HOME 箱根駅伝

2023.12.12

駒大・藤田監督「負けるつもりはない」青学大・原監督「30秒以内で常にプレッシャーを」指揮官たちの第100回大会「前哨戦」/箱根駅伝トークバトル
駒大・藤田監督「負けるつもりはない」青学大・原監督「30秒以内で常にプレッシャーを」指揮官たちの第100回大会「前哨戦」/箱根駅伝トークバトル

第100回箱根駅伝トークバトルで舌戦を繰り広げた前回大会上位5校の指揮官

「第100回箱根駅伝トークバトル」が12月11日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで4年ぶりとなる有観客で行われた。

前回の優勝校でトークバトル初登場となる駒大・藤田敦史監督、前回2位の中大・藤原正和駅伝監督、同3位の青学大・原晋監督、同4位の國學院大・前田康弘監督、同5位の順大・長門俊介駅伝監督が出席しコーディネーター役を関東学生陸上競技連盟・上田誠仁駅伝対策委員長(山梨学院大学顧問)が務めた。

広告の下にコンテンツが続きます

各指揮官は、第100回大会の展望や秘策、出雲駅伝と全日本大学駅伝を終えての手応えなどを展開。本大会への意気込みを熱く、ユーモアを交えながらの〝舌戦〟を繰り広げた。

最初のテーマは、「理想の監督像」。上田委員長は「監督とは、オーケストラの作曲家でもあり、調律師でもあり、指揮者でもある。いろいろな楽器のような個性ある選手たちを調律したりリズムを取ったりして、芸術的な素晴らしい演奏をする役目を担っている」と表現したが、藤田監督は自身の恩師でもある大八木弘明前監督の名を挙げ、「熱量、情熱がすべてを突き動かした」と話した。同じく駒大OBの前田監督は、「心は熱くパッションを燃やして、選手の心に響く発言力が必要」とした上で、「それだけではダメで、冷静に考える頭や聞く力が求められる」と語った。

トークバトル恒例の「ズバリ!今大会の目標順位は?」という質問では、各監督が往路、復路、総合の目標順位をそれぞれ手元のフリップに以下のように記入した。

駒大・藤田監督「(往路)優勝 (復路)優勝 (総合)優勝」
中大・藤原監督「(往路)1~2位 (復路)1~2位 (総合)優勝」
青学大・原監督「(往路)優勝 (復路)優勝 (総合)優勝」
國學院大・前田監督「(往路)3位以内 (復路)3位以内 (総合)3位以内」
順大・長門監督「(往路)7~8位 (復路) (総合)5位」

広告の下にコンテンツが続きます

前回の3位までの監督がそれぞれ力強く総合優勝を目標に掲げた。藤田監督が「今年度のチーム目標は2年連続3冠ですが、3冠を達成した昨年度のチームへの挑戦というテーマも掲げて挑んでいます」と語れば、藤原監督も「今回は絶対にもつれる。もつれさせる自信が現時点ではあります」と応戦。恒例となった青学大の作戦名を「負けてたまるか大作戦」と発表した原監督は、「挽回するのは非常に難しいので、往路から先頭に立ってレースをしたい」と打倒・駒大に闘志を燃やした。

続けて、この日エントリーされた各校のエントリーメンバー16名を見ていった。各校が概ね順当に主力選手を登録し、指揮官たちは「○○選手は何区?」「○○君は2区だと思うけど、どうですか?」といった腹を探り合うような駆け引きが会場を盛り上げた。

続いてのテーマは、「駒澤にどうやって勝つ!?」と、出雲駅伝と全日本大学駅伝を快勝し、史上初の2年連続3冠が懸かる駒大を軸にトークが展開された。駒大対策として、藤原監督は「箱根の距離」、原監督は「30秒以内でレース」、前田監督は「追う心理」、長門監督は「混戦」と記載。

原監督は「10000m27分台ランナーが3人いて、山もいる。前回の箱根からブレーキがなく、隙がない。そうは言っても同じ学生ランナーが戦う大会。30秒以内で常にプレッシャーをかけながらレースを進めていく」ことで勝機をつかもうと考えている。しかし、藤田監督も「今は大八木総監督と2人体制でまた強くしていますので、負けるつもりはないです」ときっぱり言い切った。

広告の下にコンテンツが続きます

「他校のこの選手が気になる!」というテーマでは、長門監督が「4代目 山の神!?」と個人名を挙げなかった一方で、前田監督は駒大の佐藤圭汰(2年)、原監督は創価大の吉田響(3年)、藤原監督と藤田監督はともに東農大の前田和摩(1年)を挙げ、それぞれの選手の魅力や将来への期待を述べた。

最後に各監督が今大会に向けた意気込みを力強く語り、トークバトルが終了した。

第100回箱根駅伝は来年1月2日に往路、3日に復路が行われる。12月29日に区間エントリー10人が発表され、往路、復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。

文/小野哲史

広告の下にコンテンツが続きます
「第100回箱根駅伝トークバトル」が12月11日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで4年ぶりとなる有観客で行われた。 前回の優勝校でトークバトル初登場となる駒大・藤田敦史監督、前回2位の中大・藤原正和駅伝監督、同3位の青学大・原晋監督、同4位の國學院大・前田康弘監督、同5位の順大・長門俊介駅伝監督が出席しコーディネーター役を関東学生陸上競技連盟・上田誠仁駅伝対策委員長(山梨学院大学顧問)が務めた。 各指揮官は、第100回大会の展望や秘策、出雲駅伝と全日本大学駅伝を終えての手応えなどを展開。本大会への意気込みを熱く、ユーモアを交えながらの〝舌戦〟を繰り広げた。 最初のテーマは、「理想の監督像」。上田委員長は「監督とは、オーケストラの作曲家でもあり、調律師でもあり、指揮者でもある。いろいろな楽器のような個性ある選手たちを調律したりリズムを取ったりして、芸術的な素晴らしい演奏をする役目を担っている」と表現したが、藤田監督は自身の恩師でもある大八木弘明前監督の名を挙げ、「熱量、情熱がすべてを突き動かした」と話した。同じく駒大OBの前田監督は、「心は熱くパッションを燃やして、選手の心に響く発言力が必要」とした上で、「それだけではダメで、冷静に考える頭や聞く力が求められる」と語った。 トークバトル恒例の「ズバリ!今大会の目標順位は?」という質問では、各監督が往路、復路、総合の目標順位をそれぞれ手元のフリップに以下のように記入した。 駒大・藤田監督「(往路)優勝 (復路)優勝 (総合)優勝」 中大・藤原監督「(往路)1~2位 (復路)1~2位 (総合)優勝」 青学大・原監督「(往路)優勝 (復路)優勝 (総合)優勝」 國學院大・前田監督「(往路)3位以内 (復路)3位以内 (総合)3位以内」 順大・長門監督「(往路)7~8位 (復路) (総合)5位」 前回の3位までの監督がそれぞれ力強く総合優勝を目標に掲げた。藤田監督が「今年度のチーム目標は2年連続3冠ですが、3冠を達成した昨年度のチームへの挑戦というテーマも掲げて挑んでいます」と語れば、藤原監督も「今回は絶対にもつれる。もつれさせる自信が現時点ではあります」と応戦。恒例となった青学大の作戦名を「負けてたまるか大作戦」と発表した原監督は、「挽回するのは非常に難しいので、往路から先頭に立ってレースをしたい」と打倒・駒大に闘志を燃やした。 続けて、この日エントリーされた各校のエントリーメンバー16名を見ていった。各校が概ね順当に主力選手を登録し、指揮官たちは「○○選手は何区?」「○○君は2区だと思うけど、どうですか?」といった腹を探り合うような駆け引きが会場を盛り上げた。 続いてのテーマは、「駒澤にどうやって勝つ!?」と、出雲駅伝と全日本大学駅伝を快勝し、史上初の2年連続3冠が懸かる駒大を軸にトークが展開された。駒大対策として、藤原監督は「箱根の距離」、原監督は「30秒以内でレース」、前田監督は「追う心理」、長門監督は「混戦」と記載。 原監督は「10000m27分台ランナーが3人いて、山もいる。前回の箱根からブレーキがなく、隙がない。そうは言っても同じ学生ランナーが戦う大会。30秒以内で常にプレッシャーをかけながらレースを進めていく」ことで勝機をつかもうと考えている。しかし、藤田監督も「今は大八木総監督と2人体制でまた強くしていますので、負けるつもりはないです」ときっぱり言い切った。 「他校のこの選手が気になる!」というテーマでは、長門監督が「4代目 山の神!?」と個人名を挙げなかった一方で、前田監督は駒大の佐藤圭汰(2年)、原監督は創価大の吉田響(3年)、藤原監督と藤田監督はともに東農大の前田和摩(1年)を挙げ、それぞれの選手の魅力や将来への期待を述べた。 最後に各監督が今大会に向けた意気込みを力強く語り、トークバトルが終了した。 第100回箱根駅伝は来年1月2日に往路、3日に復路が行われる。12月29日に区間エントリー10人が発表され、往路、復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top