HOME 国内

2024.02.25

2時間6分18秒で堂々たる初マラソン初V!國學院大・平林清澄「行けるところで行こうと思った」/大阪マラソン
2時間6分18秒で堂々たる初マラソン初V!國學院大・平林清澄「行けるところで行こうと思った」/大阪マラソン

大阪マラソン2024で初マラソン初優勝を飾った平林清澄(國學院大)

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ)

ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

パリ五輪代表がいる。五輪代表のラストチャンスに懸けるトップランナーたちも集まった。緊張感あふれる中で、初めての42.195kmを軽やかに、楽し気に、そして力強く駆け抜けた。

パリ五輪の選考に絡むためには、MGC出場権を懸けたレースで完走していることが必須。初マラソンの平林にその権利はなく、自らの走りに集中した。序盤は集団の中でじっくりとレースを進める。

MGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間5分50秒)を狙う第1ペースメーカーは1km2分58秒ペース、第2ペースメーカーは3分00秒。中盤で集団が大きく分かれると、平林は先頭集団についた。さらに、パリ五輪代表・小山直城(Honda)が29.4kmあたりで仕掛け、少しリードを奪う展開に持ち込んだが、それを真っ先に追ったのが平林だった。

31km過ぎからの上りを前に、先頭集団は7人。平林は小山の横に並ぶと、32km付近で徐々に前に出る。「あそこまで人数が減っているとは思わなかったですが、行けるところで行こうと思っていたので、出ました」。

広告の下にコンテンツが続きます

持ちタイムトップ(2時間4分48秒)のステーブン・キッサ(ウガンダ)には背中につかれたが、上りのあった32kmからの1kmを2分56秒、下りに入った次の1kmは2分51秒でカバー。小山、吉田祐也(GMOインターネットグループ)、土井大輔(黒崎播磨)との日本勢との差はじりじりと広げていく。

そして、「こわくてしようがなかった」と言うキッサとの一騎打ちも、残り800mで決着をつける。最後は両手で「1」を掲げ、歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。

前回大会で西山和弥(トヨタ自動車)が出した初マラソン日本最高記録の2時間6分45秒、さらには昨年2月に横田俊吾(青学大/現・JR東日本)が出した学生記録の2時間7分47秒を大幅に更新。「勝負に徹しようと思っていたので、その中で記録も出せてうれしいです」と胸を張った。

福井・美方高出身。大学入学後から一気に力をつけ、箱根駅伝では1年時に9区2位、2年時は2区で7位。そして今年は、「てっぺん」を目指すチームのエースとして2年連続の2区を走り、17位から区間3位の力走で8人抜き。目標達成はならなかったが、総合5位を牽引した。新体制になって主将に就任。再び頂点を目指すチームを、大いに鼓舞する結果をつかみ取った。

広告の下にコンテンツが続きます

「一人で練習してきたので、単独で走る練習が生きたと思います」と、勝因を語った平林。五輪は4年後まで待つことになるが、来年の東京世界陸上が視野に入ってくる。

「ここが自分の最高地点ではないと思っているので、自分を信じて精進したい」

学生のステージから、一気に開けた世界を、しっかりと見据えていた。

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジを兼ねた大阪マラソン2024が2月25日に行われ、國學院大3年の平林清澄が日本歴代7位、初マラソン日本最高、学生新記録となる2時間6分18秒で優勝を飾った。 パリ五輪代表がいる。五輪代表のラストチャンスに懸けるトップランナーたちも集まった。緊張感あふれる中で、初めての42.195kmを軽やかに、楽し気に、そして力強く駆け抜けた。 パリ五輪の選考に絡むためには、MGC出場権を懸けたレースで完走していることが必須。初マラソンの平林にその権利はなく、自らの走りに集中した。序盤は集団の中でじっくりとレースを進める。 MGCファイナルチャレンジ設定記録(2時間5分50秒)を狙う第1ペースメーカーは1km2分58秒ペース、第2ペースメーカーは3分00秒。中盤で集団が大きく分かれると、平林は先頭集団についた。さらに、パリ五輪代表・小山直城(Honda)が29.4kmあたりで仕掛け、少しリードを奪う展開に持ち込んだが、それを真っ先に追ったのが平林だった。 31km過ぎからの上りを前に、先頭集団は7人。平林は小山の横に並ぶと、32km付近で徐々に前に出る。「あそこまで人数が減っているとは思わなかったですが、行けるところで行こうと思っていたので、出ました」。 持ちタイムトップ(2時間4分48秒)のステーブン・キッサ(ウガンダ)には背中につかれたが、上りのあった32kmからの1kmを2分56秒、下りに入った次の1kmは2分51秒でカバー。小山、吉田祐也(GMOインターネットグループ)、土井大輔(黒崎播磨)との日本勢との差はじりじりと広げていく。 そして、「こわくてしようがなかった」と言うキッサとの一騎打ちも、残り800mで決着をつける。最後は両手で「1」を掲げ、歓喜のフィニッシュに飛び込んだ。 前回大会で西山和弥(トヨタ自動車)が出した初マラソン日本最高記録の2時間6分45秒、さらには昨年2月に横田俊吾(青学大/現・JR東日本)が出した学生記録の2時間7分47秒を大幅に更新。「勝負に徹しようと思っていたので、その中で記録も出せてうれしいです」と胸を張った。 福井・美方高出身。大学入学後から一気に力をつけ、箱根駅伝では1年時に9区2位、2年時は2区で7位。そして今年は、「てっぺん」を目指すチームのエースとして2年連続の2区を走り、17位から区間3位の力走で8人抜き。目標達成はならなかったが、総合5位を牽引した。新体制になって主将に就任。再び頂点を目指すチームを、大いに鼓舞する結果をつかみ取った。 「一人で練習してきたので、単独で走る練習が生きたと思います」と、勝因を語った平林。五輪は4年後まで待つことになるが、来年の東京世界陸上が視野に入ってくる。 「ここが自分の最高地点ではないと思っているので、自分を信じて精進したい」 学生のステージから、一気に開けた世界を、しっかりと見据えていた。

男子マラソン日本歴代10傑をチェック!

男子マラソン日本歴代10傑 2.04.56 鈴木 健吾(富士通)   2021. 2.28 2.05.29 大迫  傑(Nike)    2020. 3. 1 2.05.51 山下 一貴(三菱重工)  2023. 3. 5 2.05.59 其田 健也(JR東日本)  2023. 3. 5 2.06.11 設楽 悠太(Honda)   2018. 2.25 2.06.16 高岡 寿成(カネボウ)  2002.10.13 2.06.18 平林 清澄(國學院大3)  2024. 2.25 NEW 2.06.26 土方 英和(Honda)   2021. 2.28 2.06.33 小山 直城(Honda)   2024. 2.25 NEW 2.06.35 細谷 恭平(黒崎藩磨)  2021. 2.28 ※記録に抜けがありましたので修正しました。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top