HOME 国内、特集、日本代表
【高平慎士の視点】謝震業の地元V、10代の躍進にアジアのレベルアップ実感 桐生と小池には4継での雪辱を期待/アジア大会
【高平慎士の視点】謝震業の地元V、10代の躍進にアジアのレベルアップ実感 桐生と小池には4継での雪辱を期待/アジア大会

謝震業(中国、左)と桐生祥秀(日本生命)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の2日目午後セッションに行われた男子100m。日本の桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴(住友電工)はいずれも準決勝敗退となり、決勝は地元・中国の謝震業が追い風参考ながら9秒97(+2.4)で金メダルに輝いた。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

まずは決勝について、謝震業(中国)が、重圧のある中で強さを見せました。8月のブダペスト世界陸上よりも、地元開催のアジア大会にピークを持ってきていたようで、予選からしっかり作ってきたなという印象を持っていました。

日本の鵜澤飛羽選手(筑波大)のように、上体を揺さぶって脚を回転させていくタイプで、アジア記録(19秒88)を保持する200mでより強さを発揮する選手でした。この大会は100mに絞って仕上げてきていますが、このまま100mにシフトしてくるのか、それともこのスピードを200mに生かすのか。

100mであれば日本の選手たちと五輪のファイナルを争う1人になるでしょう。200mであれば、よりファイナルが現実的な水準まで持ってくるのでは、と感じました。

そんな謝震業選手ですが、予選を見た段階ではもう少し圧倒的な優勝になるかと思っていました。準決勝、決勝ではレースの流れをうまく作れなかったようにも感じましたが、むしろ2位のプリポル・ブーンソン選手(タイ)の驚異的な走りがそう見せたのかもしれません。

ブダペスト世界選手権で100m銀、200m銅メダルを獲得したレツィレ・テボゴ選手(ボツワナ)の“アジア版”のような選手。昨年に100m10秒09、200m20秒19と2種目でU18アジア新記録を樹立しています。U20世界選手権100mでも4位に入りました。

まだ17歳ながら準決勝で自己新の10秒06(+1.4)をマークし、決勝は追い風参考ながら10秒02で銀メダルというのは驚きです。10秒11で銅メダルだったムハンマド・アズィーム・ビン・モード・ファウミ選手(マレーシア)も19歳。アジアのレベルアップをリアルに感じます。

タイも、マレーシアも、ここから先の育成をどこまで進められるかという課題はあるかもしれません。ただ、それがうまくいった時には、日本勢も含むアジアのスプリントはさらに世界に近づいていくのではないでしょうか。

日本もそうですが、アジア各国はこのアジア大会を重視してきました。コロナ禍の影響でイレギュラーな開催(1年延期)だったこと、また世界陸連が設定した大会カテゴリーではアジア選手権が上にあることから、今年の日本は種目によってトップ選手が回避するかたちとなりました。

ただ、代表になった桐生祥秀選手、小池祐貴選手は日本スプリントの中心選手として、少なくともファイナルに残るという役割を果たしてほしかったと感じました。

桐生選手はケガ明けからの急仕上げ、小池選手はアメリカに拠点を変えてコーチとの感覚を擦り合わせている段階。それぞれ、この大会に臨む過程に難しさはあったと思います。それでも、代表選手たちは、その後ろには選考されたなかった選手たちがいるということへの責任があります。

桐生選手は昨年の休養を経て、再スタートの1年でした。その中で5月の木南記念予選で10秒03をマークするなど、一定の成果を残したシーズンにはできたのではないでしょうか。あとは、桐生選手の持ち味である爆発力を狙ったレースで発揮できるか、またラウンドをこなす体力を取り戻せるか。10秒03を再現できるようであれば、五輪イヤーが楽しみです。

小池選手も、本来であればスタートで予選、準決勝と2本続けて失敗することは考えられません。ただ、やりたいことと、自身の感覚を冷静に見極められる選手。この冬季でそれができれば、来年もしっかりと代表争いに絡んでくるでしょう。

