HOME 駅伝

2024.04.28

青学大勢は塩出翔太がトップ!「最後まで追い込むことができた」創価大・石丸、東京国際大・エティーリも力走/ADIZERO ROAD TO RECORDS
青学大勢は塩出翔太がトップ!「最後まで追い込むことができた」創価大・石丸、東京国際大・エティーリも力走/ADIZERO ROAD TO RECORDS

ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024に出場した青学大の選手たち

◇ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024(4月27日/ドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハ)

アディダス社主催のロードレース「ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024」が行われ、男子5kmでは学生が世界トップランナーたちに挑戦した。

5人が出場した青学大勢は塩出翔太(3年)が14分33秒で18位、野村昭夢(4年)が14分35秒で19位、宇田川瞬矢(3年)が14分38秒で20と続き、若林宏樹(4年)が14分42秒で22位、鳥井健太(2年)が15分24秒で24位だった。

世界のスピードを身体で体験し、それを2週間後に控える関東インカレへとつなげていくことが今大会の狙い。原晋監督からは「2kmまでトップだった選手が、今回のトップ」と言われて臨んだ選手たちは、序盤から積極的に先頭集団でレースを進めた。

最後まで集団近くで踏ん張ったのが若林。前日までの震えるような寒さから一転して快晴となり、急な暑さの影響から「途中で気持ちが悪くなってきて」ペースダウンを余儀なくされた。ただ、それもチャレンジした結果であり、「半分はつくことができたので、この経験をこれからのシーズンに生かしたいです」と納得の表情を見せる。

塩出も「海外選手のレベルが高くてついていけなかったけど、その中でも最後まで追い込むことができました」と収穫を口にし、野村は「1kmしかつけなかったけど、前のほうで挑むことができました。ただ、世界の選手たちはそこから上げている」と冷静に分析。宇田川も「世界のメダリストと戦える機会はない。全力で楽しもうと思って臨みました。前半しかつけなかったけど、まとめることはできたのかなと思います」。鳥井は「世界とのレベルの差を実感しましたし、日本人の中でも最下位。まずは日本で勝負できるようにしていきたい」と現在地の確認ができた。

第100回箱根駅伝を制して以降も、ロード、トラックともに着実に成果を残している。レースを重ね、スピード強化を目指す時期に、これまで体感したことのないスピードを実際に感じることができたことは何よりも大きな成長の糧となる。

創価大3年の石丸惇那は「世界のレベルを体験して、個人もチームも次につなげていきたい」と臨み、14分38秒で21位。「まだまだ力不足を感じた」が、「スタートの勢い、スピードの余裕度が全然違いました」と世界との差をしっかりと捉える。今年の箱根駅伝7区8位から、チームのエースの座を目指して貴重な経験を得た。

男子10kmには5000m、10000mの学生記録を持つリチャード・エティーリ(2走)が出場し、27分47秒の13位。「27分切りを目指していたので、あまり良くなかった」と振り返るが、「こういうレースを何度か経験していけば、もっと戦えるようになれる」とさらなるモチベーションを得たようだ。

◇ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024(4月27日/ドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハ) アディダス社主催のロードレース「ADIZERO ROAD TO RECORDS 2024」が行われ、男子5kmでは学生が世界トップランナーたちに挑戦した。 5人が出場した青学大勢は塩出翔太(3年)が14分33秒で18位、野村昭夢(4年)が14分35秒で19位、宇田川瞬矢(3年)が14分38秒で20と続き、若林宏樹(4年)が14分42秒で22位、鳥井健太(2年)が15分24秒で24位だった。 世界のスピードを身体で体験し、それを2週間後に控える関東インカレへとつなげていくことが今大会の狙い。原晋監督からは「2kmまでトップだった選手が、今回のトップ」と言われて臨んだ選手たちは、序盤から積極的に先頭集団でレースを進めた。 最後まで集団近くで踏ん張ったのが若林。前日までの震えるような寒さから一転して快晴となり、急な暑さの影響から「途中で気持ちが悪くなってきて」ペースダウンを余儀なくされた。ただ、それもチャレンジした結果であり、「半分はつくことができたので、この経験をこれからのシーズンに生かしたいです」と納得の表情を見せる。 塩出も「海外選手のレベルが高くてついていけなかったけど、その中でも最後まで追い込むことができました」と収穫を口にし、野村は「1kmしかつけなかったけど、前のほうで挑むことができました。ただ、世界の選手たちはそこから上げている」と冷静に分析。宇田川も「世界のメダリストと戦える機会はない。全力で楽しもうと思って臨みました。前半しかつけなかったけど、まとめることはできたのかなと思います」。鳥井は「世界とのレベルの差を実感しましたし、日本人の中でも最下位。まずは日本で勝負できるようにしていきたい」と現在地の確認ができた。 第100回箱根駅伝を制して以降も、ロード、トラックともに着実に成果を残している。レースを重ね、スピード強化を目指す時期に、これまで体感したことのないスピードを実際に感じることができたことは何よりも大きな成長の糧となる。 創価大3年の石丸惇那は「世界のレベルを体験して、個人もチームも次につなげていきたい」と臨み、14分38秒で21位。「まだまだ力不足を感じた」が、「スタートの勢い、スピードの余裕度が全然違いました」と世界との差をしっかりと捉える。今年の箱根駅伝7区8位から、チームのエースの座を目指して貴重な経験を得た。 男子10kmには5000m、10000mの学生記録を持つリチャード・エティーリ(2走)が出場し、27分47秒の13位。「27分切りを目指していたので、あまり良くなかった」と振り返るが、「こういうレースを何度か経験していけば、もっと戦えるようになれる」とさらなるモチベーションを得たようだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top