HOME 国内

2024.05.03

五島莉乃が30分53秒31で初優勝!パリ標準に届かずも日本歴代6位の熱走/日本選手権10000m
五島莉乃が30分53秒31で初優勝!パリ標準に届かずも日本歴代6位の熱走/日本選手権10000m

24年日本選手権10000mで優勝した五島莉乃

◇第108回日本選手権10000m(5月3日/静岡・小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

パリ五輪代表選考会となる第108回日本選手権10000mが5月3日に静岡・エコパで行われ、女子は五島莉乃(資生堂)が30分53秒31で初優勝を飾った。

五輪参加標準記録30分40秒00を突破して優勝すればパリ五輪代表内定となる今大会。ライトでペースを知らせる電子ペーサーが導入され、30分50秒00(1周74秒)設定で行われたレースは、序盤から世界選手権2大会連続出場中の五島がチームメイトで先導役を務めるチェプングティチ・ジュディが飛び出し、昨年の日本選手権2位、3位の高島由香(資生堂)、小海遥(第一生命グループ)がつく展開。1200m過ぎには五島と小海の一騎打ちとなった。

74秒前後のペースを守りながら5000mを15分26秒で通過すると、5300mで五島がスパート。そこからは電子ペーサーを目標にタイムを目指した。だが、徐々にペースが落ち込み、今大会での即時内定は得られなかった。それでも、昨年12月の日本選手権で出した自己ベスト(30分58秒83)を上回る日本歴代6位をマークした。2位は小海遥(第一生命グループ)で31分10秒53だった。

ただ、ワールドランキング(Road to Paris)でターゲットナンバー(出場枠)の27に入って五輪出場資格が得られれば、代表入りの可能性が残されている。

◇第108回日本選手権10000m(5月3日/静岡・小笠山総合運動公園静岡スタジアム) パリ五輪代表選考会となる第108回日本選手権10000mが5月3日に静岡・エコパで行われ、女子は五島莉乃(資生堂)が30分53秒31で初優勝を飾った。 五輪参加標準記録30分40秒00を突破して優勝すればパリ五輪代表内定となる今大会。ライトでペースを知らせる電子ペーサーが導入され、30分50秒00(1周74秒)設定で行われたレースは、序盤から世界選手権2大会連続出場中の五島がチームメイトで先導役を務めるチェプングティチ・ジュディが飛び出し、昨年の日本選手権2位、3位の高島由香(資生堂)、小海遥(第一生命グループ)がつく展開。1200m過ぎには五島と小海の一騎打ちとなった。 74秒前後のペースを守りながら5000mを15分26秒で通過すると、5300mで五島がスパート。そこからは電子ペーサーを目標にタイムを目指した。だが、徐々にペースが落ち込み、今大会での即時内定は得られなかった。それでも、昨年12月の日本選手権で出した自己ベスト(30分58秒83)を上回る日本歴代6位をマークした。2位は小海遥(第一生命グループ)で31分10秒53だった。 ただ、ワールドランキング(Road to Paris)でターゲットナンバー(出場枠)の27に入って五輪出場資格が得られれば、代表入りの可能性が残されている。

女子10000m日本歴代10傑

30.20.44 新谷仁美(積水化学)      2020.12. 4 30.39.71 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 2022. 7.16 30.45.21 不破聖衣来(拓大1)       2021.12.11 30.48.89 渋井陽子(三井住友海上)    2002. 5. 3 30.51.81 福士加代子(ワコール)     2002.10. 8 30.53.31 五島莉乃(資生堂)       2024. 5. 3 30.57.26 高島由香(資生堂)       2023.12.10 30.57.67 小海遥(第一生命グループ)   2023.12.10 31.09.46 川上優子(沖電気宮崎)     2000. 7. 1 31.10.02 絹川愛(ミズノ)        2011. 6.22

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top