HOME 国内、世界陸上、日本代表
田中希実が長野で練習公開 ブタペスト世界陸上で入賞目指し「予選から全力でいきたい」
田中希実が長野で練習公開 ブタペスト世界陸上で入賞目指し「予選から全力でいきたい」

長野県で練習を公開した田中希実

女子1500m日本記録保持者で東京五輪8位の田中希実(New Balance)が8月1日、長野県茅野市内で「ニューバランス契約選手 田中希実 合同取材会」を開いて報道陣に練習を公開、取材に応じた。

突然の雷雨で予定していたメニューはできなかったが、標高800mの茅野市陸上競技場で300m×5本(レスト100m)のインターバル走を実施。父である田中健智コーチが見つめるなか、ビルドアップで力強い走りを披露した。

広告の下にコンテンツが続きます

今後は長野県内の標高1800mほどの高地に移動。今月19日に開幕するブダペスト世界選手権には1500mと5000mでの出場が濃厚で、そこに向けて仕上げていく。

今季は田中にとって「チャレンジ」のシーズンと言えるだろう。この春、豊田自動織機TCを離れてプロに転向。契約するニューバランスのサポートを受けながら、「自分のこうしたいという思い」を求めて、貪欲に突き進んできた。

シーズン序盤は苦しいレースが続いたが、6月上旬の日本選手権は1500mを4分08秒29で4連覇。5000mは15分10秒63で連覇を果たして、2年連続で同種目の2冠を達成した。

その後は17日間のケニア合宿を敢行。帰国後は体調を崩すも、徐々に調子を上げていく。7月8日にフィンランドで5000mを日本歴代3位の14分53秒60で優勝。日本記録(14分52秒84)に届かなかったが、ブタペスト世界選手権の参加標準記録(14分57秒00)を突破した。

広告の下にコンテンツが続きます

その5日後にはバンコクで開催されたアジア選手権1500mに参戦。4分06秒75のシーズンベストで突っ走り、2位に6秒50差をつけて圧勝した。夏の本番に向けて上昇カーブを描いている。

女子1500m日本記録保持者で東京五輪8位の田中希実(New Balance)が8月1日、長野県茅野市内で「ニューバランス契約選手 田中希実 合同取材会」を開いて報道陣に練習を公開、取材に応じた。 突然の雷雨で予定していたメニューはできなかったが、標高800mの茅野市陸上競技場で300m×5本(レスト100m)のインターバル走を実施。父である田中健智コーチが見つめるなか、ビルドアップで力強い走りを披露した。 今後は長野県内の標高1800mほどの高地に移動。今月19日に開幕するブダペスト世界選手権には1500mと5000mでの出場が濃厚で、そこに向けて仕上げていく。 今季は田中にとって「チャレンジ」のシーズンと言えるだろう。この春、豊田自動織機TCを離れてプロに転向。契約するニューバランスのサポートを受けながら、「自分のこうしたいという思い」を求めて、貪欲に突き進んできた。 シーズン序盤は苦しいレースが続いたが、6月上旬の日本選手権は1500mを4分08秒29で4連覇。5000mは15分10秒63で連覇を果たして、2年連続で同種目の2冠を達成した。 その後は17日間のケニア合宿を敢行。帰国後は体調を崩すも、徐々に調子を上げていく。7月8日にフィンランドで5000mを日本歴代3位の14分53秒60で優勝。日本記録(14分52秒84)に届かなかったが、ブタペスト世界選手権の参加標準記録(14分57秒00)を突破した。 その5日後にはバンコクで開催されたアジア選手権1500mに参戦。4分06秒75のシーズンベストで突っ走り、2位に6秒50差をつけて圧勝した。夏の本番に向けて上昇カーブを描いている。

転機となったケニア合宿で成長を実感

そのなかで転機となったのがケニア合宿だという。マラソンの聖地と呼ばれる標高2400mのイテンで現地の選手たちと走り込んだ。 「昨年はケニア人がコーチをしているキャンプで、典型的な大集団で練習する感じでしたが、今年は欧州のコーチがいる少数精鋭のチームに行きました。すべてのメニューをこなすとハーフマラソンに向けたような練習になるので、私の目指したい練習になるように、父がうまく考えて間引き方を決めてくれたんです。路面が不整地というのは日本と違いますし、ペース設定も高い。世界陸上の決勝で最後までつけるのかというのを考えながら、緊張感のある中で(ケニア勢の走りの感覚を)カラダで覚えることができたかな。しんどくて離れてしまう場面もあったんですけど、精神的にも強くなったと思います」 昨年のオレゴン世界選手権は、800mも含めて3種目で出場の快挙を果たす。それでも、1500mはスパート合戦に遅れて準決勝で敗退し、5000mは予選を通過するも、決勝は12位。結果、記録ともに「ついてこなかった」と満足できずに涙をこぼした。 「昨年は日本選手権までが必死で、その後はバタバタといろいろ詰め込んで、よくわからないまま世界選手権を迎えた部分がありました。根拠のある練習を積めていなかった不安があって苦しかったんです。でも、今年は日本選手権が終わってゆとりがあったからこそ、ケニアで徹底的に追い込むことができて、フィンランドやアジア選手権でいろいろと試すこともできた。必要なことがすべてできてはいるので、最後の調整がうまくハマれば、昨年とは違います。緊張はあっても、不安なくいけるのかなと思います」 アジア選手権1500mでは最後の1周を60秒で上がるなど、課題にしてきたラストのキック力もパワーアップしている。 「ブタペスト世界選手権は1500mから始まります。従来と違って、予選と準決勝はプラス通過がないので、着順で突破しないといけません。予選から全力でいく必要があると思っています。オレゴン世界選手権は5000mで決勝に残っても『戦うぞ』という気持ちの余裕がなかった。今年は決勝に残りさえできれば、伸び伸びと戦うぞという気持ちを持っていけるのかなと感じています。ブタペスト世界選手権の経験を生かして、パリ五輪では上位入賞、メダルを狙っていきたい」 さまざまなチャレンジを繰り返しながら、確実に強くなっている田中。東京五輪を上回る快走をブダペストで披露しそうだ。 文・写真/酒井政人

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top