HOME 国内

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP
北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

24年セイコーGGP女子やり投で6投目に逆転優勝を飾った北口榛花

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝した。

世界女王の恐るべき集中力と底力。昨年のブダペスト世界選手権金メダリストの北口は、3回目まで60m20の2位だった。5回目にはフロル・デニス・ルイス・フルタド(コロンビア)が62m06を投げてトップに立ち、北口は3位に順位を下げる。

その直後、62m02を投げて2位に浮上すると、やはり6回目だった。「今日は修正点を見つけながらも、もうちょっと投げられるなというのは感じていました」。手拍子を求め、「前への力」を意識。持ち味の柔軟性から生み出される“しなり”から放たれたやりは、この日、誰よりも遠くへ飛ばした。

これで昨年7月のダイヤモンドリーグ・シレジア(ポーランド)から、負け知らずの10連勝。そのうち8試合で6回目にその日最高のスローを見せている。試合の中で修正する力が並外れている。

1回目に60m20を投げ、「安全に投げて、やりの飛び方も良くない中で60mだったので、もうちょっと行けると思った」というが、「その後は止まって投げるシーンが多かったり、前に行きたい気持ちが強すぎて(やりを)後ろで投げられなかったりしました」。

ただ、60m19だった2回目は「比較的きれいに飛んだ」ためその後は勢いを出しながら、その軌道の再現を意識。5、6回目でようやく形となり、「高さが出たのは、柔らかさが戻ってきたから」だと捉える。

今季2試合はウエイトトレーニングなどの影響もあり、上半身の柔軟性が戻らずに苦しんだ。身体を「板」に例え「まったく動かなくて板のようだったのが、柔らかい板に変わってきた」と、2週間で「コンディションを一番」に考えてきた効果が表れた。それが「芯があってもうちょっと柔らかく」なれば、さらに状態は良くなるだろう。

この後は欧州へ渡り、海外転戦する予定。「1個できたら、また1個できなくなる、というのが続くと思います。63mじゃまだちょっと足りないので、65mに乗せられるようにしていきたいです」。

勝ち続けてはいても、決して順風満帆ではない。それでも勝つのが本物の強さ。21年東京五輪でケガのため涙に暮れた国立競技場で女王の貫禄を示した北口は、花の都での歓喜に向かってまた一歩前進した。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝した。 世界女王の恐るべき集中力と底力。昨年のブダペスト世界選手権金メダリストの北口は、3回目まで60m20の2位だった。5回目にはフロル・デニス・ルイス・フルタド(コロンビア)が62m06を投げてトップに立ち、北口は3位に順位を下げる。 その直後、62m02を投げて2位に浮上すると、やはり6回目だった。「今日は修正点を見つけながらも、もうちょっと投げられるなというのは感じていました」。手拍子を求め、「前への力」を意識。持ち味の柔軟性から生み出される“しなり”から放たれたやりは、この日、誰よりも遠くへ飛ばした。 これで昨年7月のダイヤモンドリーグ・シレジア(ポーランド)から、負け知らずの10連勝。そのうち8試合で6回目にその日最高のスローを見せている。試合の中で修正する力が並外れている。 1回目に60m20を投げ、「安全に投げて、やりの飛び方も良くない中で60mだったので、もうちょっと行けると思った」というが、「その後は止まって投げるシーンが多かったり、前に行きたい気持ちが強すぎて(やりを)後ろで投げられなかったりしました」。 ただ、60m19だった2回目は「比較的きれいに飛んだ」ためその後は勢いを出しながら、その軌道の再現を意識。5、6回目でようやく形となり、「高さが出たのは、柔らかさが戻ってきたから」だと捉える。 今季2試合はウエイトトレーニングなどの影響もあり、上半身の柔軟性が戻らずに苦しんだ。身体を「板」に例え「まったく動かなくて板のようだったのが、柔らかい板に変わってきた」と、2週間で「コンディションを一番」に考えてきた効果が表れた。それが「芯があってもうちょっと柔らかく」なれば、さらに状態は良くなるだろう。 この後は欧州へ渡り、海外転戦する予定。「1個できたら、また1個できなくなる、というのが続くと思います。63mじゃまだちょっと足りないので、65mに乗せられるようにしていきたいです」。 勝ち続けてはいても、決して順風満帆ではない。それでも勝つのが本物の強さ。21年東京五輪でケガのため涙に暮れた国立競技場で女王の貫禄を示した北口は、花の都での歓喜に向かってまた一歩前進した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top