HOME 国内

2023.06.02

塩尻和也「イメージ通り」の走りで5000m制す 3000m障害一時封印、再び世界へ/日本選手権
塩尻和也「イメージ通り」の走りで5000m制す 3000m障害一時封印、再び世界へ/日本選手権

23年日本選手権男子5000mに優勝した塩尻和也

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の1日目に男子5000mが行われ、塩尻和也(富士通)が13分19秒85でこの種目の初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

1000mを2分40秒で通過し、大会記録(13分14秒18)に迫るハイペースでレースは進む。塩尻は集団の前方に位置取りながら、頭の中では冷静にレースプランを組み立てていた。

「終盤まで離れずについて、ラスト1000m過ぎたぐらいから勝負できればと思っていました」

3000mあたりから先頭のペースが鈍っていると感じたが、勝負を焦ることもなかった。意識したのは、「ラスト1周とかまでにもつれないように早めに行く」ことだけ。プラン通りに1000mを切って先頭に立つと、鮮やかなロングスパートで後続を大きく引き離していった。

最終盤は3連覇を狙っていたオレゴン世界選手権代表の遠藤日向(住友電工)、そして同じ群馬出身で同学年のライバル・清水歓太(SUBARU)が背後から迫ってきたものの、しっかりと逃げ切り、右手で高々とガッツポーズを作ってフィニッシュ。「4000mの通過が数秒遅かったぐらいで、だいたいイメージ通りのレースができました」と胸を張った。

広告の下にコンテンツが続きます

元々主戦場としていた3000m障害では、高校時代にU20世界選手権に出場し、順大時代にはリオ五輪に出場。2018年の日本選手権を制した。しかし、その後は19年8位、20年5位、21年12位と振るわず、昨年は初出場した5000mで9位に終わった。

「前回の優勝からも日本選手権に出場はしていましたが、ケガなどもあって結果が伴わなかった。今年こそはという気持ちで臨んでいたので、日本選手権で優勝できたことは素直にうれしいです」

3000m障害を一時封印し、フラットレースで世界を目指す覚悟を決めた塩尻。21年には5000mで日本歴代7位の13分16秒53をマークした。

世界選手権出場を目標に掲げた今季は、不調だった昨年とは打って変わって充実したシーズンを送っている。

広告の下にコンテンツが続きます

2月の日本選手権クロスカントリー(10km)優勝を皮切りに、金栗記念5000mでも13分26秒03 で日本人トップとなる4位。ゴールデンゲームズinのべおか10000mでは、オレゴン世界選手権10000m代表の田澤廉(トヨタ自動車)を終盤で突き放し、27分46秒82で快勝した。

一つひとつの好結果で、確かな手応えをつかんだのだろう。今大会を迎えるにあたっても、「良い調子のままこの舞台に立てるように、コンディションを維持する」ことだけを考えればよかった。

ただ、このレースで世界選手権代表内定には至らず。ただ、ワールドランキングでの出場も見える位置におり、来年のパリ五輪も視界に入ってきた。「国内だけでなく、国際試合でも結果を残せるように頑張っていきたいです」と語る塩尻にとって、今はまだ目指すゴールへの途上にいる。

1日目には5000mも含めて男子3、女子3の決勝種目が行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

最初に行われた女子円盤投は斉藤真希(東海大院)が56m63で優勝。これが2年ぶり4度目の優勝となる。男子やり投は昨年のオレゴン世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)が82m65で連覇を果たした。

男子三段跳は池畠旭佳瑠(駿河台大AC)が16m35(+0.8)で3年ぶりV。女子3000m障害はオレゴン世界選手権代表の吉村玲美(クレイマージャパンTC)が9分46秒65で制している。実に4年ぶりの優勝。女子走高跳は1m84を跳んだ髙橋渚(メイスンワーク)が連覇を達成している。

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた日本選手権は6月4日まで、大阪・ヤンマースタジアム長居で開かれている。

文/小野哲史

広告の下にコンテンツが続きます
◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の1日目に男子5000mが行われ、塩尻和也(富士通)が13分19秒85でこの種目の初優勝を飾った。 1000mを2分40秒で通過し、大会記録(13分14秒18)に迫るハイペースでレースは進む。塩尻は集団の前方に位置取りながら、頭の中では冷静にレースプランを組み立てていた。 「終盤まで離れずについて、ラスト1000m過ぎたぐらいから勝負できればと思っていました」 3000mあたりから先頭のペースが鈍っていると感じたが、勝負を焦ることもなかった。意識したのは、「ラスト1周とかまでにもつれないように早めに行く」ことだけ。プラン通りに1000mを切って先頭に立つと、鮮やかなロングスパートで後続を大きく引き離していった。 最終盤は3連覇を狙っていたオレゴン世界選手権代表の遠藤日向(住友電工)、そして同じ群馬出身で同学年のライバル・清水歓太(SUBARU)が背後から迫ってきたものの、しっかりと逃げ切り、右手で高々とガッツポーズを作ってフィニッシュ。「4000mの通過が数秒遅かったぐらいで、だいたいイメージ通りのレースができました」と胸を張った。 元々主戦場としていた3000m障害では、高校時代にU20世界選手権に出場し、順大時代にはリオ五輪に出場。2018年の日本選手権を制した。しかし、その後は19年8位、20年5位、21年12位と振るわず、昨年は初出場した5000mで9位に終わった。 「前回の優勝からも日本選手権に出場はしていましたが、ケガなどもあって結果が伴わなかった。今年こそはという気持ちで臨んでいたので、日本選手権で優勝できたことは素直にうれしいです」 3000m障害を一時封印し、フラットレースで世界を目指す覚悟を決めた塩尻。21年には5000mで日本歴代7位の13分16秒53をマークした。 世界選手権出場を目標に掲げた今季は、不調だった昨年とは打って変わって充実したシーズンを送っている。 2月の日本選手権クロスカントリー(10km)優勝を皮切りに、金栗記念5000mでも13分26秒03 で日本人トップとなる4位。ゴールデンゲームズinのべおか10000mでは、オレゴン世界選手権10000m代表の田澤廉(トヨタ自動車)を終盤で突き放し、27分46秒82で快勝した。 一つひとつの好結果で、確かな手応えをつかんだのだろう。今大会を迎えるにあたっても、「良い調子のままこの舞台に立てるように、コンディションを維持する」ことだけを考えればよかった。 ただ、このレースで世界選手権代表内定には至らず。ただ、ワールドランキングでの出場も見える位置におり、来年のパリ五輪も視界に入ってきた。「国内だけでなく、国際試合でも結果を残せるように頑張っていきたいです」と語る塩尻にとって、今はまだ目指すゴールへの途上にいる。 1日目には5000mも含めて男子3、女子3の決勝種目が行われた。 最初に行われた女子円盤投は斉藤真希(東海大院)が56m63で優勝。これが2年ぶり4度目の優勝となる。男子やり投は昨年のオレゴン世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)が82m65で連覇を果たした。 男子三段跳は池畠旭佳瑠(駿河台大AC)が16m35(+0.8)で3年ぶりV。女子3000m障害はオレゴン世界選手権代表の吉村玲美(クレイマージャパンTC)が9分46秒65で制している。実に4年ぶりの優勝。女子走高跳は1m84を跳んだ髙橋渚(メイスンワーク)が連覇を達成している。 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた日本選手権は6月4日まで、大阪・ヤンマースタジアム長居で開かれている。 文/小野哲史

【動画】塩尻和也が遠藤日向や清水歓太、佐藤圭汰ら抑えてV

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top