HOME 大学

2023.11.19

立教大ルーキー小川陽香が初1万mで32分29秒14!世界大学クロカン代表に内定/10000m記録挑戦競技会
立教大ルーキー小川陽香が初1万mで32分29秒14!世界大学クロカン代表に内定/10000m記録挑戦競技会

23年10000m記録挑戦競技会での小川陽香(立教大)

◇10000m記録挑戦競技会(11月19日/東京・国立競技場)

関東学連主催の10000m記録挑戦競技会が11月19日、国立競技場で行われ、併催で行われた女子世界大学クロスカントリー選手権選考会10000mでは、立教大のルーキー・小川陽香が32分29秒14で制した。

広告の下にコンテンツが続きます

「初めての10000mだったので、経験豊富な先輩方に少しでも食らいついていこうと思っていました。32分30秒が目標だったので、達成できてうれしいです」と笑顔を見せた。

レースは立命大の村松灯(3年)が序盤から積極的に引っ張り、5000mを16分22秒で通過。6400m付近で大阪学大の永長里緒(3年)が先頭に出てペースが上がると、先頭争いは永長、村松、小川の3人に絞られる。

終始3番手につけていた小川は「ずっと後ろにつかせてもらって体力を温存できたので、チャレンジしてみよう」と、残り2週でロングスパート。これに永長と村松がついていけず、そのまま逃げ切った。

埼玉・草加中時代は全中800mと1500mで2位。東京・順天高では3000m05秒05秒46をマークし、全国高校駅伝では1区7位など、大学入学前から全国区で活躍。立教大では基本的に先輩が立てるメニューに取り組んでいるが、「週3日は自分でメニューを考えて、ジョグの距離を延ばすようにしてきた」という。

広告の下にコンテンツが続きます

次は12月上旬の日体大長距離競技会の5000mに出場予定。「チームとして富士山女子駅伝出場を目指しているので、出場資格を得るためにも少しでもタイムを上げていきたい」と意気込む。

2位は永長で32分31秒86、3位には村松が32分33秒24で入り、ここまでの上位3選手が来年2月にマスカット(オマーン)で開催される世界大学クロスカントリー選手権の代表に内定した。

◇10000m記録挑戦競技会(11月19日/東京・国立競技場) 関東学連主催の10000m記録挑戦競技会が11月19日、国立競技場で行われ、併催で行われた女子世界大学クロスカントリー選手権選考会10000mでは、立教大のルーキー・小川陽香が32分29秒14で制した。 「初めての10000mだったので、経験豊富な先輩方に少しでも食らいついていこうと思っていました。32分30秒が目標だったので、達成できてうれしいです」と笑顔を見せた。 レースは立命大の村松灯(3年)が序盤から積極的に引っ張り、5000mを16分22秒で通過。6400m付近で大阪学大の永長里緒(3年)が先頭に出てペースが上がると、先頭争いは永長、村松、小川の3人に絞られる。 終始3番手につけていた小川は「ずっと後ろにつかせてもらって体力を温存できたので、チャレンジしてみよう」と、残り2週でロングスパート。これに永長と村松がついていけず、そのまま逃げ切った。 埼玉・草加中時代は全中800mと1500mで2位。東京・順天高では3000m05秒05秒46をマークし、全国高校駅伝では1区7位など、大学入学前から全国区で活躍。立教大では基本的に先輩が立てるメニューに取り組んでいるが、「週3日は自分でメニューを考えて、ジョグの距離を延ばすようにしてきた」という。 次は12月上旬の日体大長距離競技会の5000mに出場予定。「チームとして富士山女子駅伝出場を目指しているので、出場資格を得るためにも少しでもタイムを上げていきたい」と意気込む。 2位は永長で32分31秒86、3位には村松が32分33秒24で入り、ここまでの上位3選手が来年2月にマスカット(オマーン)で開催される世界大学クロスカントリー選手権の代表に内定した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エルバッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top