HOME 特集

2023.05.07

【高平慎士の視点】重圧の中で自分のレース徹した坂井隆一郎 桐生の10秒03で雰囲気は一変
【高平慎士の視点】重圧の中で自分のレース徹した坂井隆一郎 桐生の10秒03で雰囲気は一変

男子100mは坂井隆一郎が10秒12で優勝。桐生祥秀も予選で10秒03の大会新を出した。

終始強い風が吹くコンディションで行われた木南記念。その男子100mは予選で桐生祥秀(日本生命)が10秒03(+0.7)の大会新を出して盛り上げると、決勝は昨年のオレゴン世界選手権代表・坂井隆一郎(大阪ガス)が強さを見せて10秒12(-0.3)で優勝と、見応えのあるレースとなった。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、その男子100mを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

静岡国際は200mが盛り上がりましたが、100mは4月29日の織田記念が悪条件に見舞われたこともあり、まだ公認の10秒1台が1人だけという状況でした。その中で、桐生祥秀選手(日本生命)が予選で10秒03を出し、地元・大阪出身の坂井隆一郎選手(大阪ガス)が勝った。大会としては非常に盛り上がりましたね。

決勝の坂井隆一郎選手(大阪ガス)が追われる立場の重圧を感じながらも、しっかりと自分の走りをやり遂げました。スタートは「バッチリ」というところまではいっていませんでしたが、前半の加速から主導権を握る彼らしい走りでしたね。決勝の10秒12というタイムは、今後に向けても好材料だと思います。

肩周りの筋肉の盛り上がりなど、身体が大きくなった印象なので、トレーニングをしっかりと積めたことがうかがえます。ここから試合を重ねて絞れてくれば、さらに上げてくることは間違いないでしょう。自分の身体、心をコントロールすることができていると感じました。

これから一気にタイムを狙っていくことも大事ではありますが、まずは10秒1台あたりを安定して積み重ねて、ピラミッドの土台をしっかりと作ることが大切。そうすれば、9秒台を狙うレースを作り上げることができるようになるでしょう。

広告の下にコンテンツが続きます

あとは昨年の日本選手権決勝で前半先行しながら、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手(タンブルウィードTC)に後半逆転されたように、強い選手と相まみえる時に自分のレースをどう構築するか。前半から絶対的なリードを奪う展開が理想だと思うので、今日のようなレースを落ち着いてできるかが、勝負や9秒台へのカギとなるでしょう。

桐生選手は条件が良かったこともあるとはいえ、10秒0台のインパクトはやはりすごいですね。1人の力であれだけ会場も、日本中も沸かせることがでいるのはさすがです。

まだ記録を狙っていない状況で「出ちゃった」部分はあるでしょう。しかし、そのタイムを「出せる」だけの動きができていたということです。

決勝(10秒26で2位)の走りを見ても、勝負という面ではまだこれからという段階。自分の目指すところと、周りが期待することはまだマッチしていないと感じますので、このあとも試合を重ねて、「自分でコントロールした10秒0台」まで上げてくれば、いよいよ復活と言えるのではないでしょうか。

広告の下にコンテンツが続きます

3位には楊俊瀚選手(台湾)が10秒27で入りましたが、アジア系の選手がこの春は多くの大会に参加してくれています。今年はアジア選手権、アジア大会とあるので、彼らと切磋琢磨して、アジアのレベルを引き上げてほしいです。竹田一平選手(スズキ)、本郷汰樹選手(オノテック)が3位争いをしましたが、そこから抜け出せるかどうかで、日本選手権決勝の盛り上がりが違ってくると感じました。

◎高平慎士(たかひら・しんじ)
富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

終始強い風が吹くコンディションで行われた木南記念。その男子100mは予選で桐生祥秀(日本生命)が10秒03(+0.7)の大会新を出して盛り上げると、決勝は昨年のオレゴン世界選手権代表・坂井隆一郎(大阪ガス)が強さを見せて10秒12(-0.3)で優勝と、見応えのあるレースとなった。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、その男子100mを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ 静岡国際は200mが盛り上がりましたが、100mは4月29日の織田記念が悪条件に見舞われたこともあり、まだ公認の10秒1台が1人だけという状況でした。その中で、桐生祥秀選手(日本生命)が予選で10秒03を出し、地元・大阪出身の坂井隆一郎選手(大阪ガス)が勝った。大会としては非常に盛り上がりましたね。 決勝の坂井隆一郎選手(大阪ガス)が追われる立場の重圧を感じながらも、しっかりと自分の走りをやり遂げました。スタートは「バッチリ」というところまではいっていませんでしたが、前半の加速から主導権を握る彼らしい走りでしたね。決勝の10秒12というタイムは、今後に向けても好材料だと思います。 肩周りの筋肉の盛り上がりなど、身体が大きくなった印象なので、トレーニングをしっかりと積めたことがうかがえます。ここから試合を重ねて絞れてくれば、さらに上げてくることは間違いないでしょう。自分の身体、心をコントロールすることができていると感じました。 これから一気にタイムを狙っていくことも大事ではありますが、まずは10秒1台あたりを安定して積み重ねて、ピラミッドの土台をしっかりと作ることが大切。そうすれば、9秒台を狙うレースを作り上げることができるようになるでしょう。 あとは昨年の日本選手権決勝で前半先行しながら、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手(タンブルウィードTC)に後半逆転されたように、強い選手と相まみえる時に自分のレースをどう構築するか。前半から絶対的なリードを奪う展開が理想だと思うので、今日のようなレースを落ち着いてできるかが、勝負や9秒台へのカギとなるでしょう。 桐生選手は条件が良かったこともあるとはいえ、10秒0台のインパクトはやはりすごいですね。1人の力であれだけ会場も、日本中も沸かせることがでいるのはさすがです。 まだ記録を狙っていない状況で「出ちゃった」部分はあるでしょう。しかし、そのタイムを「出せる」だけの動きができていたということです。 決勝(10秒26で2位)の走りを見ても、勝負という面ではまだこれからという段階。自分の目指すところと、周りが期待することはまだマッチしていないと感じますので、このあとも試合を重ねて、「自分でコントロールした10秒0台」まで上げてくれば、いよいよ復活と言えるのではないでしょうか。 3位には楊俊瀚選手(台湾)が10秒27で入りましたが、アジア系の選手がこの春は多くの大会に参加してくれています。今年はアジア選手権、アジア大会とあるので、彼らと切磋琢磨して、アジアのレベルを引き上げてほしいです。竹田一平選手(スズキ)、本郷汰樹選手(オノテック)が3位争いをしましたが、そこから抜け出せるかどうかで、日本選手権決勝の盛り上がりが違ってくると感じました。 ◎高平慎士(たかひら・しんじ) 富士通陸上競技部一般種目ブロック長。五輪に3大会連続(2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン)で出場し、北京大会では4×100mリレーで銀メダルに輝いた(3走)。自己ベストは100m10秒20、200m20秒22(日本歴代7位)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top