HOME 高校

2023.09.15

インターハイ1年生女王の久保凛2分06秒05 今季最後の800mを高1歴代2位で締めくくる/近畿高校ユース
インターハイ1年生女王の久保凛2分06秒05 今季最後の800mを高1歴代2位で締めくくる/近畿高校ユース

久保凛(東大阪大敬愛)

◇第56回近畿高校ユース対校選手権大会(9月15日~17日/奈良・ロートフィールド奈良)1日目

地区新人大会の“開幕”となる近畿高校ユース対校選手権が初日を迎えた。男女計26種目の決勝が行われ、1年女子800mでは、8月の北海道インターハイ女王・久保凛(東大阪大敬愛)がスタート直後から独走。自己ベストを0.14秒更新する高1歴代2位の2分06秒05で快勝した。

駅伝を控え、今シーズン最後の800mとなった久保。400mを62秒で通過し、「60~61秒で通過する予定だったので、そこが少し遅かったです」。一人旅となるなか「ラストはしっかり切り替えることができました」と、高校記録(2分02秒57、2017年)保持者の塩見綾乃(京都文教/現・岩谷産業)が2015年にマークした大会記録(2分08秒49)を2秒以上更新。今季最後の800mを圧巻のレースで締めくくった。

ただ、「調子が良く、自己ベストを更新できましたが、2分5秒台が目標だったので、タイム的には納得していません」と久保。小林祐梨子(須磨学園・兵庫)が2004年マークした高1最高(2分05秒84)の更新を狙っていただけに悔しさをにじませた。

8月25日、27日の日韓中ジュニア交流競技会以降は、駅伝を見据えて少しずつ長い距離に取り組んできたという久保。16日の1年女子1500mに出場した後は、23日には日体大長距離競技会で、中3だった昨年の11月以来となる3000mに挑む予定となっている。「1500mでもベスト更新、3000mは約1年ぶりなので少し不安もありますが、まずは9分30秒をしっかり切って駅伝に備えたいです」と笑顔で抱負を話した。

2年男子800mでは、北海道インターハイ王者の落合晃(滋賀学園)が1分51秒21で、川口峻太朗(洛南・京都)に競り勝った。こちらも夏の練習で万全な状態ではなかったそうだが、実力を発揮。1分51秒56で2位だった川口とともに、2020年に久田朔(桜宮・大阪)が作った大会記録(1分51秒57)を更新した。

このほか、2年男子ハンマー投では、インターハイ2位のアツオビン・アンドリュウ(花園・京都)が大会記録を更新する62m22で貫禄勝ち。2年女子走幅跳ではインターハイ5位の高宮ひかり(大塚・大阪)が5回目に自己ベストの6m04(+2.0)を跳び、大会記録(6m02)を更新するなど北海道インターハイ組の活躍が光った。大会は17日まで行われる。

文/花木 雫

◇第56回近畿高校ユース対校選手権大会(9月15日~17日/奈良・ロートフィールド奈良)1日目 地区新人大会の“開幕”となる近畿高校ユース対校選手権が初日を迎えた。男女計26種目の決勝が行われ、1年女子800mでは、8月の北海道インターハイ女王・久保凛(東大阪大敬愛)がスタート直後から独走。自己ベストを0.14秒更新する高1歴代2位の2分06秒05で快勝した。 駅伝を控え、今シーズン最後の800mとなった久保。400mを62秒で通過し、「60~61秒で通過する予定だったので、そこが少し遅かったです」。一人旅となるなか「ラストはしっかり切り替えることができました」と、高校記録(2分02秒57、2017年)保持者の塩見綾乃(京都文教/現・岩谷産業)が2015年にマークした大会記録(2分08秒49)を2秒以上更新。今季最後の800mを圧巻のレースで締めくくった。 ただ、「調子が良く、自己ベストを更新できましたが、2分5秒台が目標だったので、タイム的には納得していません」と久保。小林祐梨子(須磨学園・兵庫)が2004年マークした高1最高(2分05秒84)の更新を狙っていただけに悔しさをにじませた。 8月25日、27日の日韓中ジュニア交流競技会以降は、駅伝を見据えて少しずつ長い距離に取り組んできたという久保。16日の1年女子1500mに出場した後は、23日には日体大長距離競技会で、中3だった昨年の11月以来となる3000mに挑む予定となっている。「1500mでもベスト更新、3000mは約1年ぶりなので少し不安もありますが、まずは9分30秒をしっかり切って駅伝に備えたいです」と笑顔で抱負を話した。 2年男子800mでは、北海道インターハイ王者の落合晃(滋賀学園)が1分51秒21で、川口峻太朗(洛南・京都)に競り勝った。こちらも夏の練習で万全な状態ではなかったそうだが、実力を発揮。1分51秒56で2位だった川口とともに、2020年に久田朔(桜宮・大阪)が作った大会記録(1分51秒57)を更新した。 このほか、2年男子ハンマー投では、インターハイ2位のアツオビン・アンドリュウ(花園・京都)が大会記録を更新する62m22で貫禄勝ち。2年女子走幅跳ではインターハイ5位の高宮ひかり(大塚・大阪)が5回目に自己ベストの6m04(+2.0)を跳び、大会記録(6m02)を更新するなど北海道インターハイ組の活躍が光った。大会は17日まで行われる。 文/花木 雫

女子800m 高1歴代5傑表

2.05.84 小林祐梨子(須磨学園・兵庫) 2004. 6.20 2.06.05 久保  凛(東大阪大敬愛・大阪) 2023. 9.15 2.07.11 倉岡 奈々(鹿児島女・鹿児島) 2013. 8. 2 2.07.12 上田 万葵(舟入・広島) 2017.10. 9 2.07.16 澤井 柚葉(星稜・石川) 2017.10. 9

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top