HOME 国内、五輪

2023.09.20

パリ五輪の代表選考基準発表!田中希実、廣中璃梨佳は11月以降、その他ブダペスト世界陸上入賞者は来年の標準突破で即時内定
パリ五輪の代表選考基準発表!田中希実、廣中璃梨佳は11月以降、その他ブダペスト世界陸上入賞者は来年の標準突破で即時内定

23年世界選手権で入賞を果たしている田中希実と泉谷駿介

日本陸連は20日に理事会を開き、来年開催されるパリ五輪(8月1日~10日)のトラック&フィールド種目の代表選考要項が承認されたことを受けて、あわせて公表した。

陸連は五輪を来年の最重要競技会として位置づけ、「メダル獲得および入賞を目指す競技者を1人でも多く派遣できるよう選手団を編成する」という方針の下に要項を定めた。

内定条件は3つのケースあり、1つはブダペスト世界選手権3位以内の日本人最上位選手で、参加資格有効期間内に、ワールドランキング対象競技会において参加標準記録を満たした選手となり、ブダペスト世界選手権女子やり投で優勝した北口榛花(JAL)がすでに代表に内定している。

さらに、世界選手権の日本人最上位入賞者は24年1月1日から(5000m、10000mは23年11月1日から)、24年6月30日までに参加標準すれば即時内定となる。この条件に該当する選手は男子100mのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、同110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、同3000m障害の三浦龍司(順大)、同走高跳の赤松諒一(アワーズ)、女子5000mの田中希実(New Balance)、同10000mの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)の6名。

また、来年の日本選手権で優勝し、参加標準記録を突破した選手も代表に内定する。なお、10000mについては今年12月の第107回日本選手権と来年春の第108回日本選手権の2大会が対象となっている。

その他の選手選考は参加標準記録の突破、またはワールドランキングで各種目の出場枠目安となるターゲットナンバー内に入った選手が、日本選手権の成績を重視して選考されることになり、今年のブダペスト世界選手権の選考基準をほぼ踏襲したかたちとなった。

ただし、資格有効期限終了後に世界陸連(WA)から実施される追加招集については新たな制限を設けるとしている。

五輪は陸上の世界選手権とは異なり、派遣団体であるJOCにより派遣選手が決められることから、派遣人数枠に制限がある場合、参加資格を獲得した選手であっても代表に選ばれない可能性があることも明記された。

山崎一彦強化委員長は「東京五輪までは参加選手を1人でも多くという方針だったが、が、そこから脱却してパリ五輪ではメダルや入賞が期待できる選手を1人でも多くという方向に変更した」と、選考方針を一歩進んだものにしたと説明した。

日本陸連は20日に理事会を開き、来年開催されるパリ五輪(8月1日~10日)のトラック&フィールド種目の代表選考要項が承認されたことを受けて、あわせて公表した。 陸連は五輪を来年の最重要競技会として位置づけ、「メダル獲得および入賞を目指す競技者を1人でも多く派遣できるよう選手団を編成する」という方針の下に要項を定めた。 内定条件は3つのケースあり、1つはブダペスト世界選手権3位以内の日本人最上位選手で、参加資格有効期間内に、ワールドランキング対象競技会において参加標準記録を満たした選手となり、ブダペスト世界選手権女子やり投で優勝した北口榛花(JAL)がすでに代表に内定している。 さらに、世界選手権の日本人最上位入賞者は24年1月1日から(5000m、10000mは23年11月1日から)、24年6月30日までに参加標準すれば即時内定となる。この条件に該当する選手は男子100mのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、同110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、同3000m障害の三浦龍司(順大)、同走高跳の赤松諒一(アワーズ)、女子5000mの田中希実(New Balance)、同10000mの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)の6名。 また、来年の日本選手権で優勝し、参加標準記録を突破した選手も代表に内定する。なお、10000mについては今年12月の第107回日本選手権と来年春の第108回日本選手権の2大会が対象となっている。 その他の選手選考は参加標準記録の突破、またはワールドランキングで各種目の出場枠目安となるターゲットナンバー内に入った選手が、日本選手権の成績を重視して選考されることになり、今年のブダペスト世界選手権の選考基準をほぼ踏襲したかたちとなった。 ただし、資格有効期限終了後に世界陸連(WA)から実施される追加招集については新たな制限を設けるとしている。 五輪は陸上の世界選手権とは異なり、派遣団体であるJOCにより派遣選手が決められることから、派遣人数枠に制限がある場合、参加資格を獲得した選手であっても代表に選ばれない可能性があることも明記された。 山崎一彦強化委員長は「東京五輪までは参加選手を1人でも多くという方針だったが、が、そこから脱却してパリ五輪ではメダルや入賞が期待できる選手を1人でも多くという方向に変更した」と、選考方針を一歩進んだものにしたと説明した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top