HOME 国内

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP
男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

セイコーGGPのファンイベントに参加した坂井隆一郎

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート直後に両脚の内転筋がつり、12秒34(-0.1)の9位でレースを終えた。

前日会見で、「自分の走りをしっかりすれば、自ずと結果はついてくる。しっかり自分の走りができるようにがんばりたい」と語っていたとおり、予選の走りは悪くなかった。同組だったサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)には先着されたものの、10秒10(+1.0)の2着で危なげなく決勝進出を決めていた。

ただ、決勝では「スタート前から少しつりそうだったのが、1歩目、2歩目で来てしまった」と明かす。「そのまま押したら行けるかなと思いましたが、それをしたことでふくらはぎが余計につってしまい、もう無理でした」と振り返る。幸いにも深刻な状況には至らなかったようで、坂井は「ケガはまったくしていません」と苦笑いを浮かべた。

「1週間前の木南記念より出力が上がって、予選はタイムを狙ってはいなかったですが、10秒10まで上げられて、そこにまだ身体がついてこなかったです」

坂井はこの結果を失敗ではなく、むしろ今後への手応えと捉えている節さえある。「このゴールデングランプリで調子が上がってきたので、今回1本目をしっかり走って、2本目もつりながらでしたが走り切れた。身体には刺激が入ったので、今後は大丈夫だと思います」と前を向く。

大一番はこれから。そんな雰囲気を漂わせて、坂井は会場を後にした。

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート直後に両脚の内転筋がつり、12秒34(-0.1)の9位でレースを終えた。 前日会見で、「自分の走りをしっかりすれば、自ずと結果はついてくる。しっかり自分の走りができるようにがんばりたい」と語っていたとおり、予選の走りは悪くなかった。同組だったサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)には先着されたものの、10秒10(+1.0)の2着で危なげなく決勝進出を決めていた。 ただ、決勝では「スタート前から少しつりそうだったのが、1歩目、2歩目で来てしまった」と明かす。「そのまま押したら行けるかなと思いましたが、それをしたことでふくらはぎが余計につってしまい、もう無理でした」と振り返る。幸いにも深刻な状況には至らなかったようで、坂井は「ケガはまったくしていません」と苦笑いを浮かべた。 「1週間前の木南記念より出力が上がって、予選はタイムを狙ってはいなかったですが、10秒10まで上げられて、そこにまだ身体がついてこなかったです」 坂井はこの結果を失敗ではなく、むしろ今後への手応えと捉えている節さえある。「このゴールデングランプリで調子が上がってきたので、今回1本目をしっかり走って、2本目もつりながらでしたが走り切れた。身体には刺激が入ったので、今後は大丈夫だと思います」と前を向く。 大一番はこれから。そんな雰囲気を漂わせて、坂井は会場を後にした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top