HOME 編集部コラム

2024.01.05

編集部コラム「駅伝コースの歴史を知る」

毎週金曜日更新!?
★月陸編集部★
攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第229回「駅伝コースの歴史を知る(井上 敦)


2024年がスタートしました。夏にはパリ五輪が行われます。今年も月刊陸上競技、月陸Onlineをよろしくお願いします。

広告の下にコンテンツが続きます

元日のニューイヤー駅伝ではトヨタ自動車が圧巻の優勝。1月2日、3日の箱根駅伝では青学大が大会新記録で圧勝しました。

3区(21.4km)で青学大・太田蒼生選手がマークした59分47秒は驚きました。ハーフマラソン(21.0975km)換算では58分56~57秒(正確には58分56秒30)で、世界歴代43位タイ~45位タイ相当。下り基調とはいえ、10kmの通過が27分26秒というのはビックリしました。

さて、とんでもないタイムといえば、年末の全国高校駅伝でも、51年ぶりに区間記録が更新されました。男子5区(3㎞)で佐久長聖(長野)の佐々木哲選手(2年)が8分14秒をマーク。1972年(第23回大会)に小出(新潟)の浅井利雄さんが持っていた区間最高記録(8分22秒)を8秒更新しました。

半世紀以上もの間、残っていた区間記録。高校生の競技力が高まり、シューズなどギアも進化するなかで、なぜ残っていたか。

広告の下にコンテンツが続きます

そもそも、浅井さんが走っていた当時のコースと、現在のコースは違います。現在のコースは1982年(第33回大会)から。京都御所南側の丸太町通や西側の烏丸通を走りますが、51年前は北山通。現在の京都府立植物園前を走っていました。

当時は西京極発着は変わらないものの、一度桂方面へ西進し、折り返したのち、西大路、北大路を経て堀川通を北上(現在は南下)。現在の京都ノートルダム女子大前を通り、高野橋を渡って京都国際会館に向かっていました。

全国高校駅伝は1966年の男子第17回大会から京都で行われていますが、このように何度かコースが変わっています。しかし、コースが異なっていても、大会主催者は区間最高記録として残してきました。

現在の5区は、丸太町通こそ平坦ですが、中継所から約700m西進して烏丸丸太町の交差点から烏丸通を北上する残り2.3kmは上りっぱなし。標高差で約20mあります。

広告の下にコンテンツが続きます

3000mで8分を切る選手や、5000mを13分台が1年間に40人ぐらい走る時代になりましたが、なかなか破られなかったのは、コース設定もあるのかと思われます。

そんな、難コースを攻略した佐々木選手は5000m14分03秒51の自己記録を持ち、インターハイ3000m障害では8位にも入っています。そのぐらいの走力がないとなかなか難しいかもしれません。

ただ、2024年からは、外国人留学生が男女ともに3km区間に限定されます。男子は2区かこの5区のどちらかになり、ひょっとしたら、佐々木選手の区間記録も1年で更新されるかもしれません。もちろん、区間記録更新云々だけでなく、レース展開も女子を含めて、変わることになるでしょう。

1区も現コースに変わる前の区間記録が長らく残っていました。1975年(第26回大会)に鶴崎工(大分)の西村義弘さんが出した29分29秒は、1994年(第45回大会)の仙台育英(宮城)・ダニエル・ジェンガさんが28分57秒をマークするまで、19年間更新されませんでした。

広告の下にコンテンツが続きます

現コースは2km過ぎから7km過ぎまでの5kmは標高で70m上ります。残り3kmで30m近く下りますが、なかなか記録の出にくいコースです。

そうやって今走っている選手だけでなく、選手の背景はもちろん、大会そのものや歴史を知り、興味を持ってほしいと思います。先日100回大会を迎えた箱根駅伝がその代表例かもしれません。文化として根付いていくことで、競技の普及や認知度が高まることにつながるでしょう。

最後に。新年早々、自然災害や大きな事故が発生しました。私の出身地や以前お世話になった地域でも、被害が出ています。被災された方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

一方、世界に目を向けると、政情不安で紛争が続く地域もあります。

広告の下にコンテンツが続きます

スポーツができるのは、社会の安定が必要不可欠と私は思います。今年は五輪イヤーですが、前回の夏季五輪で嫌というほど実感しました。

日本では思ってもみない2024年のスタートとなりましたが、これ以上、不安に陥ることなく、社会の安定を願います。その中でスポーツ、とりわけ陸上競技からできるだけ多くの人が感動するシーンが次々と生まれてほしいですね。

井上 敦(いのうえ あつし)
1978年8月生まれ。新潟市江南区出身。横越中→新潟明訓高→某大学(陸上では有名だが、陸上部に入っていないので匿名)。月刊陸上競技編集部には2015年6月中旬から在籍。中学で陸上部に入部して最初は100mを始めたものの、夏には400mに転向する。結果的には中学3年間で県大会に進めなかった。しかし、3年秋の駅伝で区間賞獲得やチームの県大会出場をきっかけにまたまた転向を決意。高校は中距離をメインに、2年の県新人戦1500mで6位に入ったのが最高成績だった。

