HOME 国内、日本代表

2024.05.06

日本4×100mRメダルに0.01秒の4位!2走力走の栁田大輝「修正してパリへ」サニブラウン抜きでも 伝統の底力示す/世界リレー
日本4×100mRメダルに0.01秒の4位!2走力走の栁田大輝「修正してパリへ」サニブラウン抜きでも 伝統の底力示す/世界リレー

男子短距離の上山紘輝

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)

パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの2日目が5月5日(日本時間6日)に行われ、男子4×100mは38秒45で4位に入った。優勝は米国で37秒40、2位はカナダで37秒89、3位は38秒44でフランスが入った。

1走が、前日の予選で爆走を見せ、五輪出場権獲得に大きく貢献したサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)から、山本匠真(広島大)に交代。その山本が、世界大会初出場ながら3番手争いでバトンをつないだ。

栁田大輝(東洋大)、上山紘輝(住友電工)もメダル争いの位置をキープして、アンカーの三輪颯太(慶大)がスタート。右のフランス、左の英国と4番手争いを繰り広げながら、ほぼ同時にフィニッシュラインを駆け抜けた。38秒13の3番手でフィニッシュしたイタリアがその後に失格となったため、結果的にここがメダルライン。フランスにあと0.01秒届かず、栁田は「あと100分の1秒速く走ればメダルがあったので、もったいないといえばもったいない」と振り返った。

だが、予選はサニブラウンが勢いをつけて38秒10の組1着。ブダペスト世界陸上5位メンバーの栁田、上山を軸に、1走、4走が世界初挑戦の大学生を起用してもメダル争いに持ち込む。日本男子4継の底力は示した。

1走の山本は「サニブラウンさんの代わりに急遽走らせていただくかたちになりましたが、自分のやるべきことをやると思って臨みました。初の世界なので緊張しました」と話せば、上山も「この4人で決勝を走れたことは良かった」。アンカーの三輪は、英国のブダペスト世界陸上100m銀メダリストであるザーネル・ヒューズの追い上げを1000分の1秒差で抑える力走。「日本代表での悔しさは、日本代表でしか晴らせない」と気持ちを新たにする。

1週間前の今季初戦で10秒02の自己タイをマークするなど、日本の柱になりつつある栁田は「修正できるところはまだあります。パリではそこを修正して臨みたい」と、五輪でのメダル獲得に向けての決意を口にした。

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー) パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの2日目が5月5日(日本時間6日)に行われ、男子4×100mは38秒45で4位に入った。優勝は米国で37秒40、2位はカナダで37秒89、3位は38秒44でフランスが入った。 1走が、前日の予選で爆走を見せ、五輪出場権獲得に大きく貢献したサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)から、山本匠真(広島大)に交代。その山本が、世界大会初出場ながら3番手争いでバトンをつないだ。 栁田大輝(東洋大)、上山紘輝(住友電工)もメダル争いの位置をキープして、アンカーの三輪颯太(慶大)がスタート。右のフランス、左の英国と4番手争いを繰り広げながら、ほぼ同時にフィニッシュラインを駆け抜けた。38秒13の3番手でフィニッシュしたイタリアがその後に失格となったため、結果的にここがメダルライン。フランスにあと0.01秒届かず、栁田は「あと100分の1秒速く走ればメダルがあったので、もったいないといえばもったいない」と振り返った。 だが、予選はサニブラウンが勢いをつけて38秒10の組1着。ブダペスト世界陸上5位メンバーの栁田、上山を軸に、1走、4走が世界初挑戦の大学生を起用してもメダル争いに持ち込む。日本男子4継の底力は示した。 1走の山本は「サニブラウンさんの代わりに急遽走らせていただくかたちになりましたが、自分のやるべきことをやると思って臨みました。初の世界なので緊張しました」と話せば、上山も「この4人で決勝を走れたことは良かった」。アンカーの三輪は、英国のブダペスト世界陸上100m銀メダリストであるザーネル・ヒューズの追い上げを1000分の1秒差で抑える力走。「日本代表での悔しさは、日本代表でしか晴らせない」と気持ちを新たにする。 1週間前の今季初戦で10秒02の自己タイをマークするなど、日本の柱になりつつある栁田は「修正できるところはまだあります。パリではそこを修正して臨みたい」と、五輪でのメダル獲得に向けての決意を口にした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top