明日には4×100mリレー予選が控えています。日本の4継を牽引してきた2人には、もう一仕事を期待したいですね。

◎高平慎士(たかひら・しんじ)
富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の2日目午後セッションに行われた男子100m。日本の桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴(住友電工)はいずれも準決勝敗退となり、決勝は地元・中国の謝震業が追い風参考ながら9秒97(+2.4)で金メダルに輝いた。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ まずは決勝について、謝震業(中国)が、重圧のある中で強さを見せました。8月のブダペスト世界陸上よりも、地元開催のアジア大会にピークを持ってきていたようで、予選からしっかり作ってきたなという印象を持っていました。 日本の鵜澤飛羽選手(筑波大)のように、上体を揺さぶって脚を回転させていくタイプで、アジア記録(19秒88)を保持する200mでより強さを発揮する選手でした。この大会は100mに絞って仕上げてきていますが、このまま100mにシフトしてくるのか、それともこのスピードを200mに生かすのか。 100mであれば日本の選手たちと五輪のファイナルを争う1人になるでしょう。200mであれば、よりファイナルが現実的な水準まで持ってくるのでは、と感じました。 そんな謝震業選手ですが、予選を見た段階ではもう少し圧倒的な優勝になるかと思っていました。準決勝、決勝ではレースの流れをうまく作れなかったようにも感じましたが、むしろ2位のプリポル・ブーンソン選手(タイ)の驚異的な走りがそう見せたのかもしれません。 ブダペスト世界選手権で100m銀、200m銅メダルを獲得したレツィレ・テボゴ選手(ボツワナ)の“アジア版”のような選手。昨年に100m10秒09、200m20秒19と2種目でU18アジア新記録を樹立しています。U20世界選手権100mでも4位に入りました。 まだ17歳ながら準決勝で自己新の10秒06(+1.4)をマークし、決勝は追い風参考ながら10秒02で銀メダルというのは驚きです。10秒11で銅メダルだったムハンマド・アズィーム・ビン・モード・ファウミ選手(マレーシア)も19歳。アジアのレベルアップをリアルに感じます。 タイも、マレーシアも、ここから先の育成をどこまで進められるかという課題はあるかもしれません。ただ、それがうまくいった時には、日本勢も含むアジアのスプリントはさらに世界に近づいていくのではないでしょうか。 日本もそうですが、アジア各国はこのアジア大会を重視してきました。コロナ禍の影響でイレギュラーな開催(1年延期)だったこと、また世界陸連が設定した大会カテゴリーではアジア選手権が上にあることから、今年の日本は種目によってトップ選手が回避するかたちとなりました。 ただ、代表になった桐生祥秀選手、小池祐貴選手は日本スプリントの中心選手として、少なくともファイナルに残るという役割を果たしてほしかったと感じました。 桐生選手はケガ明けからの急仕上げ、小池選手はアメリカに拠点を変えてコーチとの感覚を擦り合わせている段階。それぞれ、この大会に臨む過程に難しさはあったと思います。それでも、代表選手たちは、その後ろには選考されたなかった選手たちがいるということへの責任があります。 桐生選手は昨年の休養を経て、再スタートの1年でした。その中で5月の木南記念予選で10秒03をマークするなど、一定の成果を残したシーズンにはできたのではないでしょうか。あとは、桐生選手の持ち味である爆発力を狙ったレースで発揮できるか、またラウンドをこなす体力を取り戻せるか。10秒03を再現できるようであれば、五輪イヤーが楽しみです。 小池選手も、本来であればスタートで予選、準決勝と2本続けて失敗することは考えられません。ただ、やりたいことと、自身の感覚を冷静に見極められる選手。この冬季でそれができれば、来年もしっかりと代表争いに絡んでくるでしょう。 明日には4×100mリレー予選が控えています。日本の4継を牽引してきた2人には、もう一仕事を期待したいですね。 ◎高平慎士(たかひら・しんじ) 富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

NEWS マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

2024.06.19

マイケル・ジョンソン氏主催「グランドスラム・トラック」の詳細が発表! 1年間4試合のリーグ戦 賞金総額20億円のビッグイベント!

陸上界のレジェンドとして1990年代から2000年代に活躍したマイケル・ジョンソン氏(米国)の主催する陸上リーグの詳細が6月19日に発表された。「グランドスラム・トラック」と銘打たれ、25年に開始される予定となっている。 […]

NEWS 女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

女子三段跳・森本麻里子が13m37w 右足首のケガから復帰戦は9位/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、森本麻里子(オリコ)が13m37(+2.5)で9位に入った。 昨年のブダペスト世界選手権代表の森本 […]

NEWS ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

2024.06.19

ジェイコブスが100m9秒92のサードベスト! やり投チョプラ85m97、110mHマクレオド13秒25でV/WAコンチネンタルツアー

6月18日、フィンランド・トゥルクで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのパーヴォ・ヌルミ・ゲームズが開催され、男子100mでは東京五輪金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が9秒92(+1.5)で優勝した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top