HOME 国内、日本代表

2023.07.16

日本は金16、銀11、銅10のメダルラッシュ!42年ぶりの好成績に山崎一彦・強化委員長「過去最高レベル」/アジア選手権
日本は金16、銀11、銅10のメダルラッシュ!42年ぶりの好成績に山崎一彦・強化委員長「過去最高レベル」/アジア選手権

23年アジア選手権走幅跳で6m97の日本新を樹立した秦澄美鈴

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)5日目

第25回アジア選手権の全競技が終了し、日本は46種目中、金メダル16個、銀メダル11個、銅メダル10個の計37個のメダルを獲得。金メダルと総メダル獲得数は参加国中トップというメダルラッシュに湧いた。

広告の下にコンテンツが続きます

16種目での優勝は、1981年に行われた第4回東京大会の19種目以来の好成績。日本陸連の山崎一彦・強化委員長は「位置づけとレベルが違うので、一概に比較できないですが、過去最高レベルだと評価できます」と総括する。

なかでも山崎氏は女子走幅跳で6m97の日本新記録を樹立した秦澄美鈴(シバタ工業)を高く評価。「強化委員長になったときの方針として、お膳立てをされた大会ではなく、海外で結果を出すというところに焦点を置いていていた。これは素晴らしい結果でした」と話す。

また、男子トラック種目での活躍はめざましく、出場を回避した両リレーを除く10種目のうち7種目で金メダルを獲得。さらに、記録水準も世界選手権の参加標準記録を突破したり、それに迫る記録が相次ぐなど、質、量ともにレベルの高いものに。男子100m(栁田大輝、東洋大)、200m(鵜澤飛羽、筑波大)、400m(佐藤拳太郎、富士通)の完全制覇については「ハイレベルな中で達成した」(山崎氏)と、その価値を改めて強調する。

今大会は世界陸連(WA)の定める大会ランクでは最上位から4番目の「GL」と入賞ポイントも高く、ワールドランキングで世界選手権出場を狙う選手にとって重要な大会だった。各種目で相次ぐメダル獲得に、ブダペスト世界選手権の出場者数の目安についても山崎氏は「想定内に入ってきている」という。

広告の下にコンテンツが続きます

高温多湿をはじめ決して好条件とは言えないなかで、これ以上ない結果を残したチームジャパン。この勢いは来月に迫った世界選手権、そして来年のパリ五輪につながるだろう。

次回のアジア選手権は2025年に韓国の中部にある亀尾市で開催される。

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)5日目 第25回アジア選手権の全競技が終了し、日本は46種目中、金メダル16個、銀メダル11個、銅メダル10個の計37個のメダルを獲得。金メダルと総メダル獲得数は参加国中トップというメダルラッシュに湧いた。 16種目での優勝は、1981年に行われた第4回東京大会の19種目以来の好成績。日本陸連の山崎一彦・強化委員長は「位置づけとレベルが違うので、一概に比較できないですが、過去最高レベルだと評価できます」と総括する。 なかでも山崎氏は女子走幅跳で6m97の日本新記録を樹立した秦澄美鈴(シバタ工業)を高く評価。「強化委員長になったときの方針として、お膳立てをされた大会ではなく、海外で結果を出すというところに焦点を置いていていた。これは素晴らしい結果でした」と話す。 また、男子トラック種目での活躍はめざましく、出場を回避した両リレーを除く10種目のうち7種目で金メダルを獲得。さらに、記録水準も世界選手権の参加標準記録を突破したり、それに迫る記録が相次ぐなど、質、量ともにレベルの高いものに。男子100m(栁田大輝、東洋大)、200m(鵜澤飛羽、筑波大)、400m(佐藤拳太郎、富士通)の完全制覇については「ハイレベルな中で達成した」(山崎氏)と、その価値を改めて強調する。 今大会は世界陸連(WA)の定める大会ランクでは最上位から4番目の「GL」と入賞ポイントも高く、ワールドランキングで世界選手権出場を狙う選手にとって重要な大会だった。各種目で相次ぐメダル獲得に、ブダペスト世界選手権の出場者数の目安についても山崎氏は「想定内に入ってきている」という。 高温多湿をはじめ決して好条件とは言えないなかで、これ以上ない結果を残したチームジャパン。この勢いは来月に迫った世界選手権、そして来年のパリ五輪につながるだろう。 次回のアジア選手権は2025年に韓国の中部にある亀尾市で開催される。

2023年アジア選手権の日本勢メダリスト一覧

金メダル 男子 100m   栁田大輝(東洋大) 200m   鵜澤飛羽(筑波大) 400m   佐藤拳太郎(富士通) 5000m   遠藤日向(住友電工) 10000m  田澤廉(トヨタ自動車) 110mH   高山峻野(ゼンリン) 3000m障害 青木涼真(Honda) やり投  ディーン元気(ミズノ) 十種競技 丸山優真(住友電工) 20km競歩 村山裕太郎(富士通) 女子 1500m   田中希実(New Balance) 5000m   山本有真(積水化学) 10000m  小海遥(第一生命グループ) 走幅跳  秦澄美鈴(シバタ工業) 三段跳  森本麻里子(内田建設AC) やり投  斉藤真理菜(スズキ) 銀メダル 男子 400m   佐藤風雅(ミズノ) 1500m   高橋佑輔(北大院) 5000m   塩尻和也(富士通) 400mH   児玉悠作(ノジマ) 三段跳  池畠旭佳瑠(駿河台大AC) 女子 1500m   後藤夢(ユニクロ) 10000m  川口桃佳(ユニクロ) 100mH   寺田明日香(ジャパンクリエイト) 400mH   宇都宮絵莉(長谷川体育施設) ハンマー投マッカーサー・ジョイ(NMFA) 4×100mR 藏重みう、君嶋愛梨沙、鶴田玲美、御家瀬緑 銅メダル 男子 200m   上山紘輝(住友電工) 3000m障害 砂田晟弥(プレス工業) ハンマー投福田翔大(日大院) 女子 100mH   青木益未(七十七銀行) 400mH   山本亜美(立命大) 3000m障害 吉村玲美(クレーマージャパンTC) ハンマー投村上来花(九州共立大) 七種競技 山﨑有紀(スズキ) 20km競歩 梅野倖子(順大) 混合 4×400mR 今泉堅貴、久保山晴菜、佐藤風雅、松本奈菜子

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top