HOME 海外

2024.04.28

男子1マイルでワニョニイ世界新!ゲティチ、ケジェルチャ貫禄勝ち!世界トップランナー集結の豪華レース/ADIZERO ROAD TO RECORDS
男子1マイルでワニョニイ世界新!ゲティチ、ケジェルチャ貫禄勝ち!世界トップランナー集結の豪華レース/ADIZERO ROAD TO RECORDS

男子1マイルで世界新を樹立したE.ワニョニイ(ケニア)/写真提供:EKIDEN NEWS

◇ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024(4月27日/ドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハ)

アディダス社主催のロードレース「ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024」が行われ、男女の10km、5km、1マイル、男子800mの7種目にハイレベルのレースが繰り広げられた。

広告の下にコンテンツが続きます

2021年に初開催され、これが4回目。同社本社内に特設された1周約1300mのコースに、大勢の観客が声援を送る。フィニッシュ付近にはキッチンカーがいくつも並び、フェスさながらに音楽が鳴り響く。そんな中で、世界中から集結したトップランナーが「記録」に挑戦。会場が一体となって大きな盛り上がりを見せた。

最大のハイライトは、最終種目だった男子1マイル。ブダペスト世界陸上800m銀メダリストのエマニュエル・ワニョニイ(ケニア)が3分54秒50の世界新記録でフィニッシュテープを切ると、大歓声に包まれた。従来の記録は昨年の世界ロードランニング選手権でホッブス・ケスラー(米国)が作った3分56秒13。それを破ったワニョニイは、クラウディオ・ベラルデリ・コーチと抱き合って喜びを爆発させた。

「とてもうれしい。コーチが『世界記録を破れる』と言ってくれたので、それを信じて走り続けた」と振り返ったワニョニイは、パリ五輪陸上開幕日の8月1日に20歳の誕生日を迎える。今季は「1分41秒台」を目標に掲げ、五輪での金メダルを見据えた。

女子10kmは5km手前から独走したアグネス・ゲティチ(ケニア)が30分03秒で圧勝した。1月のバレンシア・ロードでトラックを含めて女子初の28分台(28分46秒)に突入。気温が15度を超え、日差しも強く記録を狙うには厳しい条件となったが、他を圧倒する強さを見せつけた。

広告の下にコンテンツが続きます

男子10kmはニコラス・キプコリル(ケニア)が27分04秒で快勝。男子5kmは歴代2位の12分50秒を持つヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)が13分00秒、女子は一昨年のU20世界選手権5000m覇者で19歳のメディナ・エイサ(エチオピア)が14分38秒でそれぞれ制した。

男子800mはブダペスト世界陸上金メダルのマルコ・アロップ(カナダ)が1分44秒30で貫禄勝ち。女子1マイルはネリー・チェプチルチル(ケニア)が4分30秒90で、ウィリー・アディソン(米国)を1秒抑えて優勝した。

◇ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024(4月27日/ドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハ) アディダス社主催のロードレース「ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024」が行われ、男女の10km、5km、1マイル、男子800mの7種目にハイレベルのレースが繰り広げられた。 2021年に初開催され、これが4回目。同社本社内に特設された1周約1300mのコースに、大勢の観客が声援を送る。フィニッシュ付近にはキッチンカーがいくつも並び、フェスさながらに音楽が鳴り響く。そんな中で、世界中から集結したトップランナーが「記録」に挑戦。会場が一体となって大きな盛り上がりを見せた。 最大のハイライトは、最終種目だった男子1マイル。ブダペスト世界陸上800m銀メダリストのエマニュエル・ワニョニイ(ケニア)が3分54秒50の世界新記録でフィニッシュテープを切ると、大歓声に包まれた。従来の記録は昨年の世界ロードランニング選手権でホッブス・ケスラー(米国)が作った3分56秒13。それを破ったワニョニイは、クラウディオ・ベラルデリ・コーチと抱き合って喜びを爆発させた。 「とてもうれしい。コーチが『世界記録を破れる』と言ってくれたので、それを信じて走り続けた」と振り返ったワニョニイは、パリ五輪陸上開幕日の8月1日に20歳の誕生日を迎える。今季は「1分41秒台」を目標に掲げ、五輪での金メダルを見据えた。 女子10kmは5km手前から独走したアグネス・ゲティチ(ケニア)が30分03秒で圧勝した。1月のバレンシア・ロードでトラックを含めて女子初の28分台(28分46秒)に突入。気温が15度を超え、日差しも強く記録を狙うには厳しい条件となったが、他を圧倒する強さを見せつけた。 男子10kmはニコラス・キプコリル(ケニア)が27分04秒で快勝。男子5kmは歴代2位の12分50秒を持つヨミフ・ケジェルチャ(エチオピア)が13分00秒、女子は一昨年のU20世界選手権5000m覇者で19歳のメディナ・エイサ(エチオピア)が14分38秒でそれぞれ制した。 男子800mはブダペスト世界陸上金メダルのマルコ・アロップ(カナダ)が1分44秒30で貫禄勝ち。女子1マイルはネリー・チェプチルチル(ケニア)が4分30秒90で、ウィリー・アディソン(米国)を1秒抑えて優勝した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top