HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.03.07

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~大東大~久保田徹「三大駅伝を楽しんで」西代「チームを救う走りを」
【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~大東大~久保田徹「三大駅伝を楽しんで」西代「チームを救う走りを」

大東大西川と久保田のタスキリレー

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます!

【アンケート項目】
(1)大会を終えての感想、コースの攻略法など
(2)今だから話せる裏話
(3)監督車からの声掛けで心の残ったもの
(4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み

広告の下にコンテンツが続きます

●大東大
総合10位(往路8位、復路17位) 11時間00分42秒
監督:真名子圭

1区 西川千青(3年) 区間13位
(1)京急蒲田を越えてから六郷橋までの直線がきつかったです。転倒してしまったのは悔しいですが、初めての箱根はすごく楽しく一瞬でした。
(2)招集時間を把握しておらず、いつもの半分しかウォーミングアップができなかった。
(3)「(亡くなった)親友と一緒に走れるのもあと2キロだぞ!」と言われて力を振り絞ることができた。
(4)大東記録を再び出してさらに強い大東文化にしたい。

2区 久保田徹(4年) 区間12位
(1)2区を走らせていただき、1時間7分35秒の区間12位。自分が立てた目標タイムは越すことができましたが、区間12位と上との差を感じるレースとなりました。個人的には権太坂より戸塚のラスト1kmの坂がとてもきつかったです。前半の10kmをいかに余裕を持って入って後半の権太坂から耐えていくかがポイントになってくると思います。最後の箱根駅伝ということで今自分の出せる全力は出せたと思います。チームとしては8区で大幅なタイムロスがありましたが、往路、復路全員の頑張りでシード権を無事獲得することができたので、良かったです。
(2)定食が食べたくて松屋を食べに行きました。
(3)「チームを支えてくれてありがとう。最後の箱根駅伝だぞ」走っていて涙が出そうになりました。
(4)卒業してしまいますが、後輩たちには自分達が経験できなかった三大駅伝を楽しんで走ってほしいと思います。

3区 入濵輝大(2年) 区間16位
(1)10km以降からきつかったです。チームがシード権を取れてうれしかったです。
(2)1週間前のポイントで足首を痛めた
(3)「最後まで」という言葉。最後まで出し切ろうと思えた。
(4)来年こそはいい結果を残したいです。

広告の下にコンテンツが続きます

4区 西代雄豪(3年) 区間18位
(1)シード権獲得ができたことは本当にうれしいです。個人としては、まったく戦えなくて悔しい。細かいアップダウンがあるのがきついです。例年は日差しが強くなり、暑さも相まってタフさを用いられる区間ですが、今年は雨が降り、後半に行くにつれどんどん冷えていったので、そう言った面の対策も必要だと感じました。来年リベンジしたい。
(2)1週間前に、座布団ぐらいの厚さのチャーシューが5、6枚乗った山盛りのラーメンを食べて、食べ終わった後に吐いた。
(3)ラスト1kmの「イッチニー!イッチニー!イッチニー!」しんどすぎてここしか覚えていない。
(4)主将として走る最後の一年、次は自分がチームを救う走りをして、今回のリベンジを果たします。

5区 菊地駿介(4年) 区間4位
(1)去年の反省を活かせたいいレースだったと思います。宮ノ下から小涌園あたりの坂がきついので、1年かけて上りを克服するために意識しながら練習をしました。チームとしてもシードを取ることができてとても良い箱根駅伝とでした。
(2)レース中、よくわからないメーカーの帽子を被っていた
(3)集中していて覚えていないです
(4)三大駅伝へ復活するので、上を目指しながら楽しく頑張ってほしいです!

6区 佐竹勇樹(4年) 区間4位
(1)ラスト3kmがきつかったです。上りから下への切り替えとラストの失速をなくすことが大切だと思います。設定タイムに近いタイムで走ることができました。チームとしてもシード権を獲得することができてよかったです。
(2)――
(3)「お前が1番動いてるから」と声をかけていただき、力みが取れてラストの動きにつながった
(4)楽しく頑張ってください

7区 小田恭平(3年) 区間6位
(1)10km以降の小刻みなアップダウンがきつかった。とにかく気合で乗り切りました。初めての箱根は、本当に楽しむことができて、チームにも貢献できる走りができたと思うので良かったです。
(2)実は何かあった時のために6区の準備もしていた
(3)「これが終わったらお前の大好きなアニメたくさん見ていいよ」きついと思っている時にかけられ、一気に元気が出たから
(4)来年は、トラックでも駅伝でも上のレベルを目指してやっていきたいです

広告の下にコンテンツが続きます

8区 ピーター・ワンジル(3年) 区間23位
(1)コンディションは悪くなかったが身体が動かなかった。
(2)――
(3)「Never Give Up!」
(4)10000mで自己ベストを更新したい

9区 大谷章紘(3年) 区間9位
(1)想定していたよりも低い順位でタスキをもらい、焦りで後半に体力が持たなかった。時々ある緩やかな上りが少しずつ体力を奪っていきました。前半に飛ばし過ぎず、後半に上げることを意識したほうが良いです。しかし、10区の選手が良い走りをしてくれたおお陰で助かりました。
(2)ピーターがやらかしすぎて少しだけキレていました
(3)――
(4)来年は悔いのない楽しい駅伝にしたい

10区 佐々木真人(3年) 区間7位
(1)自身の走りに関してはベストを尽くせました。特にきついコースではないので落ち着いて一定のペースを刻むことを心掛けました。大学記録を更新できて良かったです。チーム目標は達成できましたが、もっと上にいけると思いました。
(2)レース前、音楽がまったく耳に入らないほど集中できていた
(3)ラスト3km 「11位と1分以上差が開いてるけど絶対に油断するなよ」最後まで気を抜かずに走りきれた
(4)来年度はもっと強い走りを見せられるように頑張ります。

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3)監督車からの声掛けで心の残ったもの (4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み ●大東大 総合10位(往路8位、復路17位) 11時間00分42秒 監督:真名子圭 1区 西川千青(3年) 区間13位 (1)京急蒲田を越えてから六郷橋までの直線がきつかったです。転倒してしまったのは悔しいですが、初めての箱根はすごく楽しく一瞬でした。 (2)招集時間を把握しておらず、いつもの半分しかウォーミングアップができなかった。 (3)「(亡くなった)親友と一緒に走れるのもあと2キロだぞ!」と言われて力を振り絞ることができた。 (4)大東記録を再び出してさらに強い大東文化にしたい。 2区 久保田徹(4年) 区間12位 (1)2区を走らせていただき、1時間7分35秒の区間12位。自分が立てた目標タイムは越すことができましたが、区間12位と上との差を感じるレースとなりました。個人的には権太坂より戸塚のラスト1kmの坂がとてもきつかったです。前半の10kmをいかに余裕を持って入って後半の権太坂から耐えていくかがポイントになってくると思います。最後の箱根駅伝ということで今自分の出せる全力は出せたと思います。チームとしては8区で大幅なタイムロスがありましたが、往路、復路全員の頑張りでシード権を無事獲得することができたので、良かったです。 (2)定食が食べたくて松屋を食べに行きました。 (3)「チームを支えてくれてありがとう。最後の箱根駅伝だぞ」走っていて涙が出そうになりました。 (4)卒業してしまいますが、後輩たちには自分達が経験できなかった三大駅伝を楽しんで走ってほしいと思います。 3区 入濵輝大(2年) 区間16位 (1)10km以降からきつかったです。チームがシード権を取れてうれしかったです。 (2)1週間前のポイントで足首を痛めた (3)「最後まで」という言葉。最後まで出し切ろうと思えた。 (4)来年こそはいい結果を残したいです。 4区 西代雄豪(3年) 区間18位 (1)シード権獲得ができたことは本当にうれしいです。個人としては、まったく戦えなくて悔しい。細かいアップダウンがあるのがきついです。例年は日差しが強くなり、暑さも相まってタフさを用いられる区間ですが、今年は雨が降り、後半に行くにつれどんどん冷えていったので、そう言った面の対策も必要だと感じました。来年リベンジしたい。 (2)1週間前に、座布団ぐらいの厚さのチャーシューが5、6枚乗った山盛りのラーメンを食べて、食べ終わった後に吐いた。 (3)ラスト1kmの「イッチニー!イッチニー!イッチニー!」しんどすぎてここしか覚えていない。 (4)主将として走る最後の一年、次は自分がチームを救う走りをして、今回のリベンジを果たします。 5区 菊地駿介(4年) 区間4位 (1)去年の反省を活かせたいいレースだったと思います。宮ノ下から小涌園あたりの坂がきついので、1年かけて上りを克服するために意識しながら練習をしました。チームとしてもシードを取ることができてとても良い箱根駅伝とでした。 (2)レース中、よくわからないメーカーの帽子を被っていた (3)集中していて覚えていないです (4)三大駅伝へ復活するので、上を目指しながら楽しく頑張ってほしいです! 6区 佐竹勇樹(4年) 区間4位 (1)ラスト3kmがきつかったです。上りから下への切り替えとラストの失速をなくすことが大切だと思います。設定タイムに近いタイムで走ることができました。チームとしてもシード権を獲得することができてよかったです。 (2)―― (3)「お前が1番動いてるから」と声をかけていただき、力みが取れてラストの動きにつながった (4)楽しく頑張ってください 7区 小田恭平(3年) 区間6位 (1)10km以降の小刻みなアップダウンがきつかった。とにかく気合で乗り切りました。初めての箱根は、本当に楽しむことができて、チームにも貢献できる走りができたと思うので良かったです。 (2)実は何かあった時のために6区の準備もしていた (3)「これが終わったらお前の大好きなアニメたくさん見ていいよ」きついと思っている時にかけられ、一気に元気が出たから (4)来年は、トラックでも駅伝でも上のレベルを目指してやっていきたいです 8区 ピーター・ワンジル(3年) 区間23位 (1)コンディションは悪くなかったが身体が動かなかった。 (2)―― (3)「Never Give Up!」 (4)10000mで自己ベストを更新したい 9区 大谷章紘(3年) 区間9位 (1)想定していたよりも低い順位でタスキをもらい、焦りで後半に体力が持たなかった。時々ある緩やかな上りが少しずつ体力を奪っていきました。前半に飛ばし過ぎず、後半に上げることを意識したほうが良いです。しかし、10区の選手が良い走りをしてくれたおお陰で助かりました。 (2)ピーターがやらかしすぎて少しだけキレていました (3)―― (4)来年は悔いのない楽しい駅伝にしたい 10区 佐々木真人(3年) 区間7位 (1)自身の走りに関してはベストを尽くせました。特にきついコースではないので落ち着いて一定のペースを刻むことを心掛けました。大学記録を更新できて良かったです。チーム目標は達成できましたが、もっと上にいけると思いました。 (2)レース前、音楽がまったく耳に入らないほど集中できていた (3)ラスト3km 「11位と1分以上差が開いてるけど絶対に油断するなよ」最後まで気を抜かずに走りきれた (4)来年度はもっと強い走りを見せられるように頑張ります。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top