HOME 高校

2023.11.19

佐久長聖が県大会から5人入れ替えて2時間4分16秒 女子は長野東が大会最高記録 帝京長岡が初の都大路/北信越高校駅伝

北信越高校駅伝は11月19日、富山県富山市の県総合運動公園陸上競技場発着駅伝コースで行われ、男子(7区間42.195km)は、佐久長聖(長野)が2時間4分16秒で25大会連続25回目の優勝を果たした。女子(5区間21.0975㎞)は長野東(長野)が大会最高記録の1時間9分52秒で15大会連続15回目で制覇。1時間14分02秒で4位に入った帝京長岡(新潟)が、全国高校駅伝(12月24日/京都)の地区代表として初の都大路出場権を獲得した。

長野県大会で、都道府県大会最速タイム(2時間3分27秒)をマークしている男子の佐久長聖は、1区(10km)で5000m高2歴代最高記録(13分38秒40)を持つ濵口大和(2年)が快走。29分35秒と2位に1分05秒差をつける区間賞で、早くも独走態勢を築いた。

3区(8.1075km)では、北海道インターハイ3000m障害8位の佐々木哲(2年)が23分43秒で駆け抜け、後続との差を2分46秒まで拡大。最終7区(5km)では、長野県大会3区を23分33秒の区間新で駆け抜けた山口竣平(3年)が14分19秒で駆け抜けた。

3000m障害の高校記録保持者、永原颯磨(3年)や、北海道インターハイ3000m障害3位の遠藤大成(3年)、昨年都大路を経験している篠和真(2年)らを温存。長野県大会から5人を変えたオーダーで臨んだが、オール区間賞で層の厚さを見せた。

2位は、新潟県大会2位だった中越が2時間9分58秒で入り、中盤まで中越と激戦を繰り広げた鯖江(福井)が2時間11分11秒で3位だった。

長野東は、1区(6km)に昨年の都大路優勝メンバーで主将の名和夏乃子(3年)を起用。県大会を欠場して復帰レースとなった名和は、新潟明訓(新潟)の橋本和叶(2年)と競り合う展開となったものの、終盤でスパート。4秒差をつける19分43秒でトップ中継した。

さらに、2区・田畑陽菜(1年)が2位との差を36秒まで広げると、3区・真柴愛里(1年)が後続をさらに引き離し、リードは1分23秒に。4区・下嶋優菜(3年)も圧巻の走りで、1分55秒まで拡大した。アンカーに入った北海道インターハイ3000m10位の窪田舞(2年)がしっかり区間賞でまとめ、1位でフィニッシュ。佐久長聖と同じくオール区間賞の完全優勝だった。

次いで、新潟明訓が1時間12分07秒で2位。鯖江(福井)が1時間13分22秒で3位に入った。

北信越代表争いは新潟2位の帝京長岡が中盤から先行。1区こそ、長野3位の松本深志に2秒リードされたが、2区・相浦小姫(3年)が逆転して、地区代表1番手に浮上した。その後、後続をじわじわと引き離し、5区・ミリアム・チェップキルイー(1年)まで順位を守った。県大会から北海道インターハイ1500m5位のパウリン・ワンジク(1年)ら2人を入れ替えたが、上位をキープ。うれしい全国切符を手にした。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場。地区代表は、地区高校駅伝で都道府県大会1位校を除いた最上位校となる。

北信越高校駅伝は11月19日、富山県富山市の県総合運動公園陸上競技場発着駅伝コースで行われ、男子(7区間42.195km)は、佐久長聖(長野)が2時間4分16秒で25大会連続25回目の優勝を果たした。女子(5区間21.0975㎞)は長野東(長野)が大会最高記録の1時間9分52秒で15大会連続15回目で制覇。1時間14分02秒で4位に入った帝京長岡(新潟)が、全国高校駅伝(12月24日/京都)の地区代表として初の都大路出場権を獲得した。 長野県大会で、都道府県大会最速タイム(2時間3分27秒)をマークしている男子の佐久長聖は、1区(10km)で5000m高2歴代最高記録(13分38秒40)を持つ濵口大和(2年)が快走。29分35秒と2位に1分05秒差をつける区間賞で、早くも独走態勢を築いた。 3区(8.1075km)では、北海道インターハイ3000m障害8位の佐々木哲(2年)が23分43秒で駆け抜け、後続との差を2分46秒まで拡大。最終7区(5km)では、長野県大会3区を23分33秒の区間新で駆け抜けた山口竣平(3年)が14分19秒で駆け抜けた。 3000m障害の高校記録保持者、永原颯磨(3年)や、北海道インターハイ3000m障害3位の遠藤大成(3年)、昨年都大路を経験している篠和真(2年)らを温存。長野県大会から5人を変えたオーダーで臨んだが、オール区間賞で層の厚さを見せた。 2位は、新潟県大会2位だった中越が2時間9分58秒で入り、中盤まで中越と激戦を繰り広げた鯖江(福井)が2時間11分11秒で3位だった。 長野東は、1区(6km)に昨年の都大路優勝メンバーで主将の名和夏乃子(3年)を起用。県大会を欠場して復帰レースとなった名和は、新潟明訓(新潟)の橋本和叶(2年)と競り合う展開となったものの、終盤でスパート。4秒差をつける19分43秒でトップ中継した。 さらに、2区・田畑陽菜(1年)が2位との差を36秒まで広げると、3区・真柴愛里(1年)が後続をさらに引き離し、リードは1分23秒に。4区・下嶋優菜(3年)も圧巻の走りで、1分55秒まで拡大した。アンカーに入った北海道インターハイ3000m10位の窪田舞(2年)がしっかり区間賞でまとめ、1位でフィニッシュ。佐久長聖と同じくオール区間賞の完全優勝だった。 次いで、新潟明訓が1時間12分07秒で2位。鯖江(福井)が1時間13分22秒で3位に入った。 北信越代表争いは新潟2位の帝京長岡が中盤から先行。1区こそ、長野3位の松本深志に2秒リードされたが、2区・相浦小姫(3年)が逆転して、地区代表1番手に浮上した。その後、後続をじわじわと引き離し、5区・ミリアム・チェップキルイー(1年)まで順位を守った。県大会から北海道インターハイ1500m5位のパウリン・ワンジク(1年)ら2人を入れ替えたが、上位をキープ。うれしい全国切符を手にした。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場。地区代表は、地区高校駅伝で都道府県大会1位校を除いた最上位校となる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top