HOME 駅伝、大学

2023.07.16

國學院大強し!伊地知賢造が13分40秒51、山本歩夢が28分16秒92で2種目トップ/関東学生網走夏季記録挑戦競技会
國學院大強し!伊地知賢造が13分40秒51、山本歩夢が28分16秒92で2種目トップ/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会で好走した國學院大の伊地知賢造(左)と山本歩夢

関東学生網走夏季記録挑戦競技会が7月16日、網走市営陸上競技場で行われた。

男子10000m3組では山本歩夢(國學院大3)が28分16秒92で全体トップ。7月8日のホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会5000mで13分34秒85の國學院大新記録を出した勢いそのままに、10000mでも自己記録を2年ぶりに約25秒更新してみせた。

広告の下にコンテンツが続きます

國學院大は5000mでも主将の伊地知賢造(4年)が13分40秒51の大幅自己新で1着。学生ながらマラソン練習に取り組む大黒柱が、トラックで結果を示した。

そんなキャプテンの好走に火がついたのか、國學院大は10000mでも好記録が続く。2組では板垣俊佑(3年)が28分51秒61、後村光星(1年)が28分52秒46でワン・ツー。3組では山本に続き、青木瑠郁(2年)が28分32秒90で3着、高山豪起(2年)が28分43秒51で9着と、計5人が28分台の自己ベストを出した。

昨年度は出雲駅伝と全日本大学駅伝で2位、箱根駅伝で4位と過去最高の駅伝シーズンを過ごした國學院大。その時の主力が多く残り、8日のホクレン網走大会では平林清澄(3年)が10000mで27分55秒15の國學院大新記録を樹立している。

伊地知、平林、山本の3本柱に加え、昨年の全日本大学駅伝5区で区間賞を獲得した青木も好調。板垣、後村といった学生駅伝未経験の新戦力も台頭してきている。

広告の下にコンテンツが続きます

今季は前年度駅伝3冠の駒大に箱根駅伝2位の中大、同3位の青学大らライバルが強力だが、チームは『てっぺん』というスローガンを掲げる。2019年の出雲以来、2度目の学生駅伝制覇へ、着々と戦力に厚みが増してきている。

女子5000mでは、1500mの学生記録(4分12秒72)保持者である道下美槻(立大4)が16分17秒73で1着だった。

関東学生網走夏季記録挑戦競技会が7月16日、網走市営陸上競技場で行われた。 男子10000m3組では山本歩夢(國學院大3)が28分16秒92で全体トップ。7月8日のホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会5000mで13分34秒85の國學院大新記録を出した勢いそのままに、10000mでも自己記録を2年ぶりに約25秒更新してみせた。 國學院大は5000mでも主将の伊地知賢造(4年)が13分40秒51の大幅自己新で1着。学生ながらマラソン練習に取り組む大黒柱が、トラックで結果を示した。 そんなキャプテンの好走に火がついたのか、國學院大は10000mでも好記録が続く。2組では板垣俊佑(3年)が28分51秒61、後村光星(1年)が28分52秒46でワン・ツー。3組では山本に続き、青木瑠郁(2年)が28分32秒90で3着、高山豪起(2年)が28分43秒51で9着と、計5人が28分台の自己ベストを出した。 昨年度は出雲駅伝と全日本大学駅伝で2位、箱根駅伝で4位と過去最高の駅伝シーズンを過ごした國學院大。その時の主力が多く残り、8日のホクレン網走大会では平林清澄(3年)が10000mで27分55秒15の國學院大新記録を樹立している。 伊地知、平林、山本の3本柱に加え、昨年の全日本大学駅伝5区で区間賞を獲得した青木も好調。板垣、後村といった学生駅伝未経験の新戦力も台頭してきている。 今季は前年度駅伝3冠の駒大に箱根駅伝2位の中大、同3位の青学大らライバルが強力だが、チームは『てっぺん』というスローガンを掲げる。2019年の出雲以来、2度目の学生駅伝制覇へ、着々と戦力に厚みが増してきている。 女子5000mでは、1500mの学生記録(4分12秒72)保持者である道下美槻(立大4)が16分17秒73で1着だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top