HOME 国内

2024.06.10

NEWS
館澤亨次が1500m日本歴代5位の3分36秒68! 800m石井優吉はセカンドベスト 後藤夢4分09秒93 米国で好記録相次ぐ
館澤亨次が1500m日本歴代5位の3分36秒68! 800m石井優吉はセカンドベスト 後藤夢4分09秒93 米国で好記録相次ぐ

23年全日本実業団対抗男子1500mに出場した館澤亨次

6月9日、米国オレゴン州ポートランド郊外で「2024ポートランド・トラックフェスティバル」の2日目が行われ、男子1500mで館澤亨次(DeNA)が3分36秒68の日本歴代5位をマークした。

海外を拠点にトレーニングを続けている館澤は、今年2月に豪州の競技会で3分37秒13と2年ぶりの自己ベストを更新。4月には織田記念で2位に入るなどしていた。

レースでは序盤こそ先頭から2秒ほど離れた場所で進めたが、徐々にポジションを上げて、1100mは8番目に通過。最後の1周は56秒5でカバーし、全体の5位でフィニッシュした。

男子800mでは石井優吉(ペンシルベニア州立大) が1分47秒00とセカンドベストで6位。石井は5月に日本歴代7位タイの1分46秒22をマークしている。

女子1500mではブダペスト世界選手権代表の後藤夢(ユニクロ)が、4分09秒93のシーズンベストで総合9位。木村友香(積水化学)は4分16秒62、卜部蘭(積水化学)が4分20秒70だった。男子5000mの田村和希(住友電工) は13分32秒99で12位。女子5000mで川口桃佳(ユニクロ) が15分47秒61で17位に入っている。

また、女子5000mにはブダペスト世界選手権2位のS.ハッサン(オランダ)が出場しており、14分43秒85で1位となった。

6月9日、米国オレゴン州ポートランド郊外で「2024ポートランド・トラックフェスティバル」の2日目が行われ、男子1500mで館澤亨次(DeNA)が3分36秒68の日本歴代5位をマークした。 海外を拠点にトレーニングを続けている館澤は、今年2月に豪州の競技会で3分37秒13と2年ぶりの自己ベストを更新。4月には織田記念で2位に入るなどしていた。 レースでは序盤こそ先頭から2秒ほど離れた場所で進めたが、徐々にポジションを上げて、1100mは8番目に通過。最後の1周は56秒5でカバーし、全体の5位でフィニッシュした。 男子800mでは石井優吉(ペンシルベニア州立大) が1分47秒00とセカンドベストで6位。石井は5月に日本歴代7位タイの1分46秒22をマークしている。 女子1500mではブダペスト世界選手権代表の後藤夢(ユニクロ)が、4分09秒93のシーズンベストで総合9位。木村友香(積水化学)は4分16秒62、卜部蘭(積水化学)が4分20秒70だった。男子5000mの田村和希(住友電工) は13分32秒99で12位。女子5000mで川口桃佳(ユニクロ) が15分47秒61で17位に入っている。 また、女子5000mにはブダペスト世界選手権2位のS.ハッサン(オランダ)が出場しており、14分43秒85で1位となった。

男子1500m日本歴代10傑

3.35.42 河村一輝(トーエネック) 2021. 7.17 3.35.62 飯澤千翔(住友電工)   2024. 6. 8 3.36.59 三浦龍司(順大3)     2022. 4. 9 3.36.63 荒井七海(Honda)     2022. 6.22 3.36.68 館澤亨次(DeNA)     2024. 6. 9 3.36.69 遠藤日向(住友電工)   2022. 4. 9 3.37.18 佐藤圭汰(洛南高3京都)  2021. 7.17 3.37.36 森田佳祐(SUBARU)    2022. 7.16 3.37.42 小林史和(NTN)      2004. 7.31 3.37.90 戸田雅稀(サンベルクス) 2019. 7. 9

【動画】男子800mで石井優吉が1分47秒00

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top