HOME 国内

2024.03.22

佐藤拳太郎が新シーズンへ意気込み パリ五輪で「個人で決勝、リレーでメダル」
佐藤拳太郎が新シーズンへ意気込み パリ五輪で「個人で決勝、リレーでメダル」

チームメイトとなる佐藤拳太郎と中島佑気ジョセフ

富士通が3月22日、本社となる川崎工場で新加入選手および所属選手の合同取材会見を開いた。

男子400m日本記録(44秒77)を持つ佐藤拳太郎も会見に出席。2024年シーズン、そしてパリ五輪への意気込みを語った。

広告の下にコンテンツが続きます

世界室内選手権を欠場したが、「帰国後すぐにMRIを撮って軽度(の肉離れ)。今は問題なく練習もできています」と語る。

1年前の冬は「ぼんやりとしている中でトレーニングしていた」が、この冬は違う。「明確に、こういう形にしたいというものがあってトレーニングに臨めました」と充実感を漂わせる。

昨年は28歳にして復活どころか飛躍を遂げた佐藤。アジア選手権を45秒00で制すると、個人では初の世界選手権代表に。400m予選で高野進が1991年に樹立した44秒78の日本記録を32年ぶりに更新する44秒77をマークした。準決勝でも44秒台(44秒99)と決勝には届かず悔しさを見せたが、確かな一歩を刻んだ。

それでも「昨年のレースは完成度が50%に満たない。改善点がまだあるのでそれを意識してきました」と話す。

広告の下にコンテンツが続きます

春からは中島佑気ジョセフ(東洋大)がチームメイトに。「同じチームになるのは刺激になりますし、ライバルでもあるのでともに世界で戦えるところを見せていきたい」と語る。

今季の目標も明確だ。「個人と4×400mリレーでアジア記録(43秒93/2分59秒05)を塗り替えること。パリ五輪では個人でファイナル、リレーでメダル」と言い切る。

特にマイルリレーへの思いは強い。昨年のブダペスト世界選手権ではメダルを期待されながら予選敗退。「私が最年長としてチームをまとめきれなかった」と一貫して責任を背負う。

「まずは走る選手だけでなく、リザーブも含めて44秒台を出した上で、選手、リザーブ、スタッフ含めて、全員がパリ五輪でメダルを取りたい、必ず取れる、といえるところまでいけるチームを作りたいと心から思っています」

広告の下にコンテンツが続きます

初めて日の丸を背負った2015年。金丸祐三から「あとは任せた」と託された日本ロングスプリントの継承者は、後輩たちとともに悲願のリレーメダルに向かっていく。

富士通が3月22日、本社となる川崎工場で新加入選手および所属選手の合同取材会見を開いた。 男子400m日本記録(44秒77)を持つ佐藤拳太郎も会見に出席。2024年シーズン、そしてパリ五輪への意気込みを語った。 世界室内選手権を欠場したが、「帰国後すぐにMRIを撮って軽度(の肉離れ)。今は問題なく練習もできています」と語る。 1年前の冬は「ぼんやりとしている中でトレーニングしていた」が、この冬は違う。「明確に、こういう形にしたいというものがあってトレーニングに臨めました」と充実感を漂わせる。 昨年は28歳にして復活どころか飛躍を遂げた佐藤。アジア選手権を45秒00で制すると、個人では初の世界選手権代表に。400m予選で高野進が1991年に樹立した44秒78の日本記録を32年ぶりに更新する44秒77をマークした。準決勝でも44秒台(44秒99)と決勝には届かず悔しさを見せたが、確かな一歩を刻んだ。 それでも「昨年のレースは完成度が50%に満たない。改善点がまだあるのでそれを意識してきました」と話す。 春からは中島佑気ジョセフ(東洋大)がチームメイトに。「同じチームになるのは刺激になりますし、ライバルでもあるのでともに世界で戦えるところを見せていきたい」と語る。 今季の目標も明確だ。「個人と4×400mリレーでアジア記録(43秒93/2分59秒05)を塗り替えること。パリ五輪では個人でファイナル、リレーでメダル」と言い切る。 特にマイルリレーへの思いは強い。昨年のブダペスト世界選手権ではメダルを期待されながら予選敗退。「私が最年長としてチームをまとめきれなかった」と一貫して責任を背負う。 「まずは走る選手だけでなく、リザーブも含めて44秒台を出した上で、選手、リザーブ、スタッフ含めて、全員がパリ五輪でメダルを取りたい、必ず取れる、といえるところまでいけるチームを作りたいと心から思っています」 初めて日の丸を背負った2015年。金丸祐三から「あとは任せた」と託された日本ロングスプリントの継承者は、後輩たちとともに悲願のリレーメダルに向かっていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top