HOME 国内、世界陸上、日本代表
サニブラウン100m連続入賞、6位の快挙にメダルは「そのうち…」オレゴンから1年で確かな成長示す/世界陸上
サニブラウン100m連続入賞、6位の快挙にメダルは「そのうち…」オレゴンから1年で確かな成長示す/世界陸上

「歓声もすごくてものすごく楽しかった」と振り返ったサニブラウン(左から2人目)。右は優勝のライルズ

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目

ブダペスト世界陸上2日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子100m決勝に進出したサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)は6位。前回オレゴン(7位)に続いて2大会連続入賞の快挙を成し遂げた。

広告の下にコンテンツが続きます

準決勝で自己タイ、自身4度目の9秒台となる9秒97(+0.3)をマークしてノア・ライルズ(米国)に続いて2着で決勝に進出したサニブラウン。決勝でも「反応は悪くなかった」と言うが、「レースプラン通り走れませんでした」と中盤あたりから離された。10秒04(±0)で6位。フィニッシュ後はジッとモニターを見つめて動かなかった。

「めちゃくちゃ悔しいです。(決勝は)ダメダメでした」。自己タイとなった準決勝は「全体で見たら満足できる走り」。それをさらに研ぎ澄ませるイメージで決勝に向かったが、「準決勝のように前半から(レースを)作れれば40~60mで抜けられたのですが、そこをそろえてくる人たちが勝つんだと再認識しました」と振り返る。

それでも、確かな成長を感じている。2大会連続で決勝に進んだのはサニブラウンを含めて3人だけで「自信になります」。着順ではなく記録で通過し、7位だったオレゴンから、着順で突破して1つ順位を上げた。「去年よりワンステップ上がった」。

前回は「満身創痍」だった決勝も、「コンディションも悪くなかった」と、前回の経験を生かしてしっかり調整。戦える状態だったからこそ、「最大のパフォーマンスを出せなかったのが一番悔しい」と唇を噛んだ。

広告の下にコンテンツが続きます

今季はなかなか状態が上がらなかったが、周囲の不安を一掃。「コーチを信じて練習してきてプラン通りできているので、焦りはなかったです」。これまで通り、自分が選んだ道を信じ、貫いてきた。

準決勝でパリ五輪の参加標準記録(10秒00)を突破したことについては「あ、そういえば切りましたね」と笑い、「とりあえずケガをせず今シーズン終わりたい」。4×100mリレーについても「日本は金メダルを狙える位置にいる。しっかり休んで決勝に合わせられるように」と、昨年はかなわなかった出場も見据えてチーム一丸となる構えを見せる。

夢舞台に立ったオレゴン。勝負の舞台として臨んだブダペスト。「一番は陸上競技を楽しむこと。歓声もすごくてものすごく楽しかった。今後に生きてくると思います」。世界最速を争うライバルたちは毎年のように顔ぶれが変わる状況。目指すメダル、そして世界一に「1つずつ近づいているんで、そのうち……」と笑う表情は、物語の続きを想像するに十分だった。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目 ブダペスト世界陸上2日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子100m決勝に進出したサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)は6位。前回オレゴン(7位)に続いて2大会連続入賞の快挙を成し遂げた。 準決勝で自己タイ、自身4度目の9秒台となる9秒97(+0.3)をマークしてノア・ライルズ(米国)に続いて2着で決勝に進出したサニブラウン。決勝でも「反応は悪くなかった」と言うが、「レースプラン通り走れませんでした」と中盤あたりから離された。10秒04(±0)で6位。フィニッシュ後はジッとモニターを見つめて動かなかった。 「めちゃくちゃ悔しいです。(決勝は)ダメダメでした」。自己タイとなった準決勝は「全体で見たら満足できる走り」。それをさらに研ぎ澄ませるイメージで決勝に向かったが、「準決勝のように前半から(レースを)作れれば40~60mで抜けられたのですが、そこをそろえてくる人たちが勝つんだと再認識しました」と振り返る。 それでも、確かな成長を感じている。2大会連続で決勝に進んだのはサニブラウンを含めて3人だけで「自信になります」。着順ではなく記録で通過し、7位だったオレゴンから、着順で突破して1つ順位を上げた。「去年よりワンステップ上がった」。 前回は「満身創痍」だった決勝も、「コンディションも悪くなかった」と、前回の経験を生かしてしっかり調整。戦える状態だったからこそ、「最大のパフォーマンスを出せなかったのが一番悔しい」と唇を噛んだ。 今季はなかなか状態が上がらなかったが、周囲の不安を一掃。「コーチを信じて練習してきてプラン通りできているので、焦りはなかったです」。これまで通り、自分が選んだ道を信じ、貫いてきた。 準決勝でパリ五輪の参加標準記録(10秒00)を突破したことについては「あ、そういえば切りましたね」と笑い、「とりあえずケガをせず今シーズン終わりたい」。4×100mリレーについても「日本は金メダルを狙える位置にいる。しっかり休んで決勝に合わせられるように」と、昨年はかなわなかった出場も見据えてチーム一丸となる構えを見せる。 夢舞台に立ったオレゴン。勝負の舞台として臨んだブダペスト。「一番は陸上競技を楽しむこと。歓声もすごくてものすごく楽しかった。今後に生きてくると思います」。世界最速を争うライバルたちは毎年のように顔ぶれが変わる状況。目指すメダル、そして世界一に「1つずつ近づいているんで、そのうち……」と笑う表情は、物語の続きを想像するに十分だった。

【動画】サニブラウンが6位!男子100mをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top