HOME 国内、日本代表

2024.05.06

男子4×400mRは2大会連続メダルにあと0.04秒 超攻撃的オーダー実らずも上位争い展開に収穫/世界リレー
男子4×400mRは2大会連続メダルにあと0.04秒 超攻撃的オーダー実らずも上位争い展開に収穫/世界リレー

男子400mの佐藤風雅

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)

パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの2日目が5月5日(日本時間6日)に行われ、男子4×400mは3分01秒20で4位に入った。優勝はバハマで2分59秒11、2位は3分00秒75で南アフリカ、3位は3分01秒16でベルギーだった。

広告の下にコンテンツが続きます

予選を3分00秒98の1着通過してパリ五輪出場権を獲得した日本。2位だった前回に続くメダルを目指し、1走から44秒77の日本記録保持者・佐藤拳太郎(富士通)、日本歴代3位の44秒88を持つ佐藤風雅(ミズノ)、昨年の日本選手権王者・中島佑気ジョセフ(富士通)と昨年のブダペスト世界陸上400mセミファイナリストトリオを配し、アンカーにオレゴン世界陸上4位メンバー(2走)の川端魁人(中京大クラブ)という超攻撃型オーダーで臨んだ。

予選で同じ組だった米国が失格となり、絶対的な優勝候補は不在。予選を終えて、「パリ五輪の金メダルを目指しているので、ここで足を止めている暇はない」ときっぱり語っていた佐藤拳が、約3時間前の男女混合4×400mラウンド2出場(1走/3分16秒03で4着)の疲れも見せず、トップ争いで帰ってきた。

近年のこの種目は、前半から先行したチームが圧倒的に有利な展開に持ち込める。その狙い通りかと思われたが、佐藤風雅へのバトンパスが一発で渡らない。このロスが響き、後手に回る展開となった。

ボツワナが独走するなか、佐藤風は縦長の2位集団最後方の7番手で200mを通過。そのため、3走へのバトンパス位置も7番目となり、ホームストレートで追い上げを図ってもバトンパスで外側に膨らむことになり、3走の中島も再び2位集団最後方の6番手に追いやられた。

広告の下にコンテンツが続きます

中島も終盤に追い上げたが1人をかわすにとどまり、川端へ5番手でバトンパス。バハマ、南アフリカ、ベルギーの背中を追いながら残り100mへ。ここで川端が見事な追い上げを見せ、終盤に失速したベルギーを捕らえたかに見えた。だが、惜しくも0.04秒差で及ばず。2大会連続メダルは果たせなかった。

それでも、米国不在とはいえ、難しい展開の中でメダル争いまで持ち込んだことは収穫と言える。オレゴン世界陸上4位を経て、メダルを目指した昨年のブダペスト世界陸上は予選敗退と悔しさを味わった。五輪では、まずは04年アテネ大会(4位)以来のファイナル、そして初のメダル獲得へ突き進むのみだ。

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー) パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの2日目が5月5日(日本時間6日)に行われ、男子4×400mは3分01秒20で4位に入った。優勝はバハマで2分59秒11、2位は3分00秒75で南アフリカ、3位は3分01秒16でベルギーだった。 予選を3分00秒98の1着通過してパリ五輪出場権を獲得した日本。2位だった前回に続くメダルを目指し、1走から44秒77の日本記録保持者・佐藤拳太郎(富士通)、日本歴代3位の44秒88を持つ佐藤風雅(ミズノ)、昨年の日本選手権王者・中島佑気ジョセフ(富士通)と昨年のブダペスト世界陸上400mセミファイナリストトリオを配し、アンカーにオレゴン世界陸上4位メンバー(2走)の川端魁人(中京大クラブ)という超攻撃型オーダーで臨んだ。 予選で同じ組だった米国が失格となり、絶対的な優勝候補は不在。予選を終えて、「パリ五輪の金メダルを目指しているので、ここで足を止めている暇はない」ときっぱり語っていた佐藤拳が、約3時間前の男女混合4×400mラウンド2出場(1走/3分16秒03で4着)の疲れも見せず、トップ争いで帰ってきた。 近年のこの種目は、前半から先行したチームが圧倒的に有利な展開に持ち込める。その狙い通りかと思われたが、佐藤風雅へのバトンパスが一発で渡らない。このロスが響き、後手に回る展開となった。 ボツワナが独走するなか、佐藤風は縦長の2位集団最後方の7番手で200mを通過。そのため、3走へのバトンパス位置も7番目となり、ホームストレートで追い上げを図ってもバトンパスで外側に膨らむことになり、3走の中島も再び2位集団最後方の6番手に追いやられた。 中島も終盤に追い上げたが1人をかわすにとどまり、川端へ5番手でバトンパス。バハマ、南アフリカ、ベルギーの背中を追いながら残り100mへ。ここで川端が見事な追い上げを見せ、終盤に失速したベルギーを捕らえたかに見えた。だが、惜しくも0.04秒差で及ばず。2大会連続メダルは果たせなかった。 それでも、米国不在とはいえ、難しい展開の中でメダル争いまで持ち込んだことは収穫と言える。オレゴン世界陸上4位を経て、メダルを目指した昨年のブダペスト世界陸上は予選敗退と悔しさを味わった。五輪では、まずは04年アテネ大会(4位)以来のファイナル、そして初のメダル獲得へ突き進むのみだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top