HOME 国内、大学

2023.09.16

女子100m甲南大がメダル独占!男子は栁田大輝がV 投てきは九州共立大が見せ場/日本IC
女子100m甲南大がメダル独占!男子は栁田大輝がV 投てきは九州共立大が見せ場/日本IC

23年日本インカレ女子100mは甲南大がメダル独占

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目

日本インカレ2日目が行われ、女子短距離で甲南大が躍動した。100mは藏重みうが11秒76(-0.3)で優勝し、岡根和奏(11秒78)、奥野由萌(11秒81)とメダルを独占。この3人に400m3位の井戸アビゲイル風果を加えた4×100mリレーは44秒72で初優勝を飾った。

男子も2冠が誕生。100mはブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)が10秒18(+0.4)で貫禄勝ち。栁田がアンカーを務めた4×100mリレーは38秒94の大学新記録で初優勝を成し遂げた。

男子砲丸投はアツオビン・ジェイソン(福岡大)が18m18の大会新V。他には九州共立大が投てきで存在感を示した。男子やり投は鈴木凜(九州共立大)が自己新となる78m71で連覇。女子砲丸投は久保田亜由(九州共立大)が15m07で制し、2位・村瀬にこ、3位・今西あかりとメダルを独占した。

女子1500mは樫原沙紀(筑波大)が4年生の意地を見せて4分19秒54の初V。同400mは森山静穂(福岡大)が53秒83で連覇した。男子走幅跳は鳥海勇斗(日大)がセカンドベストとなる8m07(+0.8)を6回目に跳んで逆転優勝を飾った。

3日目は男子110mハードル、5000m、10000m競歩、十種競技、三段跳び、ハンマー投、女子100mハードル、5000m、走高跳、走幅跳、ハンマー投でチャンピオンが誕生する。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目 日本インカレ2日目が行われ、女子短距離で甲南大が躍動した。100mは藏重みうが11秒76(-0.3)で優勝し、岡根和奏(11秒78)、奥野由萌(11秒81)とメダルを独占。この3人に400m3位の井戸アビゲイル風果を加えた4×100mリレーは44秒72で初優勝を飾った。 男子も2冠が誕生。100mはブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)が10秒18(+0.4)で貫禄勝ち。栁田がアンカーを務めた4×100mリレーは38秒94の大学新記録で初優勝を成し遂げた。 男子砲丸投はアツオビン・ジェイソン(福岡大)が18m18の大会新V。他には九州共立大が投てきで存在感を示した。男子やり投は鈴木凜(九州共立大)が自己新となる78m71で連覇。女子砲丸投は久保田亜由(九州共立大)が15m07で制し、2位・村瀬にこ、3位・今西あかりとメダルを独占した。 女子1500mは樫原沙紀(筑波大)が4年生の意地を見せて4分19秒54の初V。同400mは森山静穂(福岡大)が53秒83で連覇した。男子走幅跳は鳥海勇斗(日大)がセカンドベストとなる8m07(+0.8)を6回目に跳んで逆転優勝を飾った。 3日目は男子110mハードル、5000m、10000m競歩、十種競技、三段跳び、ハンマー投、女子100mハードル、5000m、走高跳、走幅跳、ハンマー投でチャンピオンが誕生する。 大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。 あすリートチャンネル特設ページ

【動画】女子100m甲南大が圧巻のメダル独占!優勝は1年生の藏重みう!4継も制す!

https://youtu.be/q_MJgOUJ4-0?si=Wv4W5wNIrqrF-5oK https://youtu.be/cE_g_uUSHLU?si=d1LbHqdUDugLkNiB 2日目ハイライト https://youtu.be/5c3j24AtomE

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top