを占めた三浦龍司(左から2人目)、1時間1分台をマークした野村優作(53)らが牽引した

 盤石の、力強いレースを見せた。順天堂大学は10年連続62回目を、堂々の1位でつかんだ。

 上位10人で争う総合タイムは10時間23分34秒。予選会の距離がハーフマラソンになって3年目だが、“過去最速”と謳われた2年前の駒澤大学の記録(10時間29分58秒)を大幅に上回り、本戦での3年ぶりシード復活、さらなる上位躍進に弾みをつけた。

 序盤から10人通過順、合計タイムでも常にトップをキープ。さらに終盤にはスーパールーキー・三浦龍司が日本人先頭集団に加わると、そこから抜け出してU20日本新の1時間1分41秒で日本人トップの5位を占めるなど、全員が持てる力を発揮した。

 2番手の野村優作(2年)も1時間1分51秒と1時間2分を切り、残る8人は全員が1時間2分台。10人目が39位(1時間2分40秒)の野口雄大(4年)という圧倒的な内容に、長門俊介監督は「これほどまでにすべての学生が力を出し切れたことに驚いている」と笑顔で振り返った。

 特に、高速レースとなった前回は、そのスピードに対応できなかったという反省があった。「今回のようなハイペースにしっかりと対応できたことは自信になった」と、1年の取り組みへの手応えを口にする。

 2007年の83回大会で11度目の総合優勝を飾って以降は、2度の予選会敗退を含め、何度も悔し涙を流した。シード権獲得はあるものの、最高は4位どまり。だが、三浦をはじめ、チーム上位10人中6人が1、2年生と、若い力が躍動した今、名門復活への道筋が見えてきた。

 長門監督は、「本戦では上位で戦えるようにしていきたい。三浦は起伏にも対応できるので、ポイント区間で使いたい」と箱根路での“本番”をまっすぐに見つめた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com