HOME 国内

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン
山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

24年日本選手権クロカン男子を制した山口智規(早大、右)と2位の井川龍人(旭化成)

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)

世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子10kmを制したのは山口智規(早大)。ラスト1kmを切ったアップダウンの多い場所で、大学の先輩である井川龍人(旭化成)、都道府県対抗男子駅伝7区区間3位の荻久保寛也(ひらまつ病院)など4人の先頭集団から抜け出し、29分16秒でフィニッシュした。

広告の下にコンテンツが続きます

このタイムは前回、塩尻和也(富士通)が三浦龍司(順大)と競った上で出した29分15秒にあと1秒と迫るもの。世界大会経験者らを破った価値あるレースとなった。

学生らしいがむしゃらさが存分に生かされた。時にはバランスを崩しながらも、大きく腕を振って力強い一歩を踏み出し、先頭集団に喰らいつく。最後まで前に出ず、タイミングを図ったのは、ラストスパートに自信があったからだ。

レース前には、井川と「最後まで集団にいられれば、2人の勝負になるだろう」と互いのスパート力を認め合った。実際、その通りの展開になり、「最後の直線は楽しかったですね」と持ち味を出し切った上でつかみ取った優勝に、うれしさが倍増した。

昨年11月の上尾ハーフでは大迫傑(現・Nike)の早大記録を31秒塗り替える1時間1分16秒。今年の箱根駅伝では2年生ながら2区を任され、1時間6分31秒(区間4位)と渡辺康幸(現・住友電工監督)の大学記録も塗り替えた。その後も1月21日の都道府県対抗駅伝(7区区間6位)、1月31日には早大記録会10000mで28分17秒87の自己新など、精力的にレースをこなしている。

広告の下にコンテンツが続きます

1月に米国の室内5000mレースで室内日本新の13分09秒45を出した同学年の佐藤圭汰(駒大)は、高校時代からその背中を追う存在ではあるが、「まだ上であることには変わりないけど、長い目で見て勝てればいいと思っています」と、手が届く位置にいると感じ始めている。

「こんな大きなタイトルを取ったのは初めてだし、大事な1年と思っていた時に取れたことがうれしい。大迫さんも大学2年生の時に優勝しているので、これをステップにできれば」と、また一つ自信を手にしたようだった。

文/田端慶子

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子10kmを制したのは山口智規(早大)。ラスト1kmを切ったアップダウンの多い場所で、大学の先輩である井川龍人(旭化成)、都道府県対抗男子駅伝7区区間3位の荻久保寛也(ひらまつ病院)など4人の先頭集団から抜け出し、29分16秒でフィニッシュした。 このタイムは前回、塩尻和也(富士通)が三浦龍司(順大)と競った上で出した29分15秒にあと1秒と迫るもの。世界大会経験者らを破った価値あるレースとなった。 学生らしいがむしゃらさが存分に生かされた。時にはバランスを崩しながらも、大きく腕を振って力強い一歩を踏み出し、先頭集団に喰らいつく。最後まで前に出ず、タイミングを図ったのは、ラストスパートに自信があったからだ。 レース前には、井川と「最後まで集団にいられれば、2人の勝負になるだろう」と互いのスパート力を認め合った。実際、その通りの展開になり、「最後の直線は楽しかったですね」と持ち味を出し切った上でつかみ取った優勝に、うれしさが倍増した。 昨年11月の上尾ハーフでは大迫傑(現・Nike)の早大記録を31秒塗り替える1時間1分16秒。今年の箱根駅伝では2年生ながら2区を任され、1時間6分31秒(区間4位)と渡辺康幸(現・住友電工監督)の大学記録も塗り替えた。その後も1月21日の都道府県対抗駅伝(7区区間6位)、1月31日には早大記録会10000mで28分17秒87の自己新など、精力的にレースをこなしている。 1月に米国の室内5000mレースで室内日本新の13分09秒45を出した同学年の佐藤圭汰(駒大)は、高校時代からその背中を追う存在ではあるが、「まだ上であることには変わりないけど、長い目で見て勝てればいいと思っています」と、手が届く位置にいると感じ始めている。 「こんな大きなタイトルを取ったのは初めてだし、大事な1年と思っていた時に取れたことがうれしい。大迫さんも大学2年生の時に優勝しているので、これをステップにできれば」と、また一つ自信を手にしたようだった。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top