HOME 国内、日本代表

2024.05.05

男子4×100mR日本がパリ五輪へ「もっと良いバトンができれば、金メダルも狙える」/世界リレー
男子4×100mR日本がパリ五輪へ「もっと良いバトンができれば、金メダルも狙える」/世界リレー

世界リレーで1走を務めたサニブラウン(写真は23年ブダペスト世界選手権)

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)1日目

パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの1日目が行われ、男子4×100mリレー予選4組で日本が38秒10で1着となり、今夏のパリ五輪出場権を獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

やや危うい場面がありながらも、日本が強さを示した。

100mで世界選手権2大会連続決勝進出の1走・サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が、スタートからぐんぐん加速。「悪くなかったんじゃないかと思います」と、トップで栁田大輝(東洋大)につなぐ。「先頭で来るのは分かっていたので、プレッシャーを感じていました」という栁田は、中国に差を詰めらながらも3走・上山紘輝(住友電工)にスムーズにバトンを渡した。

「最高の流れで来てくれました」という上山は得意とするコーナーでトップを快走したが、アンカー三輪颯太(慶大)がやや早く出てしまう。「初の代表ですごく緊張していました。思ったより速くて、少し早く出てしまいました」と三輪。最後はやや減速しながらなんとかバトンを受け取り、競っていた中国を引き離した。

レース後は結果が確定するまでは不安な表情を浮かべていたが、パリ五輪への切符を無事につかみ、三輪は「なんとかつながったので良かったです」と胸をなで下ろした。

広告の下にコンテンツが続きます

2008年北京五輪、16年リオデジャネイロ五輪でともに銀メダルに輝いた日本の“お家芸”だが、地元開催の21年東京五輪はバトンミスで失格。雪辱を期するパリ五輪に向け、サニブラウンは「試合数を重ねて、パリでもっと良いバトンができれば、金メダルも狙えると思う」と力を込めた。

◇2024世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)1日目 パリ五輪の出場権を懸けた世界リレーの1日目が行われ、男子4×100mリレー予選4組で日本が38秒10で1着となり、今夏のパリ五輪出場権を獲得した。 やや危うい場面がありながらも、日本が強さを示した。 100mで世界選手権2大会連続決勝進出の1走・サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が、スタートからぐんぐん加速。「悪くなかったんじゃないかと思います」と、トップで栁田大輝(東洋大)につなぐ。「先頭で来るのは分かっていたので、プレッシャーを感じていました」という栁田は、中国に差を詰めらながらも3走・上山紘輝(住友電工)にスムーズにバトンを渡した。 「最高の流れで来てくれました」という上山は得意とするコーナーでトップを快走したが、アンカー三輪颯太(慶大)がやや早く出てしまう。「初の代表ですごく緊張していました。思ったより速くて、少し早く出てしまいました」と三輪。最後はやや減速しながらなんとかバトンを受け取り、競っていた中国を引き離した。 レース後は結果が確定するまでは不安な表情を浮かべていたが、パリ五輪への切符を無事につかみ、三輪は「なんとかつながったので良かったです」と胸をなで下ろした。 2008年北京五輪、16年リオデジャネイロ五輪でともに銀メダルに輝いた日本の“お家芸”だが、地元開催の21年東京五輪はバトンミスで失格。雪辱を期するパリ五輪に向け、サニブラウンは「試合数を重ねて、パリでもっと良いバトンができれば、金メダルも狙えると思う」と力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top