HOME 特集

2023.06.10

三浦龍司 4度目の日本新!DLのすごさとは?18年ぶり、転倒、五輪など大舞台での強さ…
三浦龍司 4度目の日本新!DLのすごさとは?18年ぶり、転倒、五輪など大舞台での強さ…

21年東京五輪3000m障害で7位に入った三浦龍司(順大)

ダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会、男子3000m障害で三浦龍司(順大)が自身の日本記録を0.01秒更新する8分09秒91で2位に入った。

昨年のDLファイナルでも4位に入る快挙を成し遂げているが、中長距離種目で2位、しかも日本新記録更新というのは衝撃的な活躍である。

広告の下にコンテンツが続きます

DLとは世界最高峰のリーグ戦。5月5日のドーハ大会を皮切りに、12ヵ国15都市を巡る。各大会ごとに出場できる人数も限られている上に、各種目のポイント上位者のみが9月16、17日のファイナル(米国オレゴン/男女各16種目)に進出できる。

1ヵ国3人までが上限のオリンピックや世界選手権とは異なり、実力があれば出られる仕組み。賞金が懸かっていることもあり、選手や種目によっては上記2大会よりも『本気度』が高い場合もある。

DLに出られるだけでもとてつもないことだが、その中で結果を出し、ファイナルに進出するのは至難の業。やり投の北口榛花(JAL)と三浦は、そうした中で戦っている。

三浦にとって今回は4度目の日本新樹立。そのいずれもが価値の高い大会で出しているところも三浦の特長の一つだ。

広告の下にコンテンツが続きます

最初に出したのは2021年5月のReady Steady TOKYO(国立競技場)。これは東京五輪のプレ大会として5月に開かれたもの。8分17秒45は18年ぶりの日本新だった。

さらに翌月には日本選手権で8分15秒99をマーク。しかも残り1周を前にした水濠で転倒した直後にスピードアップして見せる快レースだった。

その勢いのまま挑んだ東京五輪では、予選で8分09秒92の日本新。この種目で49年ぶりとなる決勝進出を果たした。さらに決勝でも8分16秒90で7位入賞。まさに快挙連発だった。

そして昨年は、3000m障害でのDL初出場だったローザンヌ大会で当時シーズンベストの8分13秒06で4位。DLファイナルでもシーズンベストを更新する8分12秒65で4位に入っている。

広告の下にコンテンツが続きます

これまで大舞台で常に結果を出してきた三浦。これで2年連続でのDLファイナルに大きく近づいたと言える。

ちなみに、三浦は3000m障害で高校記録、U18、U20、学生記録などを次々と塗り替えてきた。

洛南高3時には当時、インターハイ種目で最古だった櫛部静二の高校記録(8分44秒77/1989年)を30年ぶりに更新(※同時に20年ぶりU18日本記録)。後に8分39秒37まで短縮した。

順大進学後、コロナ禍で遅れたデビュー戦は7月のホクレンディスタンスだったが、ここで8分19秒37をマーク。これは37年ぶりのU20日本新(愛敬重之8分31秒27/1983年)、41年ぶりの日本学生新記録(新宅雅也8分25秒8/1979年)だった。

広告の下にコンテンツが続きます

次々と歴史を塗り替えてきた三浦龍司。次はどんな歴史の扉を開いていくのだろうか。

ダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会、男子3000m障害で三浦龍司(順大)が自身の日本記録を0.01秒更新する8分09秒91で2位に入った。 昨年のDLファイナルでも4位に入る快挙を成し遂げているが、中長距離種目で2位、しかも日本新記録更新というのは衝撃的な活躍である。 DLとは世界最高峰のリーグ戦。5月5日のドーハ大会を皮切りに、12ヵ国15都市を巡る。各大会ごとに出場できる人数も限られている上に、各種目のポイント上位者のみが9月16、17日のファイナル(米国オレゴン/男女各16種目)に進出できる。 1ヵ国3人までが上限のオリンピックや世界選手権とは異なり、実力があれば出られる仕組み。賞金が懸かっていることもあり、選手や種目によっては上記2大会よりも『本気度』が高い場合もある。 DLに出られるだけでもとてつもないことだが、その中で結果を出し、ファイナルに進出するのは至難の業。やり投の北口榛花(JAL)と三浦は、そうした中で戦っている。 三浦にとって今回は4度目の日本新樹立。そのいずれもが価値の高い大会で出しているところも三浦の特長の一つだ。 最初に出したのは2021年5月のReady Steady TOKYO(国立競技場)。これは東京五輪のプレ大会として5月に開かれたもの。8分17秒45は18年ぶりの日本新だった。 さらに翌月には日本選手権で8分15秒99をマーク。しかも残り1周を前にした水濠で転倒した直後にスピードアップして見せる快レースだった。 その勢いのまま挑んだ東京五輪では、予選で8分09秒92の日本新。この種目で49年ぶりとなる決勝進出を果たした。さらに決勝でも8分16秒90で7位入賞。まさに快挙連発だった。 そして昨年は、3000m障害でのDL初出場だったローザンヌ大会で当時シーズンベストの8分13秒06で4位。DLファイナルでもシーズンベストを更新する8分12秒65で4位に入っている。 これまで大舞台で常に結果を出してきた三浦。これで2年連続でのDLファイナルに大きく近づいたと言える。 ちなみに、三浦は3000m障害で高校記録、U18、U20、学生記録などを次々と塗り替えてきた。 洛南高3時には当時、インターハイ種目で最古だった櫛部静二の高校記録(8分44秒77/1989年)を30年ぶりに更新(※同時に20年ぶりU18日本記録)。後に8分39秒37まで短縮した。 順大進学後、コロナ禍で遅れたデビュー戦は7月のホクレンディスタンスだったが、ここで8分19秒37をマーク。これは37年ぶりのU20日本新(愛敬重之8分31秒27/1983年)、41年ぶりの日本学生新記録(新宅雅也8分25秒8/1979年)だった。 次々と歴史を塗り替えてきた三浦龍司。次はどんな歴史の扉を開いていくのだろうか。

三浦龍司のそれぞれの自己記録は?

1500m3.36.56=日本歴代3位、日本人学生歴代2位 3000m7.47.98=日本歴代6位 5000m13.26.78=U20日本歴代4位 3000m障害8.09.91=日本記録 ハーフ1.01.41=U20日本最高

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top