HOME 国内

2024.05.03

五島莉乃は日本歴代6位もパリ五輪参加標準届かず「悔しさが残るレースだった」/日本選手権10000m
五島莉乃は日本歴代6位もパリ五輪参加標準届かず「悔しさが残るレースだった」/日本選手権10000m

24年日本選手権10000mで優勝した五島莉乃

◇第108回日本選手権10000m(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム)

パリ五輪代表選考会となる第108回日本選手権10000mが5月3日に静岡・エコパで行われ、女子は五島莉乃(資生堂)が日本歴代6位の30分53秒31で初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

序盤からペースメーカーがパリ五輪の参加標準記録(30分40秒00)を狙うペースで牽引する中、1200m過ぎに五島と小海遥(第一生命グループ)の2人に絞られたレースとなる。資生堂のチームメート、ジュディ・ジェプンゲティチがペースメーカーだったこともあり、「心強い気持ちでレースに臨むことができました」と五島。小海が少し離れて、ややペースが落ち着いた5300m手前で、五島がペースメーカーを追い抜いて先頭に出た。

その後は単独走で、トラック内側のライトでペースを知らせる電子ペーサー(ウェーブライト)とほぼ並走する形が続いたが、7000m手前から遅れ始める。終盤まで粘り抜いて、自己記録を5秒以上更新するも「パリ五輪の標準記録を切って優勝することが目標でした。タイムを切ることができず、悔しさが残るレースだったと思います」。レース後は、大粒の涙が止まらなかった。

2022年オレゴン、23年ブダペスト世界選手権で世界の舞台を経験した26歳。1月の都道府県対抗女子駅伝では1区で区間賞を獲得し、3月末に米国で5000mに出場して15分22秒33をマークするなど力を付けてきた。

日本陸連の定める代表内定条件は参加標準記録突破と優勝。参加標準記録には届かず即内定とはならなかったが、ワールドランキング(Road to Paris)でターゲットナンバー(出場枠)27のうち、5月2日時点で五島は27番目に位置している。「後はランキングを祈っているだけ。夢が夢で終わらないように、また練習を積んで頑張りたい」。最後まであきらめずにこれからも走り続けていく。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第108回日本選手権10000m(5月3日/小笠山総合運動公園静岡スタジアム) パリ五輪代表選考会となる第108回日本選手権10000mが5月3日に静岡・エコパで行われ、女子は五島莉乃(資生堂)が日本歴代6位の30分53秒31で初優勝を飾った。 序盤からペースメーカーがパリ五輪の参加標準記録(30分40秒00)を狙うペースで牽引する中、1200m過ぎに五島と小海遥(第一生命グループ)の2人に絞られたレースとなる。資生堂のチームメート、ジュディ・ジェプンゲティチがペースメーカーだったこともあり、「心強い気持ちでレースに臨むことができました」と五島。小海が少し離れて、ややペースが落ち着いた5300m手前で、五島がペースメーカーを追い抜いて先頭に出た。 その後は単独走で、トラック内側のライトでペースを知らせる電子ペーサー(ウェーブライト)とほぼ並走する形が続いたが、7000m手前から遅れ始める。終盤まで粘り抜いて、自己記録を5秒以上更新するも「パリ五輪の標準記録を切って優勝することが目標でした。タイムを切ることができず、悔しさが残るレースだったと思います」。レース後は、大粒の涙が止まらなかった。 2022年オレゴン、23年ブダペスト世界選手権で世界の舞台を経験した26歳。1月の都道府県対抗女子駅伝では1区で区間賞を獲得し、3月末に米国で5000mに出場して15分22秒33をマークするなど力を付けてきた。 日本陸連の定める代表内定条件は参加標準記録突破と優勝。参加標準記録には届かず即内定とはならなかったが、ワールドランキング(Road to Paris)でターゲットナンバー(出場枠)27のうち、5月2日時点で五島は27番目に位置している。「後はランキングを祈っているだけ。夢が夢で終わらないように、また練習を積んで頑張りたい」。最後まであきらめずにこれからも走り続けていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.18

橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、出場するトップ選手が登壇 […]

NEWS 田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

2024.05.18

田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する […]

NEWS やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

2024.05.18

やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子やり投の北口榛花(J […]

NEWS 100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

2024.05.18

100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、男子100mに出場するサ […]

NEWS サニブラウン3年ぶり国立 パリ五輪内定に向け「予選から標準を切れるように走りたい」/セイコーGGP

2024.05.18

サニブラウン3年ぶり国立 パリ五輪内定に向け「予選から標準を切れるように走りたい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、男子100mに出場するサ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top