HOME 国内

2024.05.26

レジェンド・山本篤が現役引退を表明 義足選手として初パラリンピックメダル 東京まで4大会連続出場
レジェンド・山本篤が現役引退を表明 義足選手として初パラリンピックメダル 東京まで4大会連続出場

パラ陸上走幅跳の山本篤

パラ陸上の第一人者、山本篤(新日本住設)が自身のSNSを更新し、現役引退を表明した。

山本は静岡県掛川市出身の42歳。掛川西高時代にはバレーボール部に所属していたが、高2の春のスクーター事故が影響で左脚を切断した。

義肢装具士を目指して名古屋の日本聴能言語福祉学院義肢装具学科に入学し、その後、パラ陸上の道へ。義肢装具士の国家資格を取得したが、パラリンピックを目指して2004年からスポーツ推薦で大体大へ進学した。

2008年にスズキへ。同年の北京パラリンピックでは100m(T42)で5位に入賞すると、走幅跳(F42/44)では銀メダルを獲得。日本パラリンピック陸上競技の「義足選手」として初のメダリストとなった。

12年ロンドンパラリンピックでは日本陸上チームの主将に就任。100m6位、200m8位、走幅跳5位と3種目入賞。16年には、5月の日本パラ陸上選手権の走幅跳で6m56の世界新(当時)を樹立。同年のリオデジャネイロパラリンピックは走幅跳で銀、4×100mリレーで銅と2つのメダルを獲得した。

17年にはプロ宣言。スノーボードにも挑戦すると、18年平昌パラリンピックにも出場。21年の東京パラリンピックにも出場している。5月25日まで行われていた神戸世界パラ陸上の男子走幅跳では5位だった。

山本は自身のSNSで「本日をもって競技を引退します」と報告。世界パラ陸上の結果を受け、「僕は『可能性のある限り挑戦する』という信念のもと活動してきましたが、今大会の結果はその可能性が見えなくなってしまった瞬間でもありました」と綴り、「プロアスリートである以上勝つことにこだわってきました。これから数センチ記録を伸ばすことができるかもしれませんが、僕のこだわりである世界で戦うメダルを狙うことを考えると厳しいと感じています」と引退を決意した思いを語る。

「陸上競技をはじめて22年と長く競技を続けられたのは、たくさんの方に支えていただき、力をもらったおかげです。最後に、家族、スポンサー、指導者、練習を一緒にしてくれた大学生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」と感謝を綴った。

パラ陸上の第一人者、山本篤(新日本住設)が自身のSNSを更新し、現役引退を表明した。 山本は静岡県掛川市出身の42歳。掛川西高時代にはバレーボール部に所属していたが、高2の春のスクーター事故が影響で左脚を切断した。 義肢装具士を目指して名古屋の日本聴能言語福祉学院義肢装具学科に入学し、その後、パラ陸上の道へ。義肢装具士の国家資格を取得したが、パラリンピックを目指して2004年からスポーツ推薦で大体大へ進学した。 2008年にスズキへ。同年の北京パラリンピックでは100m(T42)で5位に入賞すると、走幅跳(F42/44)では銀メダルを獲得。日本パラリンピック陸上競技の「義足選手」として初のメダリストとなった。 12年ロンドンパラリンピックでは日本陸上チームの主将に就任。100m6位、200m8位、走幅跳5位と3種目入賞。16年には、5月の日本パラ陸上選手権の走幅跳で6m56の世界新(当時)を樹立。同年のリオデジャネイロパラリンピックは走幅跳で銀、4×100mリレーで銅と2つのメダルを獲得した。 17年にはプロ宣言。スノーボードにも挑戦すると、18年平昌パラリンピックにも出場。21年の東京パラリンピックにも出場している。5月25日まで行われていた神戸世界パラ陸上の男子走幅跳では5位だった。 山本は自身のSNSで「本日をもって競技を引退します」と報告。世界パラ陸上の結果を受け、「僕は『可能性のある限り挑戦する』という信念のもと活動してきましたが、今大会の結果はその可能性が見えなくなってしまった瞬間でもありました」と綴り、「プロアスリートである以上勝つことにこだわってきました。これから数センチ記録を伸ばすことができるかもしれませんが、僕のこだわりである世界で戦うメダルを狙うことを考えると厳しいと感じています」と引退を決意した思いを語る。 「陸上競技をはじめて22年と長く競技を続けられたのは、たくさんの方に支えていただき、力をもらったおかげです。最後に、家族、スポンサー、指導者、練習を一緒にしてくれた大学生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」と感謝を綴った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top