過去の編集部コラムはこちら

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第229回「駅伝コースの歴史を知る(井上 敦)

2024年がスタートしました。夏にはパリ五輪が行われます。今年も月刊陸上競技、月陸Onlineをよろしくお願いします。 元日のニューイヤー駅伝ではトヨタ自動車が圧巻の優勝。1月2日、3日の箱根駅伝では青学大が大会新記録で圧勝しました。 3区(21.4km)で青学大・太田蒼生選手がマークした59分47秒は驚きました。ハーフマラソン(21.0975km)換算では58分56~57秒(正確には58分56秒30)で、世界歴代43位タイ~45位タイ相当。下り基調とはいえ、10kmの通過が27分26秒というのはビックリしました。 さて、とんでもないタイムといえば、年末の全国高校駅伝でも、51年ぶりに区間記録が更新されました。男子5区(3㎞)で佐久長聖(長野)の佐々木哲選手(2年)が8分14秒をマーク。1972年(第23回大会)に小出(新潟)の浅井利雄さんが持っていた区間最高記録(8分22秒)を8秒更新しました。 半世紀以上もの間、残っていた区間記録。高校生の競技力が高まり、シューズなどギアも進化するなかで、なぜ残っていたか。 そもそも、浅井さんが走っていた当時のコースと、現在のコースは違います。現在のコースは1982年(第33回大会)から。京都御所南側の丸太町通や西側の烏丸通を走りますが、51年前は北山通。現在の京都府立植物園前を走っていました。 当時は西京極発着は変わらないものの、一度桂方面へ西進し、折り返したのち、西大路、北大路を経て堀川通を北上(現在は南下)。現在の京都ノートルダム女子大前を通り、高野橋を渡って京都国際会館に向かっていました。 全国高校駅伝は1966年の男子第17回大会から京都で行われていますが、このように何度かコースが変わっています。しかし、コースが異なっていても、大会主催者は区間最高記録として残してきました。 現在の5区は、丸太町通こそ平坦ですが、中継所から約700m西進して烏丸丸太町の交差点から烏丸通を北上する残り2.3kmは上りっぱなし。標高差で約20mあります。 3000mで8分を切る選手や、5000mを13分台が1年間に40人ぐらい走る時代になりましたが、なかなか破られなかったのは、コース設定もあるのかと思われます。 そんな、難コースを攻略した佐々木選手は5000m14分03秒51の自己記録を持ち、インターハイ3000m障害では8位にも入っています。そのぐらいの走力がないとなかなか難しいかもしれません。 ただ、2024年からは、外国人留学生が男女ともに3km区間に限定されます。男子は2区かこの5区のどちらかになり、ひょっとしたら、佐々木選手の区間記録も1年で更新されるかもしれません。もちろん、区間記録更新云々だけでなく、レース展開も女子を含めて、変わることになるでしょう。 1区も現コースに変わる前の区間記録が長らく残っていました。1975年(第26回大会)に鶴崎工(大分)の西村義弘さんが出した29分29秒は、1994年(第45回大会)の仙台育英(宮城)・ダニエル・ジェンガさんが28分57秒をマークするまで、19年間更新されませんでした。 現コースは2km過ぎから7km過ぎまでの5kmは標高で70m上ります。残り3kmで30m近く下りますが、なかなか記録の出にくいコースです。 そうやって今走っている選手だけでなく、選手の背景はもちろん、大会そのものや歴史を知り、興味を持ってほしいと思います。先日100回大会を迎えた箱根駅伝がその代表例かもしれません。文化として根付いていくことで、競技の普及や認知度が高まることにつながるでしょう。 最後に。新年早々、自然災害や大きな事故が発生しました。私の出身地や以前お世話になった地域でも、被害が出ています。被災された方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。 一方、世界に目を向けると、政情不安で紛争が続く地域もあります。 スポーツができるのは、社会の安定が必要不可欠と私は思います。今年は五輪イヤーですが、前回の夏季五輪で嫌というほど実感しました。 日本では思ってもみない2024年のスタートとなりましたが、これ以上、不安に陥ることなく、社会の安定を願います。その中でスポーツ、とりわけ陸上競技からできるだけ多くの人が感動するシーンが次々と生まれてほしいですね。
井上 敦(いのうえ あつし) 1978年8月生まれ。新潟市江南区出身。横越中→新潟明訓高→某大学(陸上では有名だが、陸上部に入っていないので匿名)。月刊陸上競技編集部には2015年6月中旬から在籍。中学で陸上部に入部して最初は100mを始めたものの、夏には400mに転向する。結果的には中学3年間で県大会に進めなかった。しかし、3年秋の駅伝で区間賞獲得やチームの県大会出場をきっかけにまたまた転向を決意。高校は中距離をメインに、2年の県新人戦1500mで6位に入ったのが最高成績だった。
過去の編集部コラムはこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top