HOME 国内

2024.05.05

「環境を変えて、良い滑り出しになった」 砂岡拓磨がセカンドベストで日本人トップ 28年ロス五輪をターゲットに/GGのべおか
「環境を変えて、良い滑り出しになった」 砂岡拓磨がセカンドベストで日本人トップ 28年ロス五輪をターゲットに/GGのべおか

24年GGのべおか男子5000mで日本人トップとなりMVPに輝いた砂岡拓磨

◇第35回ゴールデンゲームズinのべおか(5月4日/宮崎県延岡市・西階陸上競技場)

ゴールデンゲームズinのべおかの男子5000m最終A組では、砂岡拓磨(東京陸協)が圧巻の強さを見せた。

「練習はかなり積めていたので、先頭を拾える位置、(先頭と)間が開いても詰められる位置でレースを進めて、ラストはきっちり上げて、日本選手権の参加標準記録(13分36秒00)を切ることを目標にレースに臨みました。(出場枠の30人に入るには)13分28秒ぐらいは切らないといけないのでそこを目指して走りました」

こう話すように、砂岡は序盤から先頭が見える位置にづけ、13秒30秒を目標タイムにセットされた緑色の電子ペーサーに合わせるようにレースを進めた。序盤は学生の山口竣平(早大1年)がペースメーカーのすぐ後ろを走っていたが、2000m過ぎに後退。代わってトップに立ったのが砂岡だった。

3000mを前に経験豊富な上野裕一郎(ひらまつ病院)に先行を許したものの、3600mで抜き返すと、じわじわと後続を引き離し、ただ一人ペースメーカーに食らいついた。そして、社会人ベストとなる13分27秒55をマークし、1着でフィニッシュした。「非常に納得のいくレースができた」と話す砂岡は、全体21位。日本人トップとなり、今大会のMVPにも選出された。

砂岡は22年に城西大を卒業した後、実業団のコニカミノルタに所属。今年1月のニューイヤー駅伝では1区3位と好走をしている。だが、今年3月末に退社し、現在は拠点を母校の城西大に移し、今大会には東京陸協所属で出場していた。

「どうしてもトラック種目で活躍がしたかった。トラック種目のピークはおそらく30歳まで。その期間で自分自身がやりたいことに全力で取り組むには環境を変えるのが良いと思い、この決断をしました」というのがその理由だ。

大学4年時の21年12月にはエディオンディスタンスチャレンジで日本人学生歴代2位(当時)となる13分19秒96の好記録をマークしているが、環境を母校に戻していきなり自己ベストに次ぐ好記録をマークし、目標としていたタイムもクリアした。

「環境を変えて、本当に良い滑り出しになりました。今後が楽しみな結果でした」と話すように、新たな取り組みに手応えがあった様子だ。

今季は6月の日本選手権が当面の大きな目標となる。

「日本選手権は3番以内を目標にしているので、それに向けて、残りの期間を悔いのないようにきっちり練習したい」と話す。

そして、その先に見据えるのは2028年のロサンゼルス五輪。28歳で迎えるその舞台で、決勝のスタートラインに立つことを長期の目標に掲げている。持ち味のスピードを武器に世界を目指す。

文/和田悟志

◇第35回ゴールデンゲームズinのべおか(5月4日/宮崎県延岡市・西階陸上競技場) ゴールデンゲームズinのべおかの男子5000m最終A組では、砂岡拓磨(東京陸協)が圧巻の強さを見せた。 「練習はかなり積めていたので、先頭を拾える位置、(先頭と)間が開いても詰められる位置でレースを進めて、ラストはきっちり上げて、日本選手権の参加標準記録(13分36秒00)を切ることを目標にレースに臨みました。(出場枠の30人に入るには)13分28秒ぐらいは切らないといけないのでそこを目指して走りました」 こう話すように、砂岡は序盤から先頭が見える位置にづけ、13秒30秒を目標タイムにセットされた緑色の電子ペーサーに合わせるようにレースを進めた。序盤は学生の山口竣平(早大1年)がペースメーカーのすぐ後ろを走っていたが、2000m過ぎに後退。代わってトップに立ったのが砂岡だった。 3000mを前に経験豊富な上野裕一郎(ひらまつ病院)に先行を許したものの、3600mで抜き返すと、じわじわと後続を引き離し、ただ一人ペースメーカーに食らいついた。そして、社会人ベストとなる13分27秒55をマークし、1着でフィニッシュした。「非常に納得のいくレースができた」と話す砂岡は、全体21位。日本人トップとなり、今大会のMVPにも選出された。 砂岡は22年に城西大を卒業した後、実業団のコニカミノルタに所属。今年1月のニューイヤー駅伝では1区3位と好走をしている。だが、今年3月末に退社し、現在は拠点を母校の城西大に移し、今大会には東京陸協所属で出場していた。 「どうしてもトラック種目で活躍がしたかった。トラック種目のピークはおそらく30歳まで。その期間で自分自身がやりたいことに全力で取り組むには環境を変えるのが良いと思い、この決断をしました」というのがその理由だ。 大学4年時の21年12月にはエディオンディスタンスチャレンジで日本人学生歴代2位(当時)となる13分19秒96の好記録をマークしているが、環境を母校に戻していきなり自己ベストに次ぐ好記録をマークし、目標としていたタイムもクリアした。 「環境を変えて、本当に良い滑り出しになりました。今後が楽しみな結果でした」と話すように、新たな取り組みに手応えがあった様子だ。 今季は6月の日本選手権が当面の大きな目標となる。 「日本選手権は3番以内を目標にしているので、それに向けて、残りの期間を悔いのないようにきっちり練習したい」と話す。 そして、その先に見据えるのは2028年のロサンゼルス五輪。28歳で迎えるその舞台で、決勝のスタートラインに立つことを長期の目標に掲げている。持ち味のスピードを武器に世界を目指す。 文/和田悟志

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top