HOME 国内

2023.10.07

日本選手権リレーがいよいよ開催!国立競技場を舞台にバトンでつながる2日間
日本選手権リレーがいよいよ開催!国立競技場を舞台にバトンでつながる2日間

昨年に続き、日本選手権リレーは国立競技場で開催される

リレーの日本一を決める第107回日本選手権リレーが10月7日と8日の2日間、東京の国立競技場で行われる。

実施されるのは男女の4×100mリレーと4×400mリレーの4種目。いずれも先月の日本インカレで活躍した学生が中心となるが、インターハイで上位に入った高校生チームも負けじと大学生に挑む。

男子4×400mリレーには日本インカレを制した東洋大、連覇を狙う早大、5月の関東インカレ優勝の筑波大が激突。男子4×100mリレーも早大、慶大、関大などが優勝争いを演じそう。

記録の面で期待が膨らんでいるのが女子4×100mリレーの甲南大だ。9月の日本インカレでは2年前に福岡大が樹立した学生記録(44秒51)まで0.01秒と迫る44秒52をマーク。日本インカレでは個人種目をこなしながらのレースだっただけに、フレッシュな状態で臨める今大会では記録更新の絶好のチャンスとなる。

大会には中島佑気ジョセフ(東洋大)や今泉堅貴(筑波大)、豊田兼(慶大)、西裕大(早大)、山本亜美(立命大)など、この夏に国際大会で活躍した選手らもエントリー。個人種目とは違い、チームで走るリレーでどのような走りをするかにも注目が集まる。

また、日本選手権リレーとの併催として今年もリレーフェスティバル(リレフェス)が開催。同大会は誰でも気軽に参加できるリレーイベントとして昨年からスタートし、都道府県対抗でU16の4×100mリレーをはじめ、非公認種目など全16種目のリレーが一般市民も参加して賑やかな雰囲気の中で行われる。

大会の模様は連日、日本陸連のYouTubeチャンネルでライブ配信される。

ライブ配信(1日目)

ライブ配信(2日目)

リレーの日本一を決める第107回日本選手権リレーが10月7日と8日の2日間、東京の国立競技場で行われる。 実施されるのは男女の4×100mリレーと4×400mリレーの4種目。いずれも先月の日本インカレで活躍した学生が中心となるが、インターハイで上位に入った高校生チームも負けじと大学生に挑む。 男子4×400mリレーには日本インカレを制した東洋大、連覇を狙う早大、5月の関東インカレ優勝の筑波大が激突。男子4×100mリレーも早大、慶大、関大などが優勝争いを演じそう。 記録の面で期待が膨らんでいるのが女子4×100mリレーの甲南大だ。9月の日本インカレでは2年前に福岡大が樹立した学生記録(44秒51)まで0.01秒と迫る44秒52をマーク。日本インカレでは個人種目をこなしながらのレースだっただけに、フレッシュな状態で臨める今大会では記録更新の絶好のチャンスとなる。 大会には中島佑気ジョセフ(東洋大)や今泉堅貴(筑波大)、豊田兼(慶大)、西裕大(早大)、山本亜美(立命大)など、この夏に国際大会で活躍した選手らもエントリー。個人種目とは違い、チームで走るリレーでどのような走りをするかにも注目が集まる。 また、日本選手権リレーとの併催として今年もリレーフェスティバル(リレフェス)が開催。同大会は誰でも気軽に参加できるリレーイベントとして昨年からスタートし、都道府県対抗でU16の4×100mリレーをはじめ、非公認種目など全16種目のリレーが一般市民も参加して賑やかな雰囲気の中で行われる。 大会の模様は連日、日本陸連のYouTubeチャンネルでライブ配信される。 ライブ配信(1日目) ライブ配信(2日目)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top