HOME 国内、日本代表

2023.07.17

北口榛花が4年ぶり日本新!! 67m04で今季DL2勝目! 世界陸上に向け視界良好/DLシレジア
北口榛花が4年ぶり日本新!! 67m04で今季DL2勝目! 世界陸上に向け視界良好/DLシレジア

女子やり投の北口榛花

17日、ポーランド・ホジュフでダイヤモンドリーグ(DL)第8戦カミラ・スコリモフスカ記念が行われ、女子やり投の北口榛花(JAL)が67m04の日本新記録を樹立した。これまでの日本記録は北口が19年に樹立した66m00で、4年ぶりの記録更新となった。

今季、65m09がシーズンベストの北口は1投目から64m12と好記録をマーク。2投目から4投目は記録が伸びなかったが、観客に手拍子を求めた5投目に65m82と今季ベストを披露した。

広告の下にコンテンツが続きます

DLの特別ルールの上位3人だけが進める「Final 3」に残った北口は、最後の試技でこれまでにないスピードでやりを投射。大きな放物線を描くと、今季世界最高(66m50)を示すバーチャルのラインを越えたところに突き刺さった。

「67m04」のアナウンスを聞いた北口は信じられないという表情を見せ、観客の歓声にはトレードマークの笑顔で応えた。

この記録は今季世界最高だけではなく、昨年のオレゴン世界選手権の優勝記録(66m91)を上回る快記録。DLは6月のパリ大会に続き今季2勝目となり、名実ともに今シーズンの世界の頂点に立つ。すでに代表に決まっている8月のブダペスト世界選手権には優勝候補の筆頭として乗り込むこととなる。

また、7月1日から有効期間が始まった来年のパリ五輪の参加標準記録も突破。ブダペスト世界選手権でメダルを獲得すれば、自動的に五輪代表に内定する権利を手にした。

広告の下にコンテンツが続きます
17日、ポーランド・ホジュフでダイヤモンドリーグ(DL)第8戦カミラ・スコリモフスカ記念が行われ、女子やり投の北口榛花(JAL)が67m04の日本新記録を樹立した。これまでの日本記録は北口が19年に樹立した66m00で、4年ぶりの記録更新となった。 今季、65m09がシーズンベストの北口は1投目から64m12と好記録をマーク。2投目から4投目は記録が伸びなかったが、観客に手拍子を求めた5投目に65m82と今季ベストを披露した。 DLの特別ルールの上位3人だけが進める「Final 3」に残った北口は、最後の試技でこれまでにないスピードでやりを投射。大きな放物線を描くと、今季世界最高(66m50)を示すバーチャルのラインを越えたところに突き刺さった。 「67m04」のアナウンスを聞いた北口は信じられないという表情を見せ、観客の歓声にはトレードマークの笑顔で応えた。 この記録は今季世界最高だけではなく、昨年のオレゴン世界選手権の優勝記録(66m91)を上回る快記録。DLは6月のパリ大会に続き今季2勝目となり、名実ともに今シーズンの世界の頂点に立つ。すでに代表に決まっている8月のブダペスト世界選手権には優勝候補の筆頭として乗り込むこととなる。 また、7月1日から有効期間が始まった来年のパリ五輪の参加標準記録も突破。ブダペスト世界選手権でメダルを獲得すれば、自動的に五輪代表に内定する権利を手にした。

【動画】北口榛花が4年ぶりの自己新!67m04のビッグスローをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top