HOME 国内

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP
女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

セイコーGGP女子100mHで2位となった田中佑美(右)。左は優勝した呉艶妮

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位に入った。

レース後は「もう一息欲しかったところではありますが、1つのレースとしてはまあまあ良かったと思います」と、ひとまずは納得の表情だった。

前週の木南記念は予選で12秒94をマークしたのち、今大会に合わせるために決勝レースを棄権していた。万全の状態でこの日を迎え、「ウォーミングアップの段階では身体がグングングンと進む感じで、1台目でちょっと詰まる感じがあった」という。レースプランとしては「前半から周りを離しながら、後半にさらに差を広げる展開」を考えていた。

ただ、実際は思ったようなレースには持ち込めなかった。「そこまで自然にスピードが上がってくれず、減速しないように、という意識に切り替えた」。それでも優勝した呉艶妮(中国)には後半に離されたものの、呉に食らいつくようにして3位以下を引き離した。

「中盤まで他の選手と競っているのは感じていたので、そのなかで大崩れせずにそれなりのタイムが出たことは評価したいと思います」

昨年は12秒台に突入し、ブタペスト世界選手権にも出場した。しかし、初の大舞台は「おじけづいてしまって、攻めるはずが守りになって、良いことは何もなかった」と苦い思いとして残った。だからこそ、今夏のパリ五輪は「意地でも行きたい」と力を込める。

「いろいろな方に『今年は良いね』と言っていただけるのは嬉しいです。でも、自分の気持ち的には常にギリギリ。試合は1つ1つ終わっていきますが、自分のなかではすべて延長線上にあるので、日本選手権でフィナーレを迎えて、最後のパリに挑みたいです」

最大目標を達成するために、田中は1つの結果に一喜一憂することなく、前だけを見ている。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位に入った。 レース後は「もう一息欲しかったところではありますが、1つのレースとしてはまあまあ良かったと思います」と、ひとまずは納得の表情だった。 前週の木南記念は予選で12秒94をマークしたのち、今大会に合わせるために決勝レースを棄権していた。万全の状態でこの日を迎え、「ウォーミングアップの段階では身体がグングングンと進む感じで、1台目でちょっと詰まる感じがあった」という。レースプランとしては「前半から周りを離しながら、後半にさらに差を広げる展開」を考えていた。 ただ、実際は思ったようなレースには持ち込めなかった。「そこまで自然にスピードが上がってくれず、減速しないように、という意識に切り替えた」。それでも優勝した呉艶妮(中国)には後半に離されたものの、呉に食らいつくようにして3位以下を引き離した。 「中盤まで他の選手と競っているのは感じていたので、そのなかで大崩れせずにそれなりのタイムが出たことは評価したいと思います」 昨年は12秒台に突入し、ブタペスト世界選手権にも出場した。しかし、初の大舞台は「おじけづいてしまって、攻めるはずが守りになって、良いことは何もなかった」と苦い思いとして残った。だからこそ、今夏のパリ五輪は「意地でも行きたい」と力を込める。 「いろいろな方に『今年は良いね』と言っていただけるのは嬉しいです。でも、自分の気持ち的には常にギリギリ。試合は1つ1つ終わっていきますが、自分のなかではすべて延長線上にあるので、日本選手権でフィナーレを迎えて、最後のパリに挑みたいです」 最大目標を達成するために、田中は1つの結果に一喜一憂することなく、前だけを見ている